FC2ブログ
2010年07月28日 (水) | Edit |
またまたネットサーフしていて見つけたのですが、

「オーディオは、音楽を聴くための道具ではない」「逆に言うと、音楽はオーディオから音を出すための道具にすぎない」

といった趣旨の発言をされた著名なオーヂオ評論家さんが居られるそうです。これには流石にタマゲマシタ。ここまで居直られると返す言葉も浮かびません。趣味道楽の事ですので、別にそういう楽しみ方自体に対して全く異論は無いのですが、一応それなりの影響力を持つセンセの立場としてこのような極論的発言はどうなんでしょうねぇ。正直申しまして、一般人からするとこの考え方は全く異様です。。。。僕も色々な趣味をかなり真剣に楽しんできましたし、各分野には道具に拘るマニアックな方々もたくさん居られましたが、ここまで違和感を覚える分野はありませんでした。

ちなみに僕は最近オーヂオイヂリをやっていますが、これは僕の求める「再生音楽がより快適により明確により正確により自然に聴ける装置」が市販品に見あたらないので自分で作っているだけであって、オーディオ装置はあくまで「再生音楽を聴くための道具」に過ぎません(まあ、これに加えて久しぶりに開発屋の血が騒いだという面も多分に含まれますが。。。)。

繰り返しますが、上記のようなオーヂオ趣味があっても当然誰も文句を言う筋合いは御座いません。それは趣味道楽の世界ですから。自動車や写真趣味にも極端な方々はたくさんおられます(かくいう僕自身も自動車技術の中ではキチガイ沙汰のマニヤックな分野をメインのオシゴトにしてましたし。。)。しかし、それらの業界では、一部のマニヤックな流れによって本流の道具としての正常進化を見失う事はありません(多少過剰気味の場合もありますが)。「音楽を聴くために」真面目に作られた適正価格の装置、すなわち趣味道楽向けのオーディオ装置ではなく実用的な音楽再生装置としての一般大衆向けオーディオ装置の正常進化が、そのようなマニヤックな考え方の蔓延によって阻害されているとするならば大問題です。

これもネットサーフで見つけたのですが、3年程前に
ちゃんとした音」体験して!「マニア禁止」のオーディオイベント
なるものが開催されたようです。

趣旨は、
高音質を追求する高級オーディオの世界は「ピュアオーディオ」と呼ばれるが、音楽そっちのけで機材やケーブルの自慢に終始するマニアの存在などもあり、一般には敬遠されがち。一方、デジタルプレーヤーや音楽配信は音楽を手軽で身近なものにしたが、その分音質が犠牲になっている面もある。 「音楽が生活の一部だという10代~30代が多いが、安直化していく音についてはあまり話題に上らない。若い世代のオーディオ離れは旧態依然とした業界のなれの果てだと自覚し、猛省している。ちゃんとしたオーディオで音楽を聴き、目の覚めるような経験をしてほしい」(my-musicstyle 実行委員会)
だったそうです。ゴモットモ!

あの。。正直申しまして僕も必要に迫られてオーヂオイヂリに手を染める以前は「オーヂオ趣味」ってマヂ近づきたく無かったですし、友人に「今オーヂオに凝ってて。。」とカミングアウト?するのにもちょっと躊躇しますもん。今でも。だいたい反応分かるし。。

メーカーはこのような努力をもっとすべきだと思いますね。その後も開催されているのかな? それとね、これはそのうち別の記事で書こうと思っているのですが、若い人にクラシックはもちろん過去の優れたロックやジャズをもっと紹介すべきです。今のFMは全く駄目。そすればオーヂオ装置ももっと売れるし、今の音楽のレベルも上がるし。。メーカーの責務でしょう。こいうのは。

僕は以前、音楽を聴くなら上等のCDラジカセくらいで十分だと思っていました。僕の経験からすると、同一価格帯のご立派に見えるコンポよりも、ちょっと上等の一体型CDプレーヤーの方がずっと「音楽」が楽しめました。しかしオーヂオイヂリをやってみて分かったのは、そのような装置では低音再生能力が致命的に不足しているという事です。おかげで、そのような装置を使っていた頃はベトベン様も交響曲はめったに聴かず、ソナタ系ばかり聴いていました。何度も言うように、どんなに小さな装置でも、本物のしっかりとした低音を再生可能な音楽再生装置が絶対に必要です。そのような装置が安価にアタリマエに存在しないのは大問題だと思うんですよね。しつこいですけど。。

という事で超小っちゃいのを最近作っているのですが、ベランダが暑くて作業がはかどりませんねん。。。。超小っちゃいですけど40Hz/-6dBは最低限確保できてるみたいです。いつできるんだか。。。

最近ブログ村に投票してくださる方が以前よりも多くて、5位くらいを安定してキープしています。ご協力有り難うございます。
今後も宜しく応援をお願い致します。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック