FC2ブログ
2013年02月03日 (日) | Edit |
前の記事からの続きです。

FrieveAudio + ASIO4ALLで再生するとサウンドブラスタのチャンデバ機能が働かずサブウーハから音が出ないという件ですが、結局それがアタリマエなのかもしれません。FrieveAudio自体は全く問題なく動作しています。

いろいろやってみたところ、ASIO4ALLで出力すると、サウンドブラスタのソフトウェア設定が全く効果を持たない事がわかりました。チャンデバだけでなくグライコも各種エフェクタ(SmartVolume等)も一切効きません。つまりソフトウェア処理が全てバイパスされているという事です。ただし、DAC本体のマスタボリュームだけは使えます。

考えて見れば、ASIOは本来、途中の処理を全てバイパスして遅延を少なくしようというのが狙いのはずですから、今の状態が正しいのではないか?という気もしないではありません。以前のXP PCではFrieveAudio + ASIO4ALLでもサウンドブラスタ ソフトウェアの全ての効果を使えたので便利だったのですが、そちらの方がASIOの働きとしては変と言えば変なよう気もします。便利だったのですがねぇ。

という事で新しいWin7環境でFrieveAudioを使って2.1ch再生するには、ASIO4ALLを経由せずに標準ドライバに出力してサウンドブラスタ ソフトウェアのチャンデバ機能を使うか、それとも、FrieveAudioのチャンデバ機能を使って帯域分割した後の3チャンネル信号をASIO4ALL経由でDACへ直接出力する事になります。

FrieveAudioでの計測にはASIO4ALLが必須であるため、サブウーハを同時に作動させながらRとLの全域F特を計測する事はできず、L/R/SWを別々に計測する必要があります(参考記事)。これが結構面倒クサイ。

ZAP君は以前から何も変わっていないため、今のところ以前のPCで計測したデータをそのまま使ってFrieveAudioで帯域分割してASIO4ALLで直接DAC入力へ信号を送るという方法で聴いています。理屈上はこの方法が信号クオリティ的にはベストであろうと思われますが、まぁ、例によってワザワザシューチューして聞き分けようとしないので、本当に良いのかどうか僕には違いがヨックワカリマセン。。。。。

ハナシは変わって、
例のDAYTON計測システムが届きました。少しだけ使ってみましたが、ソフトウェアはマイクのオマケ程度の出来という感じです。なんとソフトウェアにテスト信号生成機能が組み込まれていないため、添付CDのテスト信号(サインスイープ等)を再生しながら計測する必要があります。余りにお粗末。。。さっそくリッピングしておきましたが、信号を別のソフトウェアで再生してから計測ソフトウェアの計測開始ボタンを押す必要があるため、とても面倒クサイです。ソフトウェアのUIもあまり良い出来であるとは言えません。少々ガッカリ。。。

このシステムの一番の利点は、マイクロフォンのシリアル番号に基づいてホームページからキャリブレーションファイルをダウンロードして校正できるため、絶対的な音圧レベルを正確に把握できる点にあります。ですから各種フィルタを内蔵した騒音計としても使えます。ソフトウェアの信号解析機能については、おいおい当ブログでご紹介しますので、ご購入を検討中の方は暫くお待ちくださいませ。

ちょこっと計測してみた例です。
Dayton OMNI
高調波歪みの解析画面です。上記のFrieveAudioチャンデバによる再生。この計測では、リスニング位置で75dBA程度になるようボリュームを調整しています。縦軸のdB値は絶対的な値ですが、まだマイクの校正ファイルをDLしていないので正確ではありません。

先週は旧PCで仕事しながら並行して新しいPCのインストール作業を進めたので少々疲れ気味。最近はソフトウェアのライセンス管理が厳しくて、ライセンスキーが不明とか、インストールディスクが見つからなかったりとか、イロイロ大変で疲れてしまいました。もうイヤ!。。。今度PCをアップグレードする頃はもう60才かもしれません。なんだかショック。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中

関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック