--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年11月24日 (木) | Edit |
(一度掲載した記事を加筆して複数の記事に分割しました)
音質シリーズ最終回です。

オーディオ装置の自作や開発をする際は、また、市販オーディオ装置を選ぶ際は、この「クオリティ」と「キャラクタ」を明確に区別する事がとても重要です。トッカエヒッカエの直接比較試聴を行うとキャラクタの違いがトテモ大きく感じられますが、クオリティが同等であれば、実際の違いは実は大変微小です。普通に実用的に音楽を聴いていれば、そのような違いの事はすぐに忘れてしまうでしょう。

実際、実家で使っているRoar君システムと自宅のZAP君を直接比較すると違いは大きいでしょうが、Roar君システムのクオリティは私の最低基準を満たしているため、これだけを聞いていれば気にせずに音楽が楽しめます。過剰な比較行為は、本来の目的を忘れさせてしまう傾向があるため、それ自体を趣味とする者以外は、注意が必要です。

私の経験によると、「好みの問題」領域に関する判断(好み)は、ちょっとした環境の変化や気分によってコロコロ変わり、しつこくやっていると同じところを知らずにグルグル回ります。私も何周かしてから気が付きました。ですから、「好みの問題」領域に過剰に拘ると、永遠のトッカエヒッカエになります。富士の樹海というやつです。どこかで止めない限り、抜け出す事はできません。

人間というのはモトモト「比較」という行為が大好きなのかもしれませんね。しかし、確固たる目的を持たずに比較あるいはディティールに執着する行為は不毛です。限りなき細部への沈潜に終止し、そこからは前進も創造も生まれません(そのなれの果てが現在のハイエンドと呼ばれるマニアオヂオでしょ)。彼らがツイキュする「ヨイオト」というのは、余りに曖昧模糊とした目標です。それは、タマタマその時の「好みの」オトというに過ぎないからです。それを敢えて「趣味」とするツモリがないのであれば、自ら泥沼に足を突っ込まぬよう、またこの業界の極めて怪しげな宣伝や風評を鵜呑みにせぬよう、ご注意あれ。

という事で、マタマタ言いたい放題を書きましたが、ブログはこれにてお休みします。
ご愛読ありがとうございました。
お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。