FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年11月19日 (土) | Edit |
前の記事の補足です。

前の記事で、アンプ内蔵のバスレフ型スタジオモニタは共鳴周波数より下の低域信号をカットしているはずだと書きました。
今回は、それを確認してみましたというオハナシです。

下はYAMAHAのMSP5というスタジオモニタのF特図です。
Yamaha2.jpg
ウーハーは12cmです。このスピーカの共鳴周波数もやはり概ね70Hzです。以前ご紹介したチッチャナBluetoothスピーカ達も70Hzでしたね。。70Hzてもしかして定番なの?
前記事のFOSTEX製スピーカでは、40Hz以下のレスポンスが落ちずに殆ど歪みの音だけが出ていました。
しかし、このモニタスピーカのレスポンスは最後まで綺麗にストンと落ちています。ドシテデショーカ?

下はブロック図です。
Yamaha.jpg
やはり、入力後すぐにローカットフィルタで低域信号を減衰させています。上位機種のMSP7では、背面のスイッチでこのカットオフを80Hzまたは100Hzに変更できるようです。また、以前ご紹介したチッチャイBluetoothスピーカ君達も、F特を見ると明らかにローカットしています。パッシブラジエータ方式も、バスレフと同じような「空振り」が発生しますからね。

小型のバスレフでは、「空振り」の悪影響を低減するために、このような入力信号のローカットが非常に効果的だと思います。

この例でも分かるように、スピーカにアンプ/DSPを内蔵するとスピーカの挙動を適切に制御できるため非常に有利です。電子/電気技術が飛躍的に進歩したおかげで、そのような回路は非常に高性能かつ安価です。ですから、小型スタジオモニタの分野では、パッシブ型は殆ど姿を消しつつあります。何度も申しますように、スピーカのメカトロ化により、スピーカの性能は大きく向上します。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。