FC2ブログ
2013年01月06日 (日) | Edit |
本年も宜しくお願い申し上げます。

音楽を日常的に楽しむための実用道具としてZAP君は全く満足できる状態になりました。今年はA6MとA10および2台のアンプをコンパクトな筐体に一体化してしまいたいなぁ。。。と考えています。A10を2つのA6Mの中央にできるだけ近付けて配置する事により、音場的なコヒーレンシも多少向上するのではないかと思います。

姪にプレゼントしたガマ君を作っている時、複雑な曲面だけで構成された塩ビ管エルボーは平板で作る箱よりも強度的に圧倒的に有利であるように感じました (あのように小さなケロ君でも15mm合板で作った箱表面の振動が非常に気になり相当な補強を内部に施したのに対し、ガマ君では気になる振動が全く発生せず机に直置きでも手に不快な振動が伝わらなかった)。なので、一体型ZAPは塩ビ管エルボーで作ろうかと考えています。A10用の大きなエルボーを近所のホームセンターで入手できれば良いのですがね。例によって、いつ着手するかは気分次第です。

それ以外には今のところ装置の改良点は思い付かず、装置関連ではネタが尽きた感があります。

そうそう、例の激安モニタはもしかしたら試すかもしれません。これも全くの気分次第ですが、僕のZAPシステムがスタジオでモニタされている音とどのように異なるのか興味があります。付帯音を除去すればする程「音」に磨きがかかったように僕には聞こえるAlpairドライバがもしかしたら「特殊」なのか???モニタはもっと地味なのか???ほんまにモニタはリスニング用に適さないのか???
確認した後は邪魔なだけなので読者に格安でお譲りするかもしれません。

今年は技術屋の性として、非常に基本的な原理について、実験君しながら理解を深めたいと考えています。例えば、オーディオシステムはマイクを入力としスピーカを出力として完結するわけですが、その間の「音響現象→機械的運動→電気信号→機械的運動→音響現象」という変換/逆変換過程についてよく考えてみよう!とか、最適なエンクロージャ容積とは?とか、真空管アンプの音の魅力のヒミツは?とか。。。その中から何か新しいアイデアが生まれるかもしれません。

という事で、本年もお役に立つ内容のある記事を提供できるよう何とか頑張ってみたいと思いますので、応援の程よろしくお願い申し上げます。
お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック