FC2ブログ
2009年05月15日 (金) | Edit |
ステレオってモノラルに比べて音楽を聴く上でそんなに優位性があるんでしょうか?

マイルスの古いモノラル録音盤を聴くと「別にステレオでなくても全然問題無いやん」と思う事があります。

Frieve Audioでは簡単にL/Rの信号ミクスできるので、今もステレオ録音盤をモノラルで聴きながらこの記事を書いています。モノラルで左右のスピーカーから同じ音を出すと、まるで正面のディスプレーから音が出ているような感じになり、全ての楽器が真正面に定位するのでかえって聴きやすかったりします 。つまり特定の楽器音に集中したい時に意識を空間方向へ移動させる必要がなくなるわけです (ベースってだいたい左右のどっちかに追いやられるのですが、モノにすると必ず真ん中に聞こえるので僕には好都合)。音の密度感もぎゅっと高くなります。真正面に置けるならスピーカーは1個でも構わないかも知れません。しばらくモノラルだけで聴いてみようと思っています。

242.jpg
Frieve Audioの「マトリクス」設定
L/Rの信号をミクスして両方のスピーカーへ出力
片方のスピーカだけに出力する事も可能

どうもステレオというのはモノラルに対して「無いよりは有った方がナンカエーントチャウ?」という程度のものの様な気がしてなりません。そんな事を言うとメーカーさんはアンプもスピーカーも半分しか売れなくなるので困るかも知れませんが。。。まあ過去に4個に増やすのに失敗しましたし、またなんとか増やそうとしている模様ですが。。。

だいたいステレオ録音というのは多数のマイクで収録したトラックをそれらしく2チャンネルにミクスダウンして左右に振り分けてるだけで厳密に音場を再現できるものではないですから、変なことしないで素直に混ぜちゃった方が良かったりして。。。。
モノ出力できる方はたまに試してみると面白いかもです。


お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村
関連記事
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック