FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年10月06日 (日) | Edit |
高校時代からの愛聴盤シリーズ最終回として、今回はビリー ハーパーさんの Loverhood というナイスな作品をご紹介します。全曲ガッツリ聴かせてくれる充実した作品ですが、特にB面に1曲だけ収められた「ソーラン節」が最高にイケテマス。

Loverhood (Soran-Bushi, B.H.) (1977)
SoranBushi.jpg

ビリーさんはポスト コルトレーンの硬派サックス奏者として当時期待されていました。ジョンさんに負けず劣らずとても真面目で誠実なビリーさんは特に日本で人気があり、本国よりも先に日本で注目されたと記憶しています(例によって頼りない記憶ですが)。このアルバムも日本の DENON レーベルからリリースされています。

そのように日本に縁の深いビリーさんならではの「ソーラン節」です。例によってFMで聴いて、レコード屋さんに駆けつけました。日本のジャズファンなら、このソーラン節は必聴ですよ。ビリーさんの「ヤサエーエンヤー、ドッコイショ」のかけ声も微笑ましい。

このように非常に貴重な作品なのですが、なかなかCD化されず、この1枚のためだけにレコードプレーヤを買おうかと考えた程です(でも邪魔だし。。)。当ブログのコチラの記事(2009年6月)でも、この事をぼやいています。これが奏功したのか? 同年11月に日本コロムビアからHigh Quality CDの形態で発売され、僕は2010年12月にHMVで購入しています。あーなんと長年にわたって待ち望んだ事か。。。。しかし、このCDも現在は販売されておらず、入手は困難かもしれません。ナンデヤネンと言いたい。

ソレヂャァあんまりだと調べてみたところ、iTunes Storeからダウンロードできる事が分かりました(1,500YEN)。「ラヴァーフッド」で検索してください。試聴もできますよ。どこぞのハイレゾ屋でも扱っているかも知れません。オンシツを気になさる方は探してみてください。

amazonでは高値でCDが取り引きされているようです


という事で、ハチマル愛聴盤ご紹介シリーズは今回をもってオッシマイ。相変わらずオヂオネタは無いし。。。ドシタモノカ。。。

追記
今後の音楽配信はCD販売からダウンロードへと急激に移行して行くのでしょうが、その際、このアルバムのような貴重な作品が抜け落ちたりせぬよう切に願います。これからの配信会社には、殆ど売れないようなマイナーな作品でも提供し続けるという態度が望まれます。商業主義の前に音楽文化への敬意と愛情が疎かにされてはナリマセヌ。それが企業としての社会的責務というものでしょう。

全人類にとっての宝物であるアーチストさん達の貴重な行為の記録を、営利主義の下に雲散霧消させてはナリマセヌ。レコードが発明されて以来世に出された膨大な音楽作品を、国際的な非営利団体が系統立ててアーカイブ化する事が必要な時期に来ているのかもしれません。まぁ、僕なんかが心配するまでもなく、既にそのようなプロジェクトが始まっているのかも知れません。そうであって欲しいと願います。


お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
テーマ:JAZZ
ジャンル:音楽
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。