FC2ブログ
2012年12月09日 (日) | Edit |
music.jpg

「リズム」、「メロディー」、「ハーモニー」が音楽の三大要素と言われるらしいですね。主に作曲者の領域と言えるでしょう。ベトベンがスコアに書いて決めた部分です。

これらに次いで「音色」やスコアには書ききれない「ニュアンス」が重要でしょう。主に奏者の領域と言えるかもしれません。バイオリニストがストラディバリウスにご執心だったり、ジミさんが逆さに持ったストラトのツマミを頻繁に調整しながらギュワンギュワンやる部分です。ジャズやロックでは奏者と作曲者は殆ど一体ですね。

最後はコンソールにへばり付きでミクスダウンしてステレオ効果やエフェクタ効果(臨場感や空間表現)を適度に加えます。あのカラヤンもこのプロセスに相当拘ったと聞きます(AR-3aをモニタ用に愛用したそうですね)。このようにして、生演奏とは異なる再生音楽として一個の作品が完成します。基本的にそれは生演奏の単なる「記録」ではありません。生演奏を単純に「再現」するためのものでもありません。

作品は一流のシェフが手塩にかけて完成した料理であるとも言えます。まずはソノママの味を、精々最小限の塩胡椒で、素直に美味しく頂きたいものです。最も精妙でオイシイところにアクセスして楽しむためにね。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック