FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年03月03日 (月) | Edit |
ヒヨロンカやマニヤ達が電線やナンヤカンヤをトッカエヒッカエして「ナンタラ感が激変しました!」と自信満々に言う時、そこには必ず思い込みや先入観(プラセボ効果)が含まれます。人間である限り、この影響から逃れる事は絶対にできません。ゼッタイニ。ましてや、様々な変動要因に比べて非常に微小としか考えられないようなチガイに拘泥するオヂオのヒカクシチョーにおいて、この影響は我々の想像を遙かに超えて大きいであろうと考えるのが極めて当然でしょう。

という事で、今回は、社会心理学の分野で開発された「潜在的連合テスト」に関するオハナシです。

このテストに関する詳細はコチラのPDF「潜在的連合テスト(Implicit Association Test)の可能性」を参照してください。
このPDFによると、
「潜在的連合テスト(IAT)」とは、
様々な社会的対象に対する潜在的態度を測定することができる手法
「潜在的態度」とは、
人々が意識することができないが所有している態度であり,人々の日常生活における様々な行動に影響を与えると考えられている。
だそうです。フムフム。興味深いデスネ。本人も気付かない無意識の態度ほど恐ろしいものはアリマセン。さらに集団的無意識はもっと怖くて厄介です。本人達に悪意は全くないのですからメッチャ怖いです。クワバラクワバラ。。。

それはさておき、
僕は以前から、不思議の国のオーディオを取り巻く状況は、人間の集団的行動の不可思議さを研究する上で恰好の材料になるのではないかと考えています。そういう意味で、社会心理学的アプローチは非常に有効かもしれません。

以下では、IAT(潜在的連合テスト)の具体的な事例として、3月2日の毎日新聞朝刊で見付けた興味深い記事をご紹介します。記事のタイトルは「時代の風:女性の社会進出=元世界銀行副総裁・西水美恵子」です。ネットではコチラで読めます(全文を読むには会員登録が必要)。

著者は、世界銀行の管理職研修において、女性職員に対する差別を改革するための一環として実施されたIATの簡易版を受けた事があるそうです。
そのテスト方法とは、
1)絵を掲げた人が被験者の前に現れて退場
2)次に、もう1枚の絵を掲げた別の人が同じように現れて退場
3)被験者は「良い」と感じた方の絵を選ぶ
コレダケ。
このように「2枚1組みの絵を1枚ずつ見て、良いと感じた方を選ぶ」というテストを、あきるほど繰り返すそうです。オヂオと同じ。

で結果はどうであったか。。
結果の発表となり、最初の1組の得点が公表されて2枚の絵が初めて同時に並んだ。その瞬間、うめくようなどよめきが起きた。2枚の絵は同じ絵だった。誰一人それを認知せぬまま1枚の絵を選んでいたのだ。

そして、各組の結果が次々に発表されるたびに、被験者達はますます打ちのめされる事になります。なぜならば、
全員が、絵ではなく、絵を掲げた人を選んでいたのだ。私自身も含めて、研修生の大半が、女性より男性が掲げた絵を選び、アジア・アフリカ系の有色人種より白人が掲げた絵を選んでいた。
被験者達は、さぞかしショックを受けた事でしょう。どしぇーーーーーーーーーーーーー!デスヨ。ホンマニ。無自覚のバイアスは怖い。。オヂオなんかバイアスまみれとチャウ?

例えば「絵」を「音」に置き換えても結果は同じでしょう。これは、2本のデンセンのどちらが良いかをヒカクシチョーするという、マニヤ達の大好きな行為と同じ事です。この場合、絵を掲げた人の人種や性別やルックスはデンセンの価格、ブランド、意匠やナンヤカンヤに相当します。そして、2つの音が全く同じであっても、ヒトは値段やブランドの影響を無自覚に受けて、どちらかの方が「良い」と感じて(選んで)しまうという事です。このように考えると、ブラインドで評価しない限り「ナンタラ変えました!カンタラが激変しました!」が如何にあてにならないかが伺い知れます。自分自身ではブランド等の先入観を完全に排除して真正直に聞いたつもりであっても、それは信用できません。何故ならば、自分の潜在的態度(無自覚のバイアス)を自分自身で認識して抑制する事はできないからです。何人たりとも、この影響から逃れる事はできません。ナンピトタリトモ。。。ですから、際限なくコマケー表層的/微視的オトのチガイの泥沼に意識がどんどん陥ってしまう事(つまりツイキュとやら)の危険性と不毛さについて冷静に考えてみるべきでしょう。ヂャナリズムが警鐘を鳴らさんかい。。。ですが、逆に煽っているので手に負えません。ドシタモノカ。

まぁ、やっている本人達が、ソンナモン百も承知の上で楽しいからやっているというのであれば、それは「趣味」ですから別に構いませんが、それがツイキュとかエラクてジョートな行為であるかのように世間に喧伝される事、また、そもそも効果が曖昧であるが故の異常な値付け等、そのような傾向によって一般の人々にとっての技術と市場の健全な発展が阻害される事はゼッタイニ看過できません。プリプリ。。

著者は以下のように結んでいます。
自分の幽霊を見たような思いに鳥肌が立った。吐き気を覚えた同僚もいた。キューバと北朝鮮を除く全世界の加盟国国民が働く世界銀行。その多民族組織を率いる管理職の心に、おのおのの性別や人種に関わらず女性と有色人種への偏見が潜む。この事実を無視したらリーダー失格、真っ正面から向き合うしかないと、皆で眠れない一夜を語り明かした。管理職が共有したこの恐ろしい体験は、女性問題解消に本腰を入れる原動力のひとつとなった。
吐き気がするほど恐ろしくてショッキングな体験だったと思います。

家族か誰かに手伝ってもらってブラインドテストをやってみましょう。そうしましょう。。。コワイデスネーーー。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。