FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年11月24日 (木) | Edit |
(一度掲載した記事を加筆して複数の記事に分割しました)
今回は、装置から出てくる音の「キャラクタ」についてです。

マニア達が聞き分けるキャラクタには2つあるようです。1つは「音楽の音」そのもの、もう1つは「音場とか雰囲気」です。

私はリンヂョー感とかアタカモとかオクチノカタチとか全く頓着しませんし、スッテレオの似非音場を嫌うので、「音場」の事はよく分かりません。通常のリスナは(音楽家も含め)、ステレオ感にほとんど拘りません。2つのスピカの真ん中でマンヂリともせずに聞く人など極めて稀でしょうし、だいたい、どうして2つスピカがあるのか全然知らずに聞いている人が驚くほどタクサン居られますから。ソンナモンです。
「空間表現の追求など不可能を無理して求めているだけであって失うものの方がはるかに大きい、そもそも現代のオーディオは完全に間違った方向に走っている。」(とある音楽家の発言)。私も全く同感です。そもそもスッテレオという中途半端なモンを出すから、マニヤ達がヤヤコシー事になるのです。サイゲンとかツイキュとかできるシロモノではありません。飛び出すTVと同レベルのちょっとしたギミックに過ぎぬでしょう。そいえば3D TVってドーナッタ?最近全然聞かないけど。。。。

「音楽の音」のキャラクタに関しては、その大部分がスピーカの中高域のF特曲線の微妙な形状(凸凹)に依拠すると思われます。
私の経験では、音楽の聞こえ方(印象)に最も強く最も直接的に影響するのがF特です。グライコで特定バンドを3dB程度上下するだけで、かなり聞こえ方が変わります。キャラクタがはっきりと異なるスピーカ同士でも、F特を全く完全フラットに自動補正して聴き比べると、たとえ振動板の材質が違っても驚くほど同じに聞こえます。

キャラクタを形成するもう1つの要因は、箱板の響きや定在波等による付帯音でしょう。インシュレータ(振動を遮断する物ではない)にやたら拘るのも同じです。吸音材を多用する密閉型が彼らに嫌われる1つの要因は、付帯音が少ないからでしょう(オトが死ぬのだそうです。。)。しかし、付帯音というのは早い話がノイズです。付帯音が増えるとS/Nは悪化します。当然ですが、付帯音が少ないほどアーチストさんのやらはった事は、そして楽器固有の音は、聞きやすくなります。

例えば彼らはストラディバリの響きをオウチで「サイゲン」したいのだと言います。ツイキュするのだと言います。ストラディバリの精妙に造られた木製胴体から発せられる固有の響き(つまりストラディバリに固有のキャラクタ)は波形としてソースに記録されており、どうあがいてもそれ以上の情報を得る事はできません。また、残響音(ホールトーン)もソースにはしっかりと記録されています(最近の録音では残響音が多すぎるくらいです)。そこに勝手な箱板の響き(つまり自分のソーチのキャラクタ)を追加なんかすると、せっかくソースに含まれているストラディバリの微妙な響き(つまりストラディバリ本来のキャラクタ)に関する情報は損なわれ、ストラディバリ自体の音は聞きにくくなるだけです。違いますか。一体全体、彼らはナニを聞きたいのか。結局、自分のソーチに固有の音(ソーチのキャラクタ)を聞きたいだけでしょう。だから「マニヤは音楽を聞いていない」と言われるのです。最初からそういう趣味だと言えば良いモノを、「サイゲン」とか「ツイキュ」とか偉そうに言うからオヂオ技術全体がヤヤコシクなるのです。だからあの音楽家さんが「そもそも現代のオーディオは完全に間違った方向に走っている。」とお怒りになるのです。ですよ。。

ソースには十分と思える(場合によっては過剰ではないかとも思える)残響音(または残響効果)が含まれているのに、なぜマニア達は装置でそうやたらに響かせたがるのか、私には不思議でなりませんでした。だって、音楽が聞こえにくくなるやん。

彼らが付帯音(ノイズ)に執着する一因として、大音量再生が影響しているのではないでしょうか。オッキナ装置を使っているとオッキナ音を出したくなるのは分かるのですが、また、オッキナ音の方がソーチのチガイを聞き分けやすいのでしょうが、音楽の快適音量は周囲の暗騒音(環境ノイズ)とのバランスで決まります。また、音源との距離感は直接音と残響音の割合によって決まります(残響音が多いと音源は遠くに感じる)。ノイズの少ないソースを静かな狭い部屋で音量を必要以上に上げて聞こうとすると、何らかのノイズや響きが欲しくなって当然です。これは、S/Nの低い(暗騒音レベルがCDに比べて非常に高い) LPが好まれる1つの理由でもあると思います。必要以上の大音量再生はスピカの特に低域の歪みを確実に増加させ、再生クオリティを悪化させます。

蛇足ですが、スタジオでのモニタリングに推奨されている音量は、音楽ソースの場合で80dBを少し超える程度です。これは、一般的な静かな環境での快適音量(70~80dB)と大きく変わりません。また、一般的な効率のスピカで、1m離れてこの音量で聞くには、1W以下の入力で十分です。

DSP内蔵アクティブスピーカであれば、デフォルトのF特をユーザ受けするキャラクタ(ちょっとドンシャリ気味等)に設定する事もできますし、あるいはデフォルトはフラットにしておいてプリセットでユーザが自由にキャラクタを選択できるようにしたりもできます。実際、ご紹介したBluetoothスピーカ達のほとんどが、そのような機能を備えており、音場の拡がり方や、響き感(残響効果)もユーザがお好みで調整できます。私は全部OFFにしてますけど。

次回はシリーズの最終回です。
オッタノシミニ!
お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。