FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年12月30日 (月) | Edit |
前の記事が中途半端に終わってしまったので誤解を招くかも知れません。瞑想中に前の記事に書いたような事をイメージしろ。。という事では全然ありませんのでご注意ください。

という事で、今回は前回の補足です。

前の記事で、森羅万象は様々な周期が重なりあった、一時も留まらぬ「波動」(ムゲンノフーリエキュースー)だと書きました。もちろん、僕達自身もあらゆる面で常に変動しています。刻一刻と老い続けて「死」に近付いておるわけですしね。一時たりとも同じではアッリマセン。しかし、自分の事なのに、この変化に気付かず、それまでの習慣や外的因子(巷の情報や他人の言う事等)に引きずられてしまいがちです。僕の実体験で言えば、基礎代謝量が加齢と共に低下しているのに、習慣として以前と同じ食事量を摂取し続けたために太った。。。とかね。肥満というのは、ストレスや外的因子によって自分の身体の要求が全く聞こえなくなっている状態ではないかと思います。ヨガがダイエットに効くというのは十分に考えられます。僕自身、別にダイエットを心掛けたわけでもないのに、気が付くと3kg減りましたからね。。。。

今の時代、僕達は巷に溢れる情報(とりわけ情報提供者の利潤のツイキュを目的とする一方的な(バイアスのかかった)情報、はやいハナシが殆どは巧妙に仕組まれたコマーシャル)に翻弄されています。ヂャナリズムだって利潤ツイキュ機構に組み込まれた一員ですから、全然信用できません。過去のジャナりズムには存在したであろう信用に足る倫理観念(自分のオッシゴトに対する誇りや自負)が組織の利潤追求の前に屈しているのが現状のように見えます。

そんな情報が溢れる中、TV番組でアレが美味しいと聞けば行列を成して喰らいに行き、それが「オイシー」という事なのだと納得し、ケータイで写真撮ってオイシカッタと満足する。。。。自分にとって何がオイシーのか?すら分からぬようになってはいないでしょうか?

ヨガや瞑想とは、「自分」をそのような外的影響から「一時の間」解き放ちニュートラルな状態に戻すといった行為であろうかと僕は考えます。難しく言えば「自己の本質、真の自己に立ち返る」、簡単に言えば「自分自身と相談する」という事です。「自分」にとってホンマニエー状態とは何なのか、「自分」は一体全体ナニヲノゾンデイルノカ。。。とね。

とはいえ、瞑想から覚めれば、ガンヂガラメの現実の世界で生きて行かざるを得ない事に変わりはありません。この禄でもない世間と折り合いを付けねばならぬという事です。とりあえず目の前のオッシゴトを片付けないとね。オッシゴトを。。。トーチャン頑張らねば。。

今の時代「ソレ」を知ってしまう事は、かえって生き難い事なのかも知れません。与えられる情報(宣伝)を盲目的に受け入れて盲目的に消費し、と同時に盲目的に生産(オッシゴト)して盲目的に他者の消費を煽る(これをハチマル用語で「人間の自動生産消費機械化」と言う、ホントはマルクスさん用語かもしれない、で、誰が得するのか?ヨック考えてみよう)。で、暇な時はバーチャルの世界に逃避して鬱憤を晴らす。事あれば癒しイヤシと賤しく癒される事を求める。。。その方が楽と言えば楽でしょうが、そんなんでエーワケガアリマセン。デスヨね?少なくとも僕はゾッとします。

こいう時代だからこそ、束の間の瞑想でも良いから「ニュートラル」に立ち返る事がとってトッテモ大事なのだと僕は思います。電車の中で老若男女を問わず殆どのヒトがモバゲーやメールをやっているようですが、せっかく「ボーーーーーー」とする絶好の時間を無駄にしているように思えてなりません。ナーンモ考えずにアホみたいに「ボーーーー」は、ハヤイハナシ瞑想と同じです。ケータイが普及する以前の人々は、今よりも「電車でボーーーー」から無意識に貴重なものを得ていたのではないかと思います。さらに昔のヒトは雲や星を見上げて「一時ボーーーーー」とする機会が今よりもずっと多かったはずです。みんななんとなく瞑想していたという事です。貴重な束の間の「電車でボーーーー」の時間まで広告媒体(他者の利潤追求行動)に身を捧げる必要はないでしょう。チャイマッスカ?

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。