FC2ブログ
2013年01月27日 (日) | Edit |
プチ実験君シリーズ、今回はFrieveAudioの補正効果を再度確認してみました。マイク断線の症状がますます悪化しているので、DAYTON計測システムの入荷が待ち遠しい。。。

今回使った信号波形です。
gene2.jpg
200Hzと600Hz(3次)の合成波にパルスを追加しました。

ソース波形とDACアナログ出力波形の比較です。
Signal DAC
グレーがソース、黄がDAC出力。以前の記事に書いたように、DACのアナログ出力でも少し位相が変化(高周波が遅れる傾向)するため、DAC出力で既に波形が変形しています(3次成分が少し遅れている)。

パルス位置で揃えたスピーカからの音響出力波形です。ZAP Alpair6を使って、いつものリスニング位置で計測しました。
Frieve 3次d
赤が補正OFF、水色がF特補正ON/位相補正OFF、緑がF特補正ON/位相補正ONです。音響波形では逆に3次成分が進んでいるように見えますね。でも、アレ?位相補正が180°分足りていません。。。

ところがパルスを見ると、他の波形ではパルスが上向きなのに、緑だけ下向きです。極性が反転しているようです。そこでON/ON(緑)の波形を上下反転してみました。
Frieve3次
すると位相補正は正しく働いているように見えます。そういえば、以前もFrieveAudioの出力は反転して見ていました。どうもこのへんの極性はヤヤコシイ。。。3次との合成波だと上下が対称形になってヤヤコシイので、下図のように2次を合成してみました。これだと波形は上下対称にはなりません。
gene3.jpg
スピーカ音響波形です。
Frieve 2次
黄がDAC出力、赤が補正OFF/OFF、緑が補正ON/ONの極性反転波形です。

パルス入り信号音だと、耳で聞いても補正のON/OFFで音が少し変わるような気がしました。でも、実際の音楽再生の場合、僕には位相補正の効果を特に感じる事はできません。また、以前の記事でも書いたように、マイクロフォンからの変換/逆変換過程を考えると、電流駆動方式と同様に、このような位相の補正が(聴感上の変化が有るにしても無いにしても)理論的に筋の通った事なのかどうか、ちょっと考えて見る必要があるような気もします。でも、せっかくだから普段は補正ON/ONで聞いていますけどね。

いよいよマイクロフォンが駄目かもしれません。次回はバイノラルマイクを使ってヘッドフォンでプチ実験君してみようかと思います。オッタノシミニ!

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック