FC2ブログ
2012年02月06日 (月) | Edit |
当ブログの最初の記事の日付が2009年2月5日ですので、昨日で丁度3周年を迎えた事になります。開設当初は、こんなに続くとは思いもしませんでしたし、こんなに沢山の方に読んで頂けるとも予想だにしませんでした。ご愛読、本当にありがとうございます。月間アクセス数も年々増加し、先月は初めて2万を越えました。

検索語では相変わらず「frieve audio 設定」が首位の座を守っています。Frieve Audioの最終リリースが2007年ですから、そろそろバージョンアップが望まれます。また、類似のフリーまたはシェアウェア ソフトウェアも今後、雨後の竹の子のごとく出てきて欲しいものです。「オンシツ」や「ナンチャラカン」や「ソーチノコセイ」ではなく本当に「音楽」を楽しみたいのであれば、この手のソフトウェアは必須となるでしょう。コレマヂホント。せっかく優れた技術があるのですから、使わない手はありません。というか、現時点で、アタリマエのように普及していないのが不思議で仕方アリマセン。ナンデヤネン?

今時のデジタルアンプは超低コスト/超コンパクト/低消費電力で十分に高いクオリティを備えています。ドライバごとにアンプを持たせるマルチアンプ構成にしてもコスト/サイズ的に大した事にはならぬでしょう。手軽にマルチアンプ化できるデジタルチャンデバ機能内蔵の安価でコンパクトなマルチch DAC (または、それを内蔵したプリアンプ、プリメインアンプ)が欲しいですね。ハチマルの場合2+1chで十分なので、大層な業務用のデジタル スピーカマネジメントシステムを使う気にはどうしてもなれません。オーディオマニアの間でも結構評判の良いベリンガ製のデジタルマネジメントシステムは超多機能ですが、価格はサンマンエンもしません。民生用に機能を限定すれば、かなりコンパクト/安価に作れるはずです。このデジタル時代において、民生用オーディオ分野だけが、とかく問題の多いアナログフィルタを未だにアタリマエのように多用している事には驚かされます。音源がデジタル化された時に、まずヤタッ!っと小躍りして喜んでも良いポイントだと思うのですが。。。。これまたナンデヤネン?

ブログ村のランキングは、お年玉フィーバーも落ち着いて、6位前後の定位置をキープしています。いつも応援ありがとうございます。

今後とも、記事の内容がお役に立ちましたら、是非応援のクリックをお願い申し上げます。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック