FC2ブログ
2013年06月30日 (日) | Edit |
前回からの続きです。

今回は各周波数でのポート音波形を観測します。

まず、60Hzから高周波側に向かって見てみましょう。
60Hz
キャンセル正弦波60
80Hz
キャンセル正弦波80
100Hz
キャンセル正弦波100
200Hz
キャンセル正弦波200
周波数の上昇に伴ってポート音(緑)の振幅は減少し、逆に振動板音(青)の振幅は増加します。両者は100Hzでほぼ同じになります。

振動板音の位相は大きく変化しないのに対してポート音の位相は急激に遅れます。これはバスレフ特有の2つのインピダンスピークの中間にある共振点(理論的には-180°)から2つめのインピダンスピーク(理論的には-90°)に向かって一気に90°回転するためです。これは2つ前の記事のシミュレーションの傾向とよく一致しています。

100Hzでは振動板とポートはほぼ同相になります。しかしポートは上下反転した波形であるため、実際にはポート音は振動板音よりも180°遅れています。振幅もこの周波数で同等になる事から、100Hzが実質的なクロスオーバー点であると見なせます。クロスオーバー点において、低音側の位相は180°遅れた上に逆相になっています。

200Hzではポートの効果は殆ど見られません。

次に60Hzから低周波側を見てみましょう。
キャンセル正弦波60
50Hz
キャンセル正弦波50
40Hz
キャンセル正弦波40

周波数が下がるにつれてポート音も振動板音も振幅は減少します。

ポート音の位相は60Hzから急激に進み、振動板に対して逆相の度合が強まります。理論的には、共振点(-180°)から1つめのインピダンスピークに向けて+90°一気に回転します。

共振点では、ポート音が振動板音に対して90°弱進んでいましたが、90°以上進むと合成音(赤)の振幅はポート音(緑)よりも小さくなります。振動板音とポート音が互いに打ち消す合う傾向が出始めるという事す。共鳴点より高周波側では 2つの音が互いに強め合って「合成音(赤)の振幅 > ポート音の振幅(緑)」でしたが、低周波側では互いに打ち消し合って「合成音(赤)の振幅 < ポート音の振幅(緑)」 になります。

共振点より周波数が下がるにつれて、互いの位相は逆相に近付くため打ち消し合う度合いが強まり、合成波の振幅は急激に減少します。このため、バスレフ型(合成音)の出力周波数特性は共鳴周波数以下で急激に減衰します。

次回は、シミュレーションと照合してみます。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック