FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年10月03日 (木) | Edit |
ハチマルお薦め盤の第2弾はジョージベンソンさんの作品です。これも高校時代からの愛聴盤。

前記事で紹介したウェスさんのA day in the Lifeと同じくCTIレーベルのイージーリスニング シリーズです。
ウェスさんのシリーズは好評だったみたいで、CTIは大いに期待していたようですが、1968年6月にウェスさんが急逝し、そのピンチヒッターとして起用されたのがジョージベンソンさん。。。というのが僕の頼りない記憶です。

ベンソンさんは前年にマイルス初の電化作品 Miles in the Skyに参加しています。ベンソンさんといえば、あの大ヒット作 Breezin (1976)のソフト&メロー路線のイメージが強いですが、元は真正ジャズ畑のギタリストさんです。

The Other Side of Abbey Road (1969)
51HLmyR0DpL__SL500_AA300_.jpg
このアルバムは1969年にリリースされたビトルズのAbbey Roadをアルバムごとカバーしています(ただし全曲ではなく曲順も異なる)。ジャケ写真もさりげなくカバーしてますね。

A day in the lifeもサージェントペパーのリリース直後に制作されましたが、このアルバムもオリジナルのリリース後極めて短期間で制作されたようです(なんと1月後のリリースという情報もある)。オリジナルがヒットチャートでホットなうちにカバーしてしまうというA&Mの戦略でしょうかね。。。

内容はA day in the lifeと同様に、とってもハイクオリティで洗練されています。超一流ドコロを集めたゴジャスなバックと、ハイセンスなアレンジ。。。手抜きは一切アリマセヌ。真正プロフェッショナルなオシゴトです。惜しむらくは、全曲でたった32分しかない事。ベンソンさんのギターとボーカルそして最強のバックを夢中になって楽しんでいると、あっという間に終わってしまいます。エ? これでオシマイ?という感じ。とにかくリリースを急いだのかもしれませんが、この点は惜しまれます。オリジナルを完全にカバーして欲しかったナァ。。。とツクヅク思いますよ。

ベンソンさんと言えば、ギターとボーカル(スキャット)のユニゾンが超エー感じなわけですが、このアルバムでは I Want You でしか聴けません(しかもスキャットではない)。元々オリジナルでジョン君がギターとユニゾンで歌っており、それをカバーしたのがきっかけで、後のベンソン スタイルに発展したのではないか?と勝手に想像しています。どでしょうかね? ベンソンさんがボーカルを吹き込んだのもこのアルバムが初めてという情報もあります。その後のベンソンさんに大きく影響した作品と言えるかもしれません。

ボーカル入りのベンソンさんのギターは大好きなのですが、どうも作品に恵まれないように思います。良いプロヂューサに巡り会えなかったのでしょうかね。惜しい。。。結局、このアルバムが僕にとってのベンソンさんベスト作品です。

前記事のA day in the Lifeと同様、ジャズに馴染みがない方にも聴きやすいと思います。特にビトルズファンにはお薦めします。高度に洗練されたジャズの真髄をビトルズ ナンバーでたっぷりとお楽しみくださいませ。

amazonでおっ買い物


お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
テーマ:JAZZ
ジャンル:音楽
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。