FC2ブログ
2013年03月15日 (金) | Edit |
あー実験君する気がしない。。。やっぱり開発の必要に迫られないと面倒くさくて。。。開発屋の性。。

という事で、今回もグダグダツラツラ書きます。

僕が数年前にオヂオイヂリを始めた頃、友人にその事を告げると、一様に「え?」という(一瞬引いたような)表情を浮かべ、次にニヤニヤしながら「ホンマニそんなんで音って変わるの?」と聞き返されました。まぁ、世間一般のオヂオに関する認識とはソンナところでしょう。ブットビ異常に高価なデンセンやソーチやなんやカンヤをトッカエヒッカエしながら異常に微小なオトの違いをキキワケルのがオヂオというヤツらしい。。と、一般には認知されているようです。アレで音楽がより良く聴けるだろうとは思っていない。。僕もそうでした。

しかし、これは本当にモッタイナイ。もし、オーディオ技術がバブル前から趣味の魔境に彷徨いこまずに正常に進化し続けていれば、趣味の道具としてではなく音楽を聴くためのTVと同様のアタリマエの実用家電製品として正常に進化し続けていれば、今現在、もっと多くの人がもっと良い状態で当たり前に音楽を聴けるようになっていたでしょうし、もっと多くの人が本当の意味で良い装置を求めて、それに適正な代価を払った事でしょう。音楽を愛聴する人口は別に減っているわけではないでしょうからね。

僕はKEROを作った時に、こんな装置があの多感な頃に僕の下宿の枕元にあったら。。とツクヅク思いましたよ。今さらこんなに音楽を聴き直している事も無かったでしょうね。今にして聞き落としていた重要な事がタクサンあったように思います。

まぁ、今の若い子達はヘッドフォン・イヤフォンで非常に良好な状態で音楽を聴けているので良いのですが、やはりオウチでリラックスして音楽を聴くにはスピーカ方式も必要でしょう。誰もが簡単に真の意味で良い状態で音楽を聴ける適正な価格のコンパクトでクールな装置が開発されればヘッドフォンと同様に普及するでしょう。ヘッドフォンばかりが普及するのは、それ以外に聴くに使うに所有するに代価を支払うに値するクールな装置が無いからに他なりません。であるからこそ僕はLEANAUDIOに着手する必要があったワケで。。。全くメンドクサイ。。

また、これだけヘッドフォンが普及したわけですから、もっとそれ専用に最適化したソースや再生方式が是非とも望まれます。やたらコマケー事をグルグルと追っかけマース以前に、やらにゃならぬ基本的で重要な事がタクサンあると思います。

スピーカが一気に何本も売れる美味しいサラウンド方式が思うように普及しないせいか、業界は最近やたらハイレゾを喧伝していますが、ソースなんてCDレベルあるいは高ビットレートの圧縮で十分なような気もします。果たして全く同じマスタリングで聴き比べた時、本当に有意な違いがあるのかどうか。以前の記事で紹介したマニア達のブラインド比較ではハイレゾ、CD、圧縮の評価(好み?)が三分した。。。なんてのがありましたよね。なんか変わったとしても精々コノミの領域という事ではないでしょうか。ソースの音質は殆どマスタリングで決まるでしょう。ハイレゾ盤を出すときに、ちょっとマスタリングに手を加えて「ホラ、やっぱりオトが違うでしょ!」って事はないのでしょうか。なにせ「変わる」事自体が異様に珍重される風潮が強いですからね。。。このへん、本当はジャーナリズムが全く同じマスタリングでブラインドテストを実施してしっかりと業界を監視し大衆に正確な情報を提供しないと駄目なんですけどね。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック