FC2ブログ
2011年11月02日 (水) | Edit |
今回はマークオーディオのAlpairについて、思うところを書いてみたいと思います。

僕は基本的に「オンシツ?」ではなく「音楽再生クオリティ」を求めると書きました。そうすると、キツイ音、死んだ音、楽しくない音、ジョーカン?とやらの伝わらない音、ウツウツとした音、ゲージツ的?ではない音、カラダに良くない音?癒されない音を、やせ我慢して聴いているのではないか?と思われるかもしれません。しかし、僕が主観的に感じるオンシツでは、付帯音等を徹底的に除去して素直に再生した音の方がずっと自然で美しく響くように聞こえますし、長時間聴いても疲れません。逆に、装置で響かせた場合、様々なジャンルの曲を聴いているうちに、なにがしか不自然さや不快感を覚えて耐えられなくなります。

ただ、最近になって、LEANAUDIOのアプローチを振り返ってみると、付帯音の徹底除去にせよ、馬鹿ブーストにせよ、Alpairを使用したからこそ可能であったのではないかという気がしないでもありません。例えば、以前の記事に書いたように、F80では吸音材を入れる事を嫌いましたし、恐らくF80でもブーストを試みたはずなのですがAlpair5のように深追いはしていません (よく覚えていないが、自分の性格上一度はぜったい試したと思う)。果たしてAlpair以外のドライバでもLEANAUDIO方式でこのように良好な結果が得られるのかどうか。。。もしかしたらAlpairというドライバが非常に特殊なのではないか?という気が最近しています。

実は、開発者のMark Fenlon氏(以下「マークさん」)には、来日された際にお会いした事があり、実に楽しい時間を過ごす事ができました。僕の技術屋としてのキャリアも既にご存じでしたので、お会いした瞬間からお別れする瞬間まで、僕にとってはほんとに久しぶりのテクニカルなディスカッションを存分に楽しむことができ、時間はあっという間に過ぎてしまいました。

マークさんは一言で言って、純粋熱血系一直線技術屋です。食事中でも突然なにか思い付くと、ナプキンにスケッチを殴り書きしてこれどう思う?といった調子で、24時間スピーカの事ばかり考えているという感じでした。僕も現役時代は同様でしたので、すっかり意気投合してしまいました。

で、Alpairの開発について。。。。お互い技術屋同士の会話という事もあったのでしょうが、マークさんからは感覚的な発言は記憶する限りほとんどなく、全く透徹した技術的アプローチをされているように見受けられました。特に「F1エンジンの開発と全く同じだよ」と強調されていたのが印象的でした。必要な剛性を維持しながら運動系を徹底的に軽量化し、運動のロスを徹底的に低減しつつ(コンプライアンスを徹底的に高めつつ)付帯的な好ましくない運動や振動を徹底的に抑え込み、そのために各所の構造と材料を徹底的に吟味し、さらにフレームが発する付帯音まで除去する(プラスチック製フレームを使うのはこのため)。そして、これらを高いレベルで達成するために、共通部品を一切使用せずに全ての部品を専用設計する。

要は、電気信号を音響波に変換するトランスデューサとしての性能を、偏執狂的とも言える執念でもって、徹頭徹尾理想に近付けようとした結果がAlpairであると、僕には感じられました。もちろん、最終的には音楽を再生して耳で評価するのは言うまでもありませんが、そこに至るアプローチが技術的に極めて透徹しているという事です。まさにF1エンジンの開発と同じです。マークさんならきっと優秀な(すなわちクレージーな) F1エンジン開発者にもなれたと思いますよ(お父上はジャガーのV12の開発に携われたとのこと)。

特に最近のAlpairモデル(6以降だったと思う)では、部品が非常に繊細であるため、1個ずつ日本人技術者が組み上げているとの事。特にスパイダは、マークさんが突きつける無理難題に答えて日本人技術者(Mさんにもお会いできました)が開発した、マークさんご自慢の逸品のようです。あまりに薄すぎて従来の工法では固定できず大変苦労されたそうです。こんな生産体制で、よくあの価格で提供できるものだと驚かされます。

僕はAlpair以外の最新高性能ドライバを実際に使ってみた事がないため確たる事は言えませんが、マークさんにお会いして以来、Alpairは市場に現存するドライバの中で間違いなくOutstandingな存在であろうという確信を益々強めました。尋常ならぬ純粋な熱意とお人柄から、フィデリテムのナカジマ氏はじめ、日本人技術者が集結してマークさんのために尽力しているというのもよく分かります(マークさんの要求に応えるのはほんと大変だろうなぁと思いますよ)。技術的に突っ走るマークさんをコントロールするナカジマ氏のご苦労も(と同時にお喜びも)ヒシヒシと感じられました。そもそも僕は、Alpair5デビューの頃のカタログ写真を見た瞬間に、こいつはタダモンじゃねぇ!と直感したわけですが、その技術屋的直感が正しかったという事ですよ。うん。

追記1
日本のFeastrexもタダモンじゃねぇ!と思うのだが、コーンが紙である事と、あの凄まじい磁気回路のお値段のせいで手が伸びない。ただ、純粋な興味として、メタルコーンAlpairの運動系とFeastrexの磁気系を組み合わせたら、一体どんな事になるのか興味がある。マイルスとジャコの共演みたいな。。夢の競演だね。

追記2
そもそも、ソースを正確に再生する以上に「ウツクシク」聞こえるというのは、どう考えても眉唾だ。箱を響かせたりして付帯音を加えるという事は、ソース本来の音を人工的に「補う」という事だが、あの精妙極まりない形状をした様々な楽器から発せられる複雑多様極まりない音を再生装置で人工的に補おうとて、そいつぁ無理な相談ですぜダンナ。ではないのか? たとえ一部の楽器の一部の帯域をタマタマ良い具合に付帯音で補えたとて、その他の音では邪魔になるだけではないのか?。それは楽曲や環境条件や気分によって如何様にも左右される富士の樹海というやつではないのか? そんな誤魔化しではなく、ドライバのセンシティビティ(運動系の軽量化とコンプライアンス(動きやすさ)の改善)を徹頭徹尾進める事が重要なのではないだろうか?

F80とAlpair5の経験から考えるに、付帯音を消すと音がウツウツとしたり死んだりするのは、ドライバがきちんと信号を音に変換できていないからではないのか?どう考えても、録音された音そのものがウツウツとしてたり死んでたりするはずは無かろうと思うのだが。。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック