FC2ブログ
2012年06月20日 (水) | Edit |
もうお分かりかと思いますが、M曲線は、製品の価格と性能の関係にも概ね当てはまります。

さて、アンプですが、例のチッコイICのアンプでも、ナンチャラカンたらオンガクセーたらの微細なチガイをキキワケル気など毛頭なく専ら普通に「音楽」を聴く分には、なんら問題を感じません(このIC、マニアさんによると、そのへんのナンタラも結構良いそうです)。「いったいアンプの値段てナンヤネンと」と考えさせられたとブログでコメントされている方も何名か見かけましたが、現在の進んだ電子/電気技術において、たかが音楽帯域の電気信号を、「音楽」を普通に聴くに足る低歪み/低ノイズで正確に増幅する事なんぞ、極めて容易だという事でしょう。

以前にも書きましたが、音の聞こえ方は、周囲の物理的条件(部屋の状態、聴く位置、気温、気圧、環境騒音、送電線の電源の状態も影響するとか)のみならず、心理的肉体的条件(体調、気分、血圧、その時の好み、直前の出来事等々、そしてプラセボ効果)によってフラフラと変動します。また、人それぞれ好みの音の傾向も異なるでしょうし、耳の周波数特性にも個人差があるでしょう。そのような変動をM曲線に当てはめてみました。この場合、横軸は製品の価格、縦軸は主観的評価(オンシツ)となります。
curve3_20120619072802.jpg
オレンジのラインが、そのような変動要因、不確定要因、個人差等を全て含めた主観的評価の変動幅を模式的に表しています。グラフの左下の低品質の領域であれば、誰もが善し悪しを同じように判定できるでしょうが、品質が上がるにつれて、主観的評価の変動幅は大きくなります。

以前の記事にも書きましたが、さるオーディオ雑誌が実施したブラインドテストにおいて、1万円を切るデジタルアンプが300万円の超高級アンプよりも高い評点を得たというような事は、いくらでも起こりえます(参考記事)。図の左の丸が1万円、右の丸が300万円のアンプに相当します。精密な測定をすれば、300万円の方が当然性能は良いのでしょうが、ピンクゾーンに深く突入しているため、または1万円でも既にイエローゾーンを十分に達成しているため、巨大な価格差にもかかわらず両者の性能差は微小となり、条件次第で主観的評価は如何様にも反転し得るという事です。評価方法(スピーカ、サンプル楽曲、評価者)が変われば、また結果も異なるでしょうが、いずれにせよ、巨大な価格差にもかかわらず、チョイとした条件の変化で逆転してしまうほどチガイは微小だというのは動かしがたい事実です。

ハチマルも以前、業務用の超低価格パワーアンプ(15,800YEN)、小さなIconAMP、ハイエンドに属するNuforce IA7E(ニジューマンエン超え)を比べてみましたが、価格にみあったメリットは何も感じられなかったどころか、IA7Eでは音に微妙な癖(高級風オンガクセー?)を感じ、また頭が締め付けられるような変な気分がしたため、価格の面を無視したとしても、絶対に採用はあり得ないと判断しました。

これがデンセンになると、その差は当然、アンプよりも遙かに小さいでしょうから、諸々の条件による相対的な変動幅は、さらに巨大なものとなるでしょう。それこそ海外で行われたブラインドテストのように、クリーニング屋の針金ハンガーと10万円のデンセンでもチガイがはっきりしなかったり、チガイが分かっても針金の方が「好き」な人がいたりしても、なんら不思議ではありません。シューチューしてキキワケル努力をすれば、デンセンによって音は微妙に「カワル」のでしょうが、それは「カワッタ」または「カワッタヨウニキコエル」というだけであって、もはや「良く」なったあるいは「こちらの方が好き」とはっきり言えるのかどうかすらアヤフヤな変化だと思われます。彼らにとっては、「良い」とか「好き」よりも、「カワッタ」と言う事自体が重要なのではないかというふうに見えなくもありません。ましてや、音楽を聴く上で、総合的な音楽再生クオリティという面で、そのようなチガイが果たしてどの程度ジューヨーなのか、ハチマルに甚だ疑問です。

また、ブログ村にも参加しておられるさるブログに象徴的な事が書かれていました。凄い装置が置かれているジャズ喫茶かどこかで、定期的にマニア達が集まる会があるようで、そこでハイレゾ、CD相当、圧縮音源をブラインドで比較したそうです。で、評価は三分されたとか。おそらく、手練れのマニア達でしょうから、チガイは聞き分けているのでしょうが、どれが良い(好き)と感じるかは、人それぞれであった模様です。圧縮データがどの程度のクオリティのものであったのか知りませんが、そこそこ高いビットレートであったのでしょう。例えば64kbpsのMP3であれば、誰もそれが「良い」とは感じなかったはずです(ハチマルでも分かるもん)。データのクオリティや情報量はハイレゾが最も高く、圧縮が最も低いというのは客観的に動かしようのない事実ですが、ある程度のクオリティに達してしまえば、それ以上のクオリティの違いは、人の好みやちょっとした周辺条件の変動幅に埋もれてしまうという好例ではないでしょうか。

このように、クオリティがある程度(イエローゾーン)まで達成されると、あとは「好みの問題」に近くなります。つまり、たとえシューチューして微小なチガイを聞き分けられたとしても、装置の価格(上等な材料や構造)と主観的「ヨイオト」の相関性は極めてあやふやであり、反転しても何ら不思議はないという事です。

オンシツやナンチャラカンとかオンガクセーあるいはオンジョーたらクーキカン等の付帯的現象の微小な「チガイノキキワケ」なんぞに意識をわざわざ消耗する気など毛頭なく、とにかく「音楽」を必要十分なクオリティで楽しみたい人々にとって、魔境ピンクゾーンに突入した徒に高価なソーチは無用の長物以外の何物でもなかろうと思います。逆にそのような装置では、コーキューカン(オンガクセー???)とかを演出するためにヘンテコリンな事をしいている危険性すらあります。最新のデジタルアンプであれば、2万円も出せば十分以上にイエローゾーンを達成しているのではないでしょうか。高出力が必要であれば、業務用アンプもお薦めです。

マニアというのは、魔境ピンクゾーンを彷徨う事、あるいはピンクゾーンの超微妙な「チガイ」をキキワケル事に無上の喜びやロマン?を感じるヒト達というふうにハチマルには見えます。装置のナニカを変えた時の微妙な「変化自体」、あるいはそれを「キキワケル事自体」に強い執着を示し、「変わる事自体」を非常に珍重する傾向にあるように見えるという事です。実際、「オーディオ趣味とは装置による音の変化を楽しむ趣味である」とはっきりと明言するマニアさんも居られます。彼らは、確たる目標を置いたクオリティに向かって装置を「改良」するというよりは、ずっと同じ状態で装置を使っていると「飽きる」ので、「変化」を求めて、あるいはナンカ買いたくて、ピンクゾーンに深く突入した高額な装置やアクセサリを無限にトッカエヒッカエし続ける(購入し続ける)という、業界にとっては極めてアリガタイ人々と言えるかもしれません。

そのために、業界がソチラに引きずられてしまうのでしょうか? あるいは業界がそのような傾向を戦略的に助長(洗脳?)しているのでしょうか?、それとも業界のヒトビト自体が同じ穴の狢(マニア)なのでしょうか? どちらにしろ、マニアではない一般音楽愛聴者には迷惑千万な話ではあります。

次回は、M曲線を使って技術の進化について考えてみたいと思います。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック