FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年03月18日 (火) | Edit |
前の記事で紹介した「頭立ち」のコツについて、僕の実体験に基づいてちょっと書いて見ます。

僕の持っている本によると、
頭立ちのポーズは「アーサナ」(ポーズのこと)の王様ともよばれ、身体的にも精神的にも優れた効果があるポーズです。頭はさまざまな神経をつかさどる場所。頭頂部を床につけて逆転することで、能にたくさんの酸素が供給され、脳細胞が活性化されます。また、ホルモンや内臓のバランスを調整して、心身をよい状態に整えるといった効果が期待できます。
とのこと。フムフム。

こちらのサイトに詳しいやり方が書いてあります。参考にしてください。こちらでは効果として下記を挙げています。
脳を休める。ストレスおよび軽いうつの軽減・下垂体と松果体の活性化・腕、脚、背骨の強化・肺の強化・腹部組織を整える・消化の改善・更年期障害の症状緩和・ぜんそく、不妊症、不眠症、副鼻腔炎の治癒

「王様」と呼ばれるように、頭立ちはヨガでは重要なポーズとして扱われるようです。最初にやってみた時にはナカナカ上手にできず、さっさと諦めました。それから数ヶ月たって身体(特に前屈)がある程度柔軟になってから再挑戦してみると、今度はいとも簡単にできてしまいました。頭立ちに挑戦する前に、前屈の柔軟性を十分に高めておく事が重要みたいです。そういう事って、本とかには書いていないんですよ。。。

yoga1_20140318100011a2a.jpg

ヨガでは、足で地面を蹴った勢いで下半身を持ち上げるのではなく、上図のように①→②→③と、終止バランスを保った状態でゆっくりと下半身を持ち上げて倒立状態に移行します。僕が最初に上手にできなかったのは、柔軟性が不足していたために、上図の①の状態で地面に着いた足を顔の方へ十分に引き付けてお尻を高く持ち上げる事ができなかったためです。①の状態でお尻を十分に高く持ち上げる事ができれば、②への移行は簡単です。最初は、できるだけ足を引き付けた①の状態から片足ずつ②の位置に持ち上げると良いと思います。今では、両足を揃えて顔に近付けてゆくだけで足が自然にふわっと浮き上がります。

という事で、頭立ちを上手にできない方は、まず前屈の柔軟性を高めると効果的だと思います。
yoga1.jpg

手の平が床にほぼペタッとくっつく位に柔らかくなると、頭立ちの②の状態は楽勝でできるはずですよ。

以前にも書いたように、難しいポーズは、それをひたすら繰り返し練習してもナカナカできるようになりません。逆に、必要な柔軟性やバランス感覚が身に付いた後で再挑戦すると、以前の苦労は何だったの?というくらい簡単にできてしまう事が多くあります。「焦らず地道に」やっていれば、何でもいつかはできるようになるようです。

お試しあれ!。
あ、と、最初は壁に向かってやりましょう。ジムのフロアとかでやる時は、周囲に人が居ない空いている時にやってくださいね。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
テーマ:ヨガ
ジャンル:ヘルス・ダイエット
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。