FC2ブログ
2012年02月21日 (火) | Edit |
前記事の補足

オーディオ界の現状は、音楽的素養に関して甚だ怪しげなオッチャン達が、ドシロートなカンセーだゲージツだジョーカンだオンガクセーだを振り回して好き勝手した結果、極めて表層的で超微視的な面ばかりを追いかけ回す泥沼の魔境と化しているようにハチマルには見えます。本当の意味での専門家あるいは玄人さんが存在しない事が「オーディオ界」の最大の悲劇だと言えるのではないでしょうか。そういう方は過去に存在したのかも知れませんが(きっと居たはず)、疎んじられて黙るか去らざるを得なかったのではないかと推測しています。今となっては音楽界からのコントロールが絶対に必要であるように思えます。

注:
ハチマルが「オーディオ界」と言う場合、「マニアためのオーディオ」ではなく「広く一般に音楽を愛聴する人々のためのオーディ」を指す事にくれぐれも注意してください。前者は後者の中の特殊で極端な領域に過ぎません。マニアの方には、このへんの事をシッカリ認識して頂きたいと思います。オーディオとは別にマニアのためにあるのでは断じて無いという事を。マニアのような聴き方が一般的な「音楽」の聴き方では断じて無いという事を。マニアのオーディオや聴き方が別に偉いわけでも上等なわけでも何でも無いという事を。というか、大分変わった聴き方、使い方であるという事を。ハチマルは個人的に、そのような音楽の聴き方を青少年少女に絶対にして欲しくないと考えているという事を。青少年少女に、それが「上等な音楽の聴き方だ」と絶対に勘違いして欲しくないと考えているという事を。もっと真っ当なオーディオを青少年少女に遺してあげる事が業界のオッチャンの使命だと考えているという事を。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック