FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年02月11日 (火) | Edit |
このBCLラジオはラインOUT端子(ステレオ)を備えているため、FM放送を聞くときにIcon AMPに接続してZAP君のAlpair6Mで音を出そうとしたのですが、ラインを接続せずにIconの電源をONにするだけでもラジオに盛大にノイズが乗るため全く駄目でした。やはりスイッチング電源は相当電磁ノイズを放射するようですね。そこで、暫く使っていなかったTU-870を復活させました(FMであればノイズはOK)。。。というオッハナシ。。

_1000360.jpg

で、普段通りiTuneでコレクションを聴く時もTU-870を使っています(もちろんA10サブウーハ+Daytonアンプを併用)。今度はIconがお蔵入りですね。

一時期、真空管アンプの音を気に入ってTU-870を愛用していたのですが、ZAP2.1が完成してオヂオ開発が終結するとコマケー事はどんどん気にならなくり(イヤホンマニ)、夏は暑いし電気代ももったいないので、長い事お蔵入りにしていました。まぁ、そんな感じなので、今さら真空管アンプに戻したからと言って別段オトがドーノコーノって事はなく (なんか全然変われへんやんという感じ)、以前は何故あのようにシンクーカンを気に入ったのか、今ではフシギに思えます。一通りイロイロやってみて、ZAP2.1が実用的に「音楽」を楽しむ上で全く十分に満足できる状態に達したため、「オンシツ」というヤツにワザワザ意識を消耗するレベルが、LEANAUDIOに着手する以前のレベルに(つまり正常なレベルに)戻ったという事でしょう。

とはいっても、A10サブウーハの必要性は今でも強く感じます。これも久しぶりに馬鹿ブー方式(60Hzまでフラット)で暫く聞いてみたのですが、以前よりもなんだか物足りなく感じました。40Hzフラットを常態として聴き慣れてしまったという事でしょう。

結局、耳元で、必要十分な帯域(40Hz~10kHz)をしっかりとカバーし、周波数/時間ドメイン的に正確に再生し、ノイズと高調波歪みが十分に低ければ(つまり、リスニング位置のマイク1本で全て簡単に計測できてしまう物理特性が十分に良好であれば)、あとのコマケー事は全く個人的オコノミの問題ヤネ。。。というのが正直な実感です。僕の中でオヂオ開発は全く完結したようです。あとは今まで通りに音楽聴くダケ。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。