FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年11月09日 (土) | Edit |
さて、最終回です。

以前の記事で、主にアメリカ大陸における西洋音楽と黒人音楽の出会いによって最強のフュージョンが達成されたのではないか?と書きました。科学と同根である西洋音楽が、科学と同様に民族や文化を超えて全人類的に受け入れられやすい普遍的な要素を持つ事は容易に理解できます。では、黒人音楽の要素が何故このように全世界的に受け入れられるのでしょうか。

例えば、アンデスの伝統音楽とスペイン系の音楽的伝統がフュージョンして生まれたのがフォルクローレです。「コンドルは飛んで行く」が有名ですね。日本の演歌も、土着の民謡と西洋音楽のフュージョンですよね。世界各地には、そのような地域的なフュージョン音楽が多数存在するはずですが、黒人的要素ほど普遍的であるとは言えません。

主に北米で生まれた黒人系西洋音楽が何故にこのように世界中で普遍的に受け入れられるのか。。理由は、いくつか考えられます。人種のるつぼであり、あらゆる面で世界的に強大な影響力を持つ「アメリカ」という土地で発祥したという点も大きいでしょうし、無理矢理故郷から引き離され奴隷という屈辱的な状況に置かれた人々の母なる大地に対する望郷や悲しみや怒りの念が強いエネルギーを発したという点もあるでしょう。

しかし僕は「アフリカは人類発祥の地であり、全人類の故郷である」という事が、黒人的要素に普遍性をもたらす1つの大きな要因ではないかと考えています。全人類的土着性(ゲンショノキオク)を持つという事です。ゲンショノキオクをさらに遡れば、全生物的故郷である「海」に辿り付くでしょうが、アフリカは海よりもずっと身近な故郷であると言えます。

「すべての人類は、遠い遠い昔にアフリカに居たたった一人の女性からはじまった」というオハナシが話題になりましたよね。しかし、これは正しい解釈ではありません。創世記のイブのように、彼女1人から全人類が枝分かれしたわけではないという事です。

このオハナシの元になった学説は、「ミトコンドリアのDNAは必ず母親から子に受け継がれ、父親から受け継がれることはない」という事実に基づき、世界各地の人間のミトコンドリアDNAを分析した結果から、「すべての人類の母方の家系をたどると、約16±4万年前にアフリカに生存した一人の女性にたどりつく」という結論を導き出しました。つまり、自分のお母さんのお母さんのお母さんのお母さんの。。。。と、母系だけをひたすら遡って行くと、人間なら誰でも1人のアフリカ女性に辿り付くという事です。彼女は「ミトコンドリア イブ」と呼ばれます。

ミトコンドリアのDNAは女性にしか引き継がれないため、男の子ばかりで女の子が生まれなかったり、女の子が生まれても、その子が子を産む前に亡くなったり、男の子しか産まなかった場合、その母系のミトコンドリアDNAは途絶えてしまいます。これを全人類的に考えると、ミトコンドリアDNAの系統は世代とともに減少の一途をたどり、1つの系統に収斂するそうです。ですから、ミトコンドリアイブは、長い歴史にわたって女系が決して絶えることの無かった幸運な母という意味で、ラッキーマザーとも呼ばれます。

下は単純化した系統図です。
tree1.jpg
が女性、が男性を表します。2-Bがミトコンドリアイブです。
娘が生まれないと、ミトコンドリアDNAは次世代に引き継がれずに途絶えます。このため、系統の数は世代が進むと共に減少し、図では最終的に2-B(ミトコンドリアイブ)の系統だけが残っています。

例えば6-Dが自分だと考えてください。
tree2.jpgtree3.jpg
左図のように母系だけをたどると、2-B(イブ)に辿り付きます。6-Dだけでなく世代6のどこから遡っても必ず2-Bに辿り付きますね。これがミトコンドリアイブです。右図では、6-Dの全てのご先祖様に緑のマークを付けました。すると、世代2の全員が遠い親戚になります。つまり、何らかのDNA的繋がりを持つという事です。このように見ると、ミトコンドリアイブは統計的にラッキーであっただけで、それ以外に特別な意味を持たない、遠い遠い昔の親戚のオバチャンの1人に過ぎない事がわかります。

父系は、Y染色体を使って同様に遡る事ができ、やはりアフリカのオッサンに辿り着くようです。このオッサンは「Y染色体アダム」と呼ばれます。なお、ミトコンドリアイブとY染色体アダムが夫婦であったという事では全くアリマセンのでご注意を。。。

と言う事で、年代的には諸説あるものの、人類発祥の地はアフリカであるというのは、現在の学会でほぼ一致した見解であるようです。

下は、ミトコンドリアDNAの分析に基づく人類移動の図です。
800px-Migraciones_humanas_en_haplogrupos_mitocondriales copy

Y染色体で辿っても同じような結果になるようです。
image66 copy
人類はアフリカで生まれ、最終的に南米大陸の南端にたどり着きます。長い長い旅をしたのですねぇ。。


と。。。ジャズからは大脱線してしまいましたが、アフリカが全人類共通の故郷であるらしいという事がお分かり頂けたかと思います。

天を指向する傾向が強く理性的で人工的な西洋音楽と、地(ゲンショノキオク)の要素(全人類的土着性)を強く持つ黒人音楽という全く方向の異なる、しかしどちらも全人類的な普遍性を持ち得る2つの要素がフュージョンした結果生まれたのがジャズを始めとする黒人系モダンミュージックであり、さらに、そのような普遍性を持つが故に、黒人的音楽要素は現在世界中で親しまれているほとんどのロックやポピュラー音楽に少なからず含まれているというのが僕の結論です。

お疲れさんでした!

追記
ミトコンドリアイブとY染色体アダムに関しては、コチラコチラを参照してください。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
テーマ:JAZZ
ジャンル:音楽
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。