FC2ブログ
2013年02月21日 (木) | Edit |
最近お疲れ気味。実験君は完全休業状態で、あいかわらずiTuneのライブラリを整理しています。ロック、ポップス、ベトベン全集まで完了しました。残すはその他のクラシックのみ、とは言っても、ベトベンの単品CDは既に全集に統合済みなので、それ以外のクラシックCDはそう多くはありません。ベトベン全集の新しい録音はやはり不自然に綺麗すぎて(響き過ぎて)僕には気色悪く感じる事が多いため、可能な限り単品CDのコレクションと入れ換えました。もっと普通に録音してくれれば良い物を。。。ベトベン以外で実際によく聴くクラシック曲はバッハの無伴奏チェロ組曲くらいしかありません。バッハは100曲の名曲集を購入して暫く聴き込んでみたのですが、他のクラシック曲と同様、僕にはムカシの音楽にしか聞こえません。「音楽」として高度に精緻にできているのでしょうが、グッと来ないのよ。グッと。「表現」の手段としての「音楽」ではなく「音楽」のための「音楽」というか。「音楽」から先にアクセスしようがないというか。なんかこう、臓物を全部裏返しにして全てを曝すようなドロドロ感がないと言うか。僕には、数多のクラシック音楽家の中でベトベンが極めて特異であるように思えてなりません。

さて、シンクーカンの方ですが、コノミの周期が来たようです。体調が良くないせいかIconAMPだとちょっと疲れるナァ。。と、久しぶりにTU-870につなぎ変えてみたところ、やっぱりシンクーカンてエーヤン!もちろんサブウーハ(Alpair10)はデジタルアンプで駆動しています。

春が来て体調が良くなるとコノミの周期が変わってまたIconAMPに戻るはずです。気分や体調の周期が変わるたびに新しいソーチやアクセサリを買っていたらキリがありません。つなぎ変えるの面倒クサイので、出来の良いDSPソフトウェア(デジタル真空管エフェクタ)が欲しいですね。面倒クサイの大嫌い。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック