FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年02月15日 (土) | Edit |
最近は殆どのラジオ放送をインターネットで聞くことが出来ます。

エリア内の民放FM、中波、短波はradikoで聞けますし、NHK のFMとAMはらじる★らじるで聞けます。地域のコミュニティFM局も殆どがインターネットでも配信しています(アプリをダウンロードすれば世界中のが聞ける)。さらに調べてみると、海外からの日本向け短波放送の多くもインターネットで聞けるようです。

なので、ネットワークに接続したパソコンまたはスマホがあれば、ラヂオ受信機はほとんど不要だと言って良いかも知れません。ラヂオ受信機の強みは、地域のインフラに依存しない(遠方の設備から電波を飛ばす)ので、災害時に強いという事くらいでしょうか?

僕が普段ラヂオ受信機を使っている理由の1つは、ダイヤル1つで各種の放送を手軽に選局できる点にあります。ダイヤルをクルクル回してプリセット局を移動し、気に入った曲やアナウンスが聞こえたら、そこで止めるといった使い方です。これに対し、インターネットでは民放(radiko)、NHK(らじる★らじる)、その他のコミュニティFM局(局のサイトまたはアプリ)に別々にアクセスする必要があります。これらを例えばiTuneなり1つのアプリなりに全部プリセットできると便利だと思うのですが。。。できないものでしょうかね?

僕がラヂオを買った1番の理由は、海外からの短波放送を聞いてみたかったからです。今のところ中国、韓国、北朝鮮、台湾、ロシア、ベトナム、イランからの放送を実用レベルで聞けます(インドとモンゴルは一度も聞こえた事がない)。もちろん短波放送なので、ノイズも多いですし、受信状態は日によって異なります(電離層の状態が異なるため)。聞いている途中で突然聞こえなくなったり、逆に素晴らしくよく聞こえ出したりもします。最近知ったのですが、これらの海外放送の多くもインターネット経由で聴けるようです。このご時世、当然と言えば当然かもしれません。。。やっぱりラヂオ要らんヤン。

試しにイランからの放送をインターネット経由で聞いてみました(コチラ)。
当然クリアですし、放送時間に縛られないので、断然こっちの方が便利ですね。スマホ用のアプリも提供しているようです。これから精々利用しよ!

でもですね。。。深夜に遙か遠くから電離層に反射しながら空気中を青息吐息で飛んでくるノイズだらけの音に耳をそばだてるという行為には、インターネット経由でクリアな音を聞いたのでは絶対に得られない感慨があるのも事実です。オヂサンのロマンとかノスタルヂーですね。

そう言えば、当時ブームであったBCLが下火になった1つの理由は、デジタル選局方式(PLLシンセ方式)が導入された事にあると言われます。デジタル式だと、周波数を電話番号みたくピポパとデジタル値で入力するだけで正確にチューニングできるため、ダイヤルを微妙に動かしながら電波の海のなかから目的の局を探し出すといった楽しみが薄れるからです。なるほどね。。。

また、ノイズの少し混じった狭帯域のラジオの音には温もりや親しみが感じられます。僕も深夜放送やBCLを楽しんだラヂオ世代ですからね。。なんだか懐かしい。

結局、オヂオも同じですね。
放送の内容(情報)を聞きたいダケであれば、インターネット経由で聞く方が圧倒的に実用的です。ワザワザ苦労してノイズまみれの音を途切れ途切れに聞く必要はありません。でも、放送内容ではなく「ラヂオを聞く(使う)という行為自体およびそれに付帯する諸々の手間や不都合」を楽しみたい場合、それでは寂しく感じてしまうという事でしょう。

よくオヂオマニヤ達が、「ブツリトクセーだけではオンガクノカンドーをヒョウーゲンできない」と言いますが、僕は全く逆に感じます。だって、ブツリトクセーがソコソコ整っていれば、音楽家さんが実際にやらはった事(つまり本当のヂョーカンたらオンガクセーたらを全部含む内容)がより正確に明瞭に楽に自然に違和感なく感じ取れるからです。それ以外に、ホンマの音楽家さんのヂョーカンたらを知る由はアリマセン。そのように聞いた上で、そこから何を感じ取るかは、それこそリスナの感性次第です。インターネット ラジオで聞いた明瞭な音声情報から何をどう解釈するかはリスナ次第。。。なのと同じ。苦労して短波受信機で聞いた方がエライわけでもアリガタイわけでも全く全然アリマセン。デスヨね。

上のマニアの言は、「オヂオ装置を聞く(あるいは鳴らす、使う、イヂル、買う、集める、比べる)という行為自体を楽しむ」上ではツマラナイという事なのでしょう。行為そのものに含まれるノスタルジーやロマンを味わえないという事です。彼らがよく言う「オンガクノカンドー」って、専らそちら方面(オヂオ装置を使ってオンガクをネタに音を鳴らすカンドー)の事を言っているように僕には思えてなりません。ドデショウカ。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。