FC2ブログ
2009年02月14日 (土) | Edit |
当初は仕事用のPC(自作、Core2、2.13GHz)でFrieve Audioを使用して音楽を聴いていました。このPCでFrieve Audioを使用すると、設定にもよりますが再生時のCPU使用率は25%を超えます。翻訳支援ソフトとワープロで作業を行う程度であれば特に問題ないのですが、Adobe PhotoShopとBridgeで写真の編集を行う場合はさすがに厳しく、曲が途中で途切れたり、PhotoShopの演算に時間がかかったりします。またIE等のアプリケーションの起動/終了時にも曲が一瞬途絶えます。
そのころコンペ用に大量の作品(写真)の作成中であったこともあり、ハードディスクも余裕が無くなってきました。

それで音楽専用にPCを1台追加する事にしました。
073.jpg
ONKYO/SOTEC HDC-1L

当初は安価なベアボーンでも組もうかと思ったのですが、それなりのCDドライブの追加や静音化を考えると結構値がかさみそうだったので、タイミング良く新発売されたONKYO/SOTECのHDC-1Lを購入しました。このPCはONKYO製の高性能DAC(24bit/96kHz)を搭載し、ドライブやHDの振動対策や静音化に気を配ったオーディオ用PCです。しかもCPUにAtomプロセッサを搭載する事によって価格はネットブック並に抑えられています。

検討の時に唯一気になったのがCPUパワーです。

Atomプロセッサは性能的にはかなり見劣りします( おかげで安価)。CPU喰いのFrieve Audioが動作可能かどうか不安だったのでネットで検索したのですが、Frieve AudioもHDC-1Lも世間ではあまり注目されてないようで満足な情報が得られず、しばらく躊躇した後に思い切って購入してみました。

幸いFrieve Audioは問題無く作動し、肝心の音場補正も難なく実行できました。ASIOドライバ(実際にはASIO4ALL)も作動します。仕事PC上での使用に比べて操作はかなり緩慢になりますが許容範囲内です(例: 再生中に停止ボタンを押しても数秒間は止まらない、再生中にイコライザを変更すると数秒間再生が途切れる)。
ただしASIOを使用すると出力が48kHz以下に限定されます(標準ドライバでは96kHzまで可能だが、ASIOで2倍の88.2kHZ出力にすると再生がスロー(多分1/2速度)になってしまう。どして?)。
48kHz出力と96kHz出力の音質差が僕には分かりませんので通常はASIOドライバを使用しています。

通常のステレオ再生において唯一機能的に制限されるのがHSCという超高域(20kHz以上)に信号を擬似的に付加する機能です。タイプA,B,Cの3種類が選択可能ですが、このPCではタイプAしか使用できません(B,Cを使用すると音がブチブチ途切れる)。ちなみにFrieve作者はタイプCを推奨しています。詳しい事はFrieve Audioのカテゴリを参照してください。HSCタイプA使用時の音楽再生中のCPU使用率は50%を超えます。このHSC機能はスーパーツイーターを使用しない場合は不要です。

プリインストールされているONKYO製の再生ソフトウェアを使用すればASIOと同様にカーネルミキサーをバイパスしてダイレクトに信号を出力できるようですが、音場補正はできませんので全く使用していません。使い勝手も最悪そうです(センスなし)。

仕事PC + DenDAC(16bit/48kHz)と同一曲/同一ソフトウェア設定で聞き比べましたが、音質的に顕著な差は感じませんでした。まあ多少の違いはあるのでしょうが、僕が求めるレベルの音質はどちらもクリアしているので◎。オンボードのサウンド出力はさすがに僕でも一発NGですが。

静音性ですが今のところファンの音は全く気になりません(ただし購入したのが涼しくなってからなので夏場のことは分かりません)。時々聞こえるHDの動作音(回転音ではない)の方が少し気になるくらいです。十分に静音と言えるのではないでしょうか。デスクトップには置かずに、机の下のラックに置いています。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック