FC2ブログ
2013年03月09日 (土) | Edit |
通常のステレオソースはリスナの前方に置かれた2本のスピーカを使って再生する事を前提に制作されています。この場合、L(R)側SPの音は右(左)耳にも届きます(つまりクロストークが生じる)。そのような状態で一応自然に聞こえるように作られているという事です。

そのように制作されたソースをヘッドフォンで再生すると、左右耳のクロストークが一切発生しないため、ソースによっては聴きにくくなる事があります。例えば60、50年代のジャズの録音では、各奏者をほぼ完全に左右どちらかのチャンネルに振り分けてしまっている場合があり、僕には少し聴き辛く感じられます。

例えばマイルスのアルバムMiles Smiles(1966)に納められているFootprintsという僕の大好きな曲(ショタさん作曲)では、ロンさん(b)、ハビさん(p)、ショタさん(sax)は殆ど左のSPからしか聞こえず、トニさん(Dr)は殆ど右のSPからしか聞こえません。そして御大マイルス様が中央に陣取っています。ジャズでは個々の奏者の演奏をよく聴き取って楽しみたいので、中途半端に振り分ける事を嫌った結果このような配置になったのかも知れません。

余談になりますが、帝王マイルス様が左右合成のゴースト(錯覚)というのもモッタイナイハナシですよね。僕には2chスッテレオという方式が単に2倍売り上げるためのエーカゲンで中途半端な方式に思えて仕方アリマセン。こんな中途半端なコトするくらいならモノラルにするか、オンジョーとやらがそんなに欲しいなら、あくまでも主役をセンターSPに割り振る事ができるフロント3ch方式(モノラル+オマケのオンジョー用サテライト)にすべきだと思います。

ハナシは戻って、
ヘッドフォン再生では左右音源間で干渉は一切生じず、また音源と耳の位置関係は完全に固定されるため、スピカによる2chステレオ再生とは事情が異なります。しかし、スピカ再生を前提として録音された通常の2chソースをヘッドフォンで再生すると、バンドメンバーが殆ど180°左右に広がるため散漫に聞こえる事があります。ベースのロンさんが左の真横に居てドラムスのトニさんが右の真横に居るワケですからね。ベースとドラムス(特にベース)に他の楽器が乗っかるという感じでジャズを聴く癖がある僕にはあまり聴きやすい状態とは言えません。人間というのは興味のあるものに正対しようとする習性がありますから、バンドがあまり左右に拡がり過ぎるのはどう考えてもヨロシクアリマセン。

なので、以前にも紹介したように、FrieveAudioでヘッドフォン再生する場合はマトリクスで左右チャンネルをミクスするか、ステレオ効果を調整するエフェクタを使って殆どモノラルに近い状態にしていました(参考記事:ステレオソースのバイノーラル化その他のエフェクタのまとめ)。

最近はアルバムアートワークが嬉しくてiTuneをよく使いますが、iTuneは上記のようなエフェクタを備えていません。さてどうするか。。。

1) サウンドブラスタDACソフトウェアのSurround効果を使う
このソフトウェアはTHX TruStudio Proという高機能なエフェクタを備えており、その中の「Surround」という機能を利用できます。この機能は2chソースとステレオ再生装置(ステレオスピーカまたはヘッドフォン)を使って擬似的なサラウンド効果を生成します。ZAPではスピーカ間距離が極端に狭いため、このエフェクタの効果は殆ど感じられません。

しかしヘッドフォン再生ではなかなか有効に使えます。別段サラウンド(囲まれた)ようには感じませんが、調整スライダを50%くらいにしておくと各奏者が少し中央に寄ってくれて具合がヨロシイ。別段不自然な感じもなく全体的な周波数バランスも殆ど変化しません。なかなかの優れものだと思います。あ、テーイの明瞭さは全く気にしない(というか嫌う)ので、そのへんの影響についてはコメントできません。

また、このDACが内蔵しているヘッドフォンアンプの音質自体にも特に不満を感じません。ただヘッドフォンで聴くときにDACの設定をイチイチ変更するのが面倒臭いという理由でDAC内蔵ポタアンを導入したまでです。
Surround.jpg

2) Windowsの「ヘッドホンによる立体音響化」を使う
せっかく買ったSONYのポタアンで内蔵DACを介して再生する場合、当然ですがサウンドブラスタのエフェクタは使えません。この場合、Windows(Vista以降のバージョン)が標準で備えるサウンド機能を利用できます。この機能にはスクリーンの右下隅にあるタスクバー内のスピーカアイコン(ボリューム調整に使うアイコン)経由で簡単にアクセスできます(コントロールパネルからアクセスする事も可能)。

「音の明瞭化」タブ内の「ヘッドホンによる立体音響化」を有効にします。
Surround Win

サウンドブラスタのように効果の強度をスライダで調整する事はできませんが、「設定」ボタンをクリックすると「スタジオ」「ジャズクラブ」「コンサートホール」のいずれかを選択できます。
Surround Win 2
これらによって残響効果が多少異なるようですが、お察しの通り僕は残響効果が最も少ないと思われる「スタジオ」を選択しています。音源の空間的配置に関する効果はサウンドブラスタの「Surround」(50%)と似たようなものだと思います。効果を有効にすると少し音量が上がり周波数特性も少し変化するように感じられますが、そのまま聴き続けていれば特に不自然さも感じません。僕としては残響効果と空間効果を別々に設定できるようにして欲しいですね。

と、以上のようにPCでヘッドフォン再生する場合は必要に応じてステレオ効果を調整できます。しかーーーーし、iPod Classicにはそのような機能はアリマセン。ちなみにiPod TouchやiPadでは音声出力をモノラルに設定できるようになっています。このような機能は片耳の聴力に問題があるユーザ向けに追加されたものと思われますが、モノラル好きの僕としてはファームウェアの更新でiPod Classicにも是非追加して欲しい機能です。贅沢を言えば、擬似サラウンドまでは不要としても左右音声のミキシング度合を調整できるようにして欲しいトコロです。

しかしナイモンは仕方ありません。1つの方法としてiTuneライブラリ内のソースをモノラルにしてしまう事が考えられます。ZAPで聴いている時も殆どモノラルに近い状態ですから、この方法でも良いかもしれません。それに、ソースをモノラルにすればファイルサイズも半分になるので、WAVのままでも全てのコレクションをiPod Classicに格納できます。でも、いまさら面倒クサイしなぁ。。。

もう1つの方法は、iPodのR/Lの出力を短絡してしまう事が考えられます。イヤフォン用の短い延長コードがあるので、途中で左右のラインを短絡してしまえば簡単にデキアガリ。あるいは、単純に短絡せずに適当な抵抗を介して左右のラインを接続すると適度なステレオ効果を残せるかもしれません。。。どうなんでしょうか? ものは試しです。今週末はそのへんでチョット遊んでみたいと思います。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック