FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年09月28日 (土) | Edit |
僕は明らかにSONYファンです。
学生時代のステレオラジカセ、ZS-F1、一時期愛用したCD-Walkman、2つ目に買った上等なカナル型イヤフォン、現在愛用する2つのヘッドフォンとポタアン、息子に買ってやったチビ丸君。。。技術的にもデザイン的にも洗練されているように感じられるところに惹かれます。

そんなSONYが大々的に「ハイレゾ路線」を打ち出しましたね。
SONYハイレゾ-1
いきなりメイン スローガンで「聞こえましぇん」という事をエクスキューズしておるわけですね。これは。で、「ナンカ感じてちょ」と?。どうとでも言い逃れできますね。消費者を煙に巻くというか。SONYファンとしてはガッカリです。そんな会社だったのか?SONYって?

最近、当ブログでもシリーズで「ハイレゾ」について書いたばかりですが、ネットで調査してみても、巷に溢れる「ナンタラ変わりました!」というのではなくて信憑性の高い情報だけを集めると、ハイレゾの効果については否定的なものしか見つからず、また自分でもスーパーツイータを買って再確認してみましたが、やはりトント何も「感じ」ませんでした。

今まで、主にソースの配信業者が「ハイレゾ」の「コーオンシツ」を強く喧伝していましたが、メーカ本体は今回のSONYほど露骨に「ハイレゾ」を打ち出していなかったように思います。なんだか媒体がもう出回っちゃってるしぃ。。。。一応、プレーヤとかスーパツイータくらいはねぇ。。。。という感じでしょうか。物作り屋として、効果もアヤフヤなものを余り露骨に強調するのも気が引けるしぃ。。。という雰囲気もあったのではないか?という気もします。技術屋さん、物作り屋さんとしてね。

それがですよ、よりにもよって、CD規格の策定に中心的役割を果たし、プロ用のデジタル録音機材にも深く関わってきたSONYさんが、こんなに大々的に「ハイレゾ」を打ち出すとは、正直言ってショックでした。SONYがこんな事をやる以上、それなりにしっかりとした学術的な音質評価試験(主にブラインドテスト)を実施して、学会にハイレゾの確たる効能を発表した上で、そして今後の音楽産業(消費者側/制作者側両面)のあり方を見据えた上で、やっておられるのだと信じたいトコロですが。。。果たして。。

製品発表会でSONYの偉いオヂサンが
「ハイレゾ音源は(人間の可聴域を超えるため)科学的には人間の耳には聞こえないが、体で感じることが重要だ。“聴く”から音楽を“感じる”楽しみを提供したい」と、やはり件のスローガンをソノマンマ唱えてエクスキューズしています。ご本人達はそれを「感じる」事ができたのでしょうか?
物作り屋としての道を踏み外すと、必ず後で手痛いしっぺ返しを喰らいますから。。。ご注意。

SONYがこんななら、Victor JVCさんなんかには、
Real Bass!/Real Music!
をスローガンにでも掲げて、デスクトップ用の超小型モデルから大型モデルまで、フルラインナップで低音までキッチリと本当に音楽を楽しめる真に真面目なオーディオ製品を全力で開発して頂きとう御座いまする。
そして、本当に何が重要か? を世に問うて欲しいものです。ある意味反撃のチャンスですよ。コレハ。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。