FC2ブログ
2010年09月23日 (木) | Edit |
全60枚のベト様全集をボチボチとリッピングしているのですが、なかなか捗りません。やっと半分の30枚が終了したところです(関連記事)。

音楽専用PC(ONKYO HDC-1L、160G)のHD残量が10数Gしかないため、320GBのポータブルHDを購入しました(バッファロ製)。60枚で約40GB程度ですので、HDC-1L側の音楽データも全てバックアップできます。

584.jpg
これが全集の中身 (ご購入はコチラ。僕が購入した時よりも随分値上がりしています。ラッキーでした。)
同シリーズのモーツアルト全集(なんと170枚)と同サイズの箱なので、ベト様全集は真ん中にチンマリと収まっています。手前の白いのがポータブルHD。しかしモーさんは多作ですね。。。1枚も持ってないけど。。

ハチマルは、ジャズでもロックでもクラシックでも、メンバーとか指揮者とか奏者とか細かい事にはあまり興味が沸かないのですが、リッピングする際にアルバムの製作年をフォルダ名の先頭に付けるようにしています。これによって、一人のアーチストがどのような過程を経て進化したのか、同年代の他のアーチストや他のジャンルのアーチストがどのような作品を作っていたのか、そのジャンル全体がどのように変化してきたのか、といった大きな流れを把握できるからです。また、同一アーチストの作品を古い順に一気に聴く事もできます。

ベト様全集のリッピングでは、フォルダ名の先頭にOp.(オーバス)番号を付けています。この番号はベト様自身が発表の際に付けた番号だそうです。Op.が付いていない作品も少数含まれており、これにはWoO番号(1955年に編集された作品目録の番号らしい)を付けています。これらはタイトル名に含まれているので、いちいち調べる必要がありません。本当は発表年を付けるのが理想的なのですが、調べるのが面倒くさいのと、クラシックではベト様以外ほとんど聴かないので他の作曲家との関係を知る必要がないため、楽な方法を取りました。

このように番号付けする事によって、交響曲を軸として全作品の流れをつかめますし、特定の時期を選んで小品から大作までごちゃ混ぜで発表順に聴く事もできます。このようにして、ベト様の偉大なる生涯をじっくりとたどってみたいと考えています。

蛇足1
どうやらハチマルは「クラシック」というジャンルの音楽が好きなのではなく、「べートーベン」という人類史上最重要最普遍の偉大なる音楽家そのもの(その人物の作品、あるいはその人物そのもの、あるいはその人物の精神)に強く惹かれるようです。

蛇足2
僕が持っているクラシックCDは、親父のLPコレクションの中から気に入ったのをCDで集めたものなので、録音が比較的古いもの(CD以前のもの)ばかりです。これに対し、この全集は概ね1990年代半ば以降に録音されており、最初に聴いた時に音が気色悪いくらいに「綺麗」に聞こえるので少し違和感を覚えました。なんか喫茶店とかのBGM用みたいに聞こえるというか、全体的に少しエコーをかけているようなというか、やたらと軽くて明るいというか、僕の嫌いなオーディオ臭の漂う音というか。。。最近の録音ってこういう傾向なのでしょうか。今の世の中ってコンナニ響かせ好きなの?世界的なカラオケ普及のエーキョー??それともiPod(イヤフォン)普及の影響???
こんなソースをオーヂオ装置や部屋でさらに響かせたら、それこそカラオケになってしまうような気がします。

蛇足3
このような楽しみ方ができるのはPCオーディオならではの強みと言えましょう。僕のようなズボラな人間には「聴き終わったCDを元のジャケットに収めて正しく整理された元の位置に戻す」という真っ当な大人ならアタリマエに出来るはずの事が全く出来ません。1週間もたてば床に乱雑に積み上げたCDケースが崩れ始め、踏んづけたケースが割れ、何枚かのCDは空きケースが見つからないので裸のまま放置され、幸いケースに戻されたCDも中身とジャケが全く対応しないというカオス状態になります。で、そのうち入れっぱなしの1枚のCDをずーーーと聴いているという状態に。。。

以下、30枚の内容です。あと半分。。。
583.jpg

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村

関連記事
テーマ:音楽的ひとりごと
ジャンル:音楽
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック