FC2ブログ
2010年10月01日 (金) | Edit |
ベトベン全集を何曲か聴いてみたのですが、どうも全体的に違和感を覚えるので手持ちのCDと聴き比べてみました。

1つは前から言っているように全体的に「響き」過ぎ。響かせるなバカヤロー。聴きにくいんだよ。

もう1つ気になったのは、チェロソナタを聴いていると弦をコスル音(指のタッチ?)や奏者の息づかいがヤタラと聞こえる事。他にカザルス、ロストロポ、ヨヨマ持ってますが、これ程までには不要な音は入っていません。まあ、カザさんはウーとかうなってる声が聞こえるけどね。。オヂイさん?。ピアノソナタでもペダル踏む音なのか椅子がキシム音なのか「音楽」以外の音がよく聞こえます。こういうのワザと入れてるワケ? 「リンジョーカン」ってヤツかよ。ヤメテクレーーー。「アタカモメノマエニイルヨウナ」ってか。いらねーんだよ。んなもんは。目の前で鳴ってるのはスピーカーです。それでなんかモンダイでもあるワケ?音楽聴かせろ。音楽を。あたしゃベートーベンを聴きたいんだよ。ベートーベンを。。。。

全体的に「音楽」そのものが聞こえにくい。要らぬ事をするなと言いたい。ハリウッド映画じゃあるまいし余計な「リンジョーカン」なんて不要。音楽を卑近なエンタータインメントへ引きずり下ろすんじゃねー。オーヂオだけかと思ったら、ソースまでこれかよ。

このような音の幼稚化が最近の録音の一般的傾向では無い事を切に願います。

こちらの記事も参照されたし。このような感じ方をするのは僕だけではありません。とある演奏家が「空間表現の追求など不可能を無理して求めているだけであって失うものの方がはるかに大きい、そもそも現代のオーディオは完全に間違った方向に走っている」と怒るのも納得です。その他にも。。。

- 先日あるクラシック演奏家のお宅でオーディオを聴かせて頂きました。正直きつい音だと感じました。こういうことは演奏系のお宅で何回か経験しています。それとまずパースペクティブというのは関心をお持ちでありません。

- クラシック音楽の録音を趣味にしていますが、演奏家よりホールの残響音のない録音をしてほしいの要望が多いですね。

- 私の知る限りでは(クラシックの演奏家ばかりですが)そういう方々はやはり音場感・空間表現にはほとんど関心を持っていないようです。

- 以前にあるオーディオ開発者の方と一献させていただいたときに、その方から「音場感なんて言われているけどそんなもの必要なの?」と言われました。


媒体に記録されている「音楽」の「表層的な音」ではなく「内容」を真面目に聴く事を望む方であれば、音楽家ならずとも上記の記述に合点が行くはずです。

ちなみにこれは、この全集の演奏者の責任ではありません。演奏者の名誉のために言っておきますが、演奏自体に苦言を呈しているワケではありません。録音状態のせいで「聴きにくい」という事ですから。逆に演奏者が気の毒です。

これは製作会社の問題です。恐らく大衆はこのような傾向を好む(売れる)のでしょうが、芸術を商品として扱うプロフェッショナルが、果たしてそのような風潮に安易に迎合して良いのかどうか、僕には甚だ疑問です。音楽雑誌を全く読まないので知りませんが、ジャーナリズム(評論家等)はこのような傾向に対して何か言っているのでしょうか(オーヂオヒョウーロンカは置いといて。。)。

ということで、やっぱり安物買いの銭失いって事でしょうか。
適宜手持ちの盤と入れ換えて、持ってないので気に入ったやつは70年代くらいの録音盤を追加で購入しよっと(新しいのはナニしてるか分からんので恐ろしくて買えない)。ま、データベースの枠組ができただけでも。。。

でも、ミサソレニムスあれ?ソレムニス?ソレナニス?は始めて聴いたけど良かった。声楽曲やオペラは真剣に聴いてみたい。あと変奏曲も楽しい。。ヴァイオリン関連は一枚も手持ちがないし。そのへんはタノシミ。

毒舌。ご容赦を。。



お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック