FC2ブログ
2013年05月09日 (木) | Edit |
ほんとに久々の計測です。

ZAP君は昨年末から設定を一切変更していませんが、その状態でDayton Audio OmniMic V2計測システムを使ってリスニング位置のF特を計測してみました。マイクの校正データもダウンロードしたので絶対音圧レベルも信用できます。

basic F
マイクは普段の耳位置近くで手持ちしています。上がFrieveAudioの音場補正ON、下がiTune。R/Lモノラル信号で測定。音圧レベルはどちらも約75dBに合わせています。黄色は40~10kHz/75±5dBの範囲を示しています。どちらも再調整の必要は全く無いですね。

シツコイですが、「リスニング位置」におけるF特(特に40Hz~10kHz)は、音楽再生における最も基本的で最も決定的に聴感(音楽の総合的聞こえ方)に影響する超ウルトラ スーパー アルチメットに重要な基本特性です。アッタリマエです。アッタリマエ。。これを疎かにしてはコマケーチューニングも何も始まりません。周波数特性は重要ではないなどと口が裂けても言えたものではアリマセンゼ。ダンナ。。。。

僕の経験によると、次に重要なのは、低周波数領域(特に下限周波数の40Hz)における実用音量域での歪み形態(波形)と時間的遅れ(または位相の乱れ)です。これらの3要素がしっかりと整えば、後はそれこそコノミの問題の領域であると言えます。100Hz以上の再生クオリティに関しては、真面目に作られた変な癖のない素直な装置であれば安価でコンパクトな物でも必要十分な性能を有しているように思えます。

オヂオザッシにおいては、製品(主にスピーカ)を評価する際に、少なくともこれらの特性(リスニングF特、下限周波数の歪み、下限周波数の遅れ)を計測して掲載すべきでしょう。これらの特性(超基本的音楽再生性能)については、製品によって結構差が見られるはずです。あとは基本的にコノミの問題です。

常に一定条件の現実的リスニング環境でバイノラル録音した試聴CDを付録として添付すれば宜しいかと思います。一般的なユーザのリスニング環境とは大きく異なり、また音響条件もテンデバラバラな、アチコチのお店のショールームで聴き比べるよりも、また、ヒヨロンカ達のポエムを読むよりも、余程正確で有意義な製品情報が得られるでしょう。雑誌社もスポンサ様に気兼ねせず生な情報を読者に伝える事ができるでしょう。

これに、オヂオ装置に変な先入観や執着やロマンを持たない音楽畑の様々なプロフェッショナル達からの率直な感想やコメントが加わるとなおヨロシかと思います。そうすれば、本当に音楽を聴きたいリスナ達にも、本当に意味のある情報を提供できるでしょう。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック