FC2ブログ
2010年11月23日 (火) | Edit |
20万ヒットという一区切りを迎えたのを機に、ハチマルのLEAUAUDIOコンセプトについて振り返ってみたいと思います。

何度も書きましたが、カナル型イヤフォンの低音の聞きやすさに感動した事からハチマルのオーヂオイヂリが始まりました。当時使っていたDENON CD/MDコンポの見た目ご立派なスピーカー(13cmウーハー、2ウェイ、6Lバスレフ)ではモゴモゴして不明瞭な低音しか聞こえず、アタマに来たので、この箱を徹底的に補強してF80/AMGに換装した事からLEANAUDIOトライアルが始まったというワケです。。。

とっとと結論から言うと、LEANAUDIOコンセプトが第一に重視するのは「音楽の聴きやすさ」すなわち「耳を澄まさなくても録音されている「内容」が耳にそして意識に「自然」かつ「明瞭」に届く」という事です。
「正確」=「自然」&「明瞭」な音楽再生がLEANAUDIOの基本コンセプトです。

聴きやすさを求めてイロイロ試し、その後測定で追認してきたわけですが、結局「媒体に記録されている信号波形をできるだけ正確に耳に届ける」事によって目標とする「音楽の聴きやすさ」が得られるというのがハチマルの結論です。ハチマルがやってきた事の大部分は、ほぼこの1点に集約されます。
これって、考えてみれば極々アタリマエの事です。だって録音されている「内容」を聴きたいワケですからね。。。

媒体上の信号波形をリスニング位置まで正確に届けようとした場合に問題となる要因として下記が挙げられます。
1) 部屋の音響特性
2) スピーカーの低域再生限界
3) マルチウェイSPのネットワークやアンプのトーンコントロール等のアナログ式フィルタ
4) バスレフポート
5) SPボックス内部の定在波
6) 密閉型SPの機械的共振

これらは主として低音領域(ざっと言って200または500Hz以下)に関係しています。基本的に高音は苦労なく耳へ届ける事ができます。
ハチマルは実際にこれらの影響を受けた音に違和感を覚え、またこれらの現象は全て極めて簡単な測定で明確に確認できるほどの大きな問題である事が分かりました。

これらの問題を解消するために、LEANAUDIOシステムでは下記の方策を採用しています。

1) 特に低音に致命的影響を与える部屋の定在波を回避するためにニアフィールドリスニングを基本とし、高性能なデジタルイコライザ(FrieveAudio)による音場補正を適用してリスニング位置の周波数特性/位相特性をフラットに修正する
2) 下記の手段にて少なくとも50Hzまで、望むらくは30Hzまでフラットな周波数特性を確保する
- FrieveAudioデジタルイコライザによる低域信号ブースト(馬鹿ブースト)
または
- パワードウーハー(バイアンプ駆動または2.1chシステム)による100Hz以下の低音アシスト
3) 100Hz~20kHzを1本でカバーできる8cmフルレンジドライバをメインとして使用し、重要帯域でのクロスオーバーを回避する
4/5/6) 吸音材を大量に入れた小容積の密閉型ボックスを採用し、バスレフ型の位相(トランジェント)問題、箱の定在波、ドライバの機械的共振を抑える

これらの方策を適用して媒体に記録されている信号をできるだけ「正確」に耳に届ける事により、「自然」で「明瞭」で「聴きやすい」音楽再生が可能になります。また、これらの方策の効果は全て測定でも確認する事ができました。

LEANAUDIOシステムの音は、いわゆるHiFiオーディオ的な音ではないかもしれません。ハチマルには、オーディオを趣味とされる方々の間で一般に「良い」とされる(響き感のある?、アトラクティブな?ライブ感のある?音場感のある?飛び感のある? その他諸々のXX感のある?と言われる)音にするために手を加えられた、いわゆるオーディオ的な音は不自然に に感じられて (つまり音楽が聴きにくく、音楽がよく聞こえない)、長時間聴くには耐えられません(ハチマル用語ではこれを「ステレオ臭い」音という)。たとえば、ハチマルは昔から立派なオーディオ装置でFM放送を聴くのが凄く嫌いでした(ナレーションが変に響いて、不自然に聞こえるため)。LEANAUDIOシステムではネットラジオを聴いても極自然なナレーションを聴く事ができます。

誤解を恐れずに言えばLEANAUDIOの音は「普通のラジオの音を広帯域/低ノイズ/低歪みにしただけ」のような音と言えるかも知れません。これは「オーディオ装置とは音そのものを嗜むための装置ではなく、音楽を聴くための装置」というハチマルの基本姿勢を如実に反映していると言えます。別に音そのものを楽しみたいわけではなく、可聴帯域の様々な音で複雑に構成された音楽作品(音楽家の行為/表現の結果)を苦労せず明確に聴き取って楽しみたいという事です。

でもね、生音って意外とそんなにキンキラしてないと思いますよ。。。だって媒体に記録されている音そのものはそんなにキンキラしてないですから。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック