FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年02月26日 (水) | Edit |
なんで偉そうなのか?の続編です。

今さら言うまでも無く、「オヂオマニヤは音楽ではなく音を聞いている」と昔から繰り返し言われてきた事でしょうし、僕も彼らの言動および行動の端々から強くそのように感じます。

彼らの多くは、別段音楽に強い興味があったわけではなく、装置(メカ、ブツ)への強い興味からオヂオ趣味に手を染めたのではないかと思われます。全般的に興味の重心は音楽よりも装置(ブツ)に大きく偏っていると言えるでしょう(CDやLPを何千枚収集していようがね)。僕自身、技術少年であった中2の時にその轍を踏みかけた事があるのでよく分かります。そして、オヂオザッシを読みふけり、オヂオヒヨロンカに強い影響を受けてしまうわけですが、その結果として、上等な装置を鳴らすために優秀録音盤を収集し、表現者の意図とは無関係な装置由来の音響現象の微視的/表層的違い(ソーチノコセー)をヒヨロンカのように微に入り細に入り聞き分け、ヨイオトをツイキュする事がすなわち音楽を鑑賞するエライ方法なのだと(聞き分けられないのはダミミでハズカシイ事なのだと)、すっかり勘違いさせられているように僕には見えます(これが業界の商業的戦略であったのかどうか?そこまで賢いようには思えないが)。しかし、それは「音楽をマトモに聴く」とは異なる趣味的な「オヂオ愛好行為」に過ぎません。

彼らの多くにとっては、「音楽を聞いていない」と言われる事は心外であり、何故そのように言われるのか、真に理解はできないかもしれません。音楽を聞くにはまず音(空気の振動)を聞くのが当然ではないか。。。。と。何故理解できないかというと、そもそも意識の置き所(焦点)あるいは拠って立つトコロが根幹からグルッと180°異なるからです。つまり、装置自体に強い興味を持つ以前に、オヂオザッシやオヂオヒヨロンカの影響を強く受けてしまう以前に、自然かつ自発的に自分なりの価値観で音楽(自分は何が好きなのか?)を選択して自分なりの方法で夢中になって大好きな音楽を聴くという極めてアッタリマエの経験を不幸にして十分に持たなかったからです(オヂオザッシに書かれている偏狭な音楽の聞き方しか知らない、タブン)。

以前にも何度か書いたように、そんな彼らと言えども、彼らのような再生音楽の聞き方が、音楽家達の再生音楽の聴き方から乖離しているという事は認識できるようです(実際には、傲慢にも、音楽家が彼らから乖離していると、彼らは言う。さらに、音楽家達のそのような態度をオヂオに対して傲慢だと、彼らは言う。イヤハヤ)。しかし彼らは、その違いを専ら表現者と鑑賞者という立場の違いによるものだと都合良く解釈します(得意技デスネ)。すなわち、自分達こそが鑑賞者を代表する者達であると(これがエラソーの根源デショ)。しかし、僕に言わせれば、彼らが乖離していると言う音楽家達の再生音楽の聞き方は、僕自身を含め僕の身近にいる非オヂオマニアの普通に音楽を聴いている人達と基本的に同じです。オヂオマニアの方が乖離しているとしか見えません。彼らの言う「マトモに音楽を聴くなら最低ヒャックマンエン」の「マトモ」が全く「マトモ」ではなく、彼らが乖離していると言う音楽家達の聴き方が全く「マトモ」であるように思えるという事です。

余談になりますが、以前の記事で紹介した小澤征爾さんや矢野顕子さんのソーチだってせいぜい20万ソコソコですよね。以前から言っているように、技術的内容から考えてそのへん(家庭用液晶TVの価格レンジ)がリーズナブルな上限だと思います。

彼らが同好のコミュニティの中だけで世間一般に干渉する事なくやる限りにおいてはヒャックマンエンでもヒャックオクエンでも何をどう聞こうが何も問題アッリマセン。好きでやっている「趣味」ですから。しかし、彼らのやっている偏狭な価値観に基づく「オヂオ愛好趣味」が一般のオーディオ技術に余りに強く影響してきた事、そして未だに影響している事は問題だと思います。そして、音楽とはそのように聞くのが偉くて、クラシックは偉い音楽であり、そのように聞かなければならないのだといった偏狭な認識が、一般に(特にこれから音楽を聴き始める青少年少女達に)悪影響を与えてしまう事を僕は何よりも嫌います。また、真性理科系中学生であった頃にビトルズ体験をきっかけとして音楽だけでなく文学、絵画、写真をはじめとするアート全般への興味を一気に深め(世界観が一気に2倍に拡がり)、おかげで今まで多くの楽しみや歓びを得てきた僕としては、我々人間に最も直接的に働きかけ得る表現手段すなわち「音楽」を大衆へ伝達するという極めて重要な役割を担うオーディオ技術が真に真っ当であって欲しいと強く願いまする。ホンマニ。だからシツコイ。

追記
最初は音楽をよりよく聞きたかっただけなのに、オヂオザッシとかショップのオッサンとか周囲のマニヤ達がやたらエラソーに言うので、そう思い込まされて、なんか変だ変だと思いながらも例のツイキュとやらを今まで長年にわたってやって(やらされて)こられた方も多かろうと思います。今一度、自分自身でよく考えてみてください。「自分」はどう思うのか、「自分」で考える事が何よりも重要です。そうして、「自分」の大好きな「音楽」を「自分」なりに存分に楽しんでください。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2014年02月22日 (土) | Edit |
約5年前、必要に迫られて、それまで全く興味のなかったオヂオを取り巻く状況を覗いてみて、大いなる違和感を覚えたというか、全く呆れたわけですが、オヂオ趣味って他の趣味に比べてなんだか「エラソー」にしているなぁ。。という感想も持ちました。

なんなんだろう、この「エラソー」な感じは? 大型家電量販店のオヂオコーナーの店員のオニーサンですら、他の店員さんに比べてなんだか態度がエラソーでした。TV売るのと何がチャウというのか? これぢゃぁ、専門店が「音楽をマトモに聴くなら最低ヒャクマンエン」といけしゃーしゃーと抜かすのも当然か?。その「マトモ」が僕には到底「マトモ」な聴き方とは思えないのですが。。。

どして?なんで?シュミノオーサマなの?王様?どこが?サイテーヒャックマンエンでお金を一杯払うから?それならスーパーカーマニアの方がもっと偉そうにしてても良さそうなものだが。。

通常、どの趣味分野でも「いやーお恥ずかしい。。とんだ道楽で。ポリポリ。でも、楽しいから、好きでたまらないからやってるんですよ。」的な雰囲気がそこはかとなく漂うものですが、どうもそのへんの感覚がオヂオでは異なります。
さまざまな分野のコアな趣味の人々は、自分達は特定の偏狭な(コアな、先鋭化した)価値観を共有する者の集まりであり、価値観を共有しない者からは隔絶している事を重々わきまえています。ソレハソレコレハコレをワキマエテイルという事です。オヂオ界における最大の問題は「オヂオ趣味」と「オーディオ」のソレハソレコレハコレが明確に認識されていない事であろうとは何度も書いて来ました。

このように感じるのは僕だけではないようで、アキバ系オタクさん達の板を見ると、彼らの間でもオーオタ(彼らはオヂオマニヤをそう呼ぶ)系の評判は芳しくありません。アキバ系オタクの世界は、非常に細分化されているらしく、例えばアニメ系オタクでも多数の系統(同人の会)に分かれるそうで、価値観の異なる別系統のオタクにはお互い干渉しないというのが彼らの不文律なのだそうです。普通「趣味」とはそいうものですよね。価値観を共有しない者には全く関係のない世界ですから。従って趣味の「王様」は存在し得ません。本人にとって最も楽しい趣味が、そのヒトにとっての「王様」です。ところが、オーオタはなんか偉そうに垣根を乗り越えて入り込んできて、自分達の価値観を押しつけようとするのだそうです(他人のソーチをけなす、アーシロコーシロという)。価値観を共有するオーオタの同人の中だけでやっていれば良いものを。。。。なんとなく、その雰囲気分かります。僕にも。。。

また、オンガクセーとか、オンガクカノヂョーカンとかヂョーネンとか、カンセーとか、普通そうやたらとお気軽に使うには気が引ける、日常的に使うにはちょっと気恥ずかしく感じる言葉が、とってもお気軽になんだか便利に使われている事にも驚きました。。僕は、今でも気恥ずかしいので、ブログではカタカナ表記にしています。そして、それらの文言は、自分達のやっているコアな(偏狭な、先鋭化した)趣味的価値観を一般に向けて正当化しようと自分達に都合の良いように用いられる事が多いように見受けられます(「マニヤは音楽ではなく音を聞いている」とよく言われる事への反動なのでしょう。きっとね)。これは自分達のやっている事がソレハソレコレハコレのソレである事を認めたくないという態度とも受け取れます。なぜ、他の趣味のように、それを受け入れようとしないのでしょうか?「趣味」とはソモソモそういうものなのに。

また、そのような彼らの言葉の端々には、音楽あるいは音楽家に対する傲慢さが見え隠れし、ドキッとさせられる事も多々ありました。このような傾向は、彼らに強大な影響力を持つオヂオヒヨロンカ(オヂオヂャナリズム)に因るところが大きいのでしょう。彼らヒヨロンカは実際には「オーディオ」評論家ではなく、「オヂオ趣味」ヒヨロンカに過ぎません。本来の用途である音楽ではなく装置側に価値観の重心を置くオタク代表という事です。そのような価値観を象徴するのが「レコード演奏家」という言葉でしょう。「家庭音響技師」とかいうなら納得できますが、「レコード演奏家」という言葉には音楽および音楽家に対する傲慢さが見え隠れします。誰かがそのような言葉を真顔で使うのを見ると、かえってコチラが赤面してしまいます(聞いてるこちらがなんか恥ずかしくなる)。最近は言うに事欠いてオヂスト(audist)と言っているそうです。ピアノの演奏家はピアニスト、バイオリンの演奏家はバイオリニストだから、レコード(オヂオ)演奏家はオヂストという論理なのでしょう。ところが、この単語の本来の意味は

audist
【名】聴覚障害(者)差別主義者◆【参考】audism

だそうです(英辞朗)。なんだか絶妙なギャグですよ、これは。賤しくも大衆に広く影響を及ぼすプロフェッショナルとして、このナイーブさ(ドッシロート臭さ)は如何なものでしょうか。これはもっとハズカシイ。。。。

僕は決してオヂオ趣味を否定するつもりはありません(だって他人の「趣味」ですから)。しかし、それはあくまでもコアな偏狭な価値観に基づく「趣味/道楽」であり、ソレハソレコレハコレのソレである事を、やっている本人達と周囲がしっかり正しく認識していない事に問題があると考えます。それが明確に認識されるのであれば、ナンニモ問題はアッリマセン。だって「趣味」ですから。

例えば、鉄道界における鉄道趣味の存在は健全であるように見えます。一般からもすっかり認知され、今や老若男女を問わず、多くの人々がそれはそれは様々な形態で素直に自由に鉄道趣味を楽しんでいます。彼らは「オトハヒトナリ」とか「ツイキュ」とか大層な事を言いません。なぜならば、一般に対して自分達の価値観を正当化しようなんて微塵も考えないからです。彼らは一般鉄道利用者よりエライとかジョートとかコーキュなんておくびにも考えないでしょう。鉄道が大好きで「自分」にとって「楽しい」からやっているだけ。趣味ってそういうものですよね。今、敢えて趣味の王様を挙げるならば、それは鉄道趣味でしょう。

お若いの。。オヂサン達は、オヂオ装置のブツとしての佇まいや質感に深い魅力を感じ、それをアレヤコレヤ組み合わせてイロイロ微妙に異なるように聞こえる(ような気もする場合もある)音で「音楽を鳴らす」のが楽しくて楽しくてしようがないからやっているのだよ。ただの物数寄さね。。だから、本当に音楽を聴きたいなら、オヂサン達のような事をする必要はなく(というか、しちゃぁイケネーよ)、マジメに作られた実用的な装置(それがナカナカ無いのが問題だが)でタクサンいろいろな音楽を聴いて、本当に自分が大好きな音楽を見付けなさい。。何も今オヂオをやるこたぁねぇやね。そうして、余程ヒマと金をもてあますようになったら、またオヂサン達のところに来なさい。そうしたら泥濘の世界に引きずり込んであげよう。。。。。ってな、お大尽のシブイオトナの趣味なら何も問題は無いのですがね。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2014年02月18日 (火) | Edit |
常識的に考えて、なんらかの変化があったとしても、その変化は極めて微小(ほとんど皆無、諸々の条件変動の中に埋没する、他にもっとオッキナ基本的問題がアル)であろうとしか考えられないような事象や商品に、材料費/製造工数/開発費/必要リソース(設備、人員等)から考えて常軌を逸している(その筋の資金源か?)としか思えないような金額を支払う前に、

「自分は」本当にメディアや先入観や思い込み(いわゆるプラセボ効果)の影響を受けていないかどうか、疑ってみないのだろうか?

「自分は」その金額を「自分の」果たした労働と照らし合わせて妥当であると思うかどうか、ちょいと冷静に考えてみようとはしないのだろうか?。

家族や知人にデンセンやソーチを交換してもらって、ちょいとブラインドで聞き比べてみようとはしないのだろうか?

ヒヨロンカやザッシの「ナンタラ換えました!カンタラカンがドータラに変わりました!」の影響がそんなに強いのだろうか?そいうのがオヂオだと、そいうのがエラクてジョートな音楽の聴き方だと洗脳されているのだろうか?このナイーブさ(論理や思考が欠落した盲目的な永遠のトッカエヒッカエ)は一体全体どうしたことか?やはり、この業界のヂャナリズムの貧困と偏向が原因か?世の中全体にこんな傾向が蔓延したら、と考えるとゾッとします。最近、その傾向が世の中全体で強まりつつあるように思えてなりません。それは恐ろしい事です。それは極めて危険です。

「お金の事を言うと下品」と思われる方も居られましょうが、こんな様相の方が僕にはよほど「下品」に感じられます。

追記1
技術屋の使命は、人々の幸福につながるより良い製品を、より多くの人々に、より安価に提供する事です。このため、どの業界でも技術者達は「コスト」(オッカネ)と血みどろの格闘をします。モノゴトの本質を見抜き、人々にとって何が重要で何が重要ではないかを正しく見極めて、シンプルに、無駄なお金や時間を掛けずに、より良い製品を安価に世に提供する事に精進せねばなりません。身勝手なツイキュの泥沼に陥らぬよう、常に自らを戒めなければなりません。人々の労働の対価である「お金」は大切です。ホンマニ。

追記2
特に物欲/収集欲の強い高度成長期世代は恰好の餌食です(ディアゴスチーニとかね)。定年後破産というのが最近多いらしいですから。見るからに不釣り合いな定年後風オヂサンがBMWのスポーツカとかを運転している姿を最近やたらと街で見かけますが、大丈夫なんだろうか?大きなお世話なのでしょうが、心配になります。。。定年後の海外旅行中毒による破産も多いと聞きます。。。。で、散々贅沢をしてあとは生活保護って、そらアカンでしょう。オトナとしてチョーローとして最低でしょう。犯罪です。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2014年02月16日 (日) | Edit |
今日は息子(高2)が愛用しているオヂオ装置をご紹介。

うちの運動馬鹿ムスコは、高校に入ったら練習が楽なオタノシミ運動部に入部し、掛け持ちで軽音の連中とも付き合って音楽をやろうとしていたようです。しかーーし、中学の先輩に誘われて、最も練習の厳しいアメフト部に入部。おかげでギターのかわりにプロテイン飲みながらウェイトトレーニングに励む高校生活を送っています。僕としては非常にザンネンですが、本人が決める事ですから仕方がありません(パパはがっかり)。

何を聴いているのか時々観察しているのですが、音源は専らスマホ+YouTubeのようです。以前はiPodを使っていましたが、最近は全く見かけません。スマホの普及によって、コンパクトカメラどころかPCまで苦戦を強いられていると聞きます。iPpodやWalkmanも同じでしょう。若い子達には、高度成長期オトコノコ的(オッサン的)な工業製品への異常な執着がありませんからね。テクノロジは道具として使い倒してナンボ。ロマンもノスタルヂもアッリマセン。極めて自然な時代の流れでしょう。ブツ(すなわち消費/生産活動)が減るのは良い事です。これからのヂダイは。

で、今回は彼が愛用しているオヂオ装置を紹介します。
41tnA5GwGgL.jpg
サンワサプライBluetoothステレオヘッドセット
MM-BTSH33W


SONY ワイヤレスポータブルスピーカー
SRS-BTV5

いずれも僕が「これならムスコも使うだろう」と厳選して買ってあげました。本当は、余っているAlpair6で作ってあげたかったのですが、「大きすぎる」「面倒クサイ」と一蹴されました。彼にとって重要なのは「小さいこと」と「デンセンが無いこと」。オンシツ?オンヂョ? ナニソレ?です。。。だよね。。。僕もそうだったし。僕が当時使っていたモノラル ラジカセに比べればずっと高音質だしね。とにかく多感な今は、オンシツやソーチなんかに大切な意識を消耗せずに「自分」が大好きな音楽をたくさん聞いて見付ける事が何よりも大事だよ。ウン。大切な時期だからね。今、それをしないとイケマセン。でないと、後々ツマラン悲しい事になる。

YouTubeでは洋楽(アメリカの最新ポップ系らしい)もよく聞いているようですが、彼のお気に入りはGoose house (詳しくはコチラ)というYouTubeを主な活動の場?としている日本のユニットです。
下は僕の一番のお気に入り。チョーチョーイーカンジ!

メンバーは7人くらい居るそうですが、僕はこの3人の組み合わせが好きですね。超楽しそう!ムスコも高校でアメフトやらなかったら、気の合う仲間とこういうのやりたかったんだろうな。。。という気がします。

最近、TVアニメ「銀の匙」のエンディングも謳っているとのこと。今後の活躍に期待したいと思います。

追記
このへんの装置が本当に重要です。これらの装置で全くアッタリマエに全く十分な音楽再生クオリティを提供できるようにならないといけません。それこそが技術屋の真の腕の見せどころです。無駄にコマケー事をドッコマデモツイキュしてヤッタラ高額なソーチを作るのがエライ技術ではありません。オーディオ装置とは、なにもオッチャンの趣味道楽ためにあるのではないという事です。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中



テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2014年02月15日 (土) | Edit |
最近は殆どのラジオ放送をインターネットで聞くことが出来ます。

エリア内の民放FM、中波、短波はradikoで聞けますし、NHK のFMとAMはらじる★らじるで聞けます。地域のコミュニティFM局も殆どがインターネットでも配信しています(アプリをダウンロードすれば世界中のが聞ける)。さらに調べてみると、海外からの日本向け短波放送の多くもインターネットで聞けるようです。

なので、ネットワークに接続したパソコンまたはスマホがあれば、ラヂオ受信機はほとんど不要だと言って良いかも知れません。ラヂオ受信機の強みは、地域のインフラに依存しない(遠方の設備から電波を飛ばす)ので、災害時に強いという事くらいでしょうか?

僕が普段ラヂオ受信機を使っている理由の1つは、ダイヤル1つで各種の放送を手軽に選局できる点にあります。ダイヤルをクルクル回してプリセット局を移動し、気に入った曲やアナウンスが聞こえたら、そこで止めるといった使い方です。これに対し、インターネットでは民放(radiko)、NHK(らじる★らじる)、その他のコミュニティFM局(局のサイトまたはアプリ)に別々にアクセスする必要があります。これらを例えばiTuneなり1つのアプリなりに全部プリセットできると便利だと思うのですが。。。できないものでしょうかね?

僕がラヂオを買った1番の理由は、海外からの短波放送を聞いてみたかったからです。今のところ中国、韓国、北朝鮮、台湾、ロシア、ベトナム、イランからの放送を実用レベルで聞けます(インドとモンゴルは一度も聞こえた事がない)。もちろん短波放送なので、ノイズも多いですし、受信状態は日によって異なります(電離層の状態が異なるため)。聞いている途中で突然聞こえなくなったり、逆に素晴らしくよく聞こえ出したりもします。最近知ったのですが、これらの海外放送の多くもインターネット経由で聴けるようです。このご時世、当然と言えば当然かもしれません。。。やっぱりラヂオ要らんヤン。

試しにイランからの放送をインターネット経由で聞いてみました(コチラ)。
当然クリアですし、放送時間に縛られないので、断然こっちの方が便利ですね。スマホ用のアプリも提供しているようです。これから精々利用しよ!

でもですね。。。深夜に遙か遠くから電離層に反射しながら空気中を青息吐息で飛んでくるノイズだらけの音に耳をそばだてるという行為には、インターネット経由でクリアな音を聞いたのでは絶対に得られない感慨があるのも事実です。オヂサンのロマンとかノスタルヂーですね。

そう言えば、当時ブームであったBCLが下火になった1つの理由は、デジタル選局方式(PLLシンセ方式)が導入された事にあると言われます。デジタル式だと、周波数を電話番号みたくピポパとデジタル値で入力するだけで正確にチューニングできるため、ダイヤルを微妙に動かしながら電波の海のなかから目的の局を探し出すといった楽しみが薄れるからです。なるほどね。。。

また、ノイズの少し混じった狭帯域のラジオの音には温もりや親しみが感じられます。僕も深夜放送やBCLを楽しんだラヂオ世代ですからね。。なんだか懐かしい。

結局、オヂオも同じですね。
放送の内容(情報)を聞きたいダケであれば、インターネット経由で聞く方が圧倒的に実用的です。ワザワザ苦労してノイズまみれの音を途切れ途切れに聞く必要はありません。でも、放送内容ではなく「ラヂオを聞く(使う)という行為自体およびそれに付帯する諸々の手間や不都合」を楽しみたい場合、それでは寂しく感じてしまうという事でしょう。

よくオヂオマニヤ達が、「ブツリトクセーだけではオンガクノカンドーをヒョウーゲンできない」と言いますが、僕は全く逆に感じます。だって、ブツリトクセーがソコソコ整っていれば、音楽家さんが実際にやらはった事(つまり本当のヂョーカンたらオンガクセーたらを全部含む内容)がより正確に明瞭に楽に自然に違和感なく感じ取れるからです。それ以外に、ホンマの音楽家さんのヂョーカンたらを知る由はアリマセン。そのように聞いた上で、そこから何を感じ取るかは、それこそリスナの感性次第です。インターネット ラジオで聞いた明瞭な音声情報から何をどう解釈するかはリスナ次第。。。なのと同じ。苦労して短波受信機で聞いた方がエライわけでもアリガタイわけでも全く全然アリマセン。デスヨね。

上のマニアの言は、「オヂオ装置を聞く(あるいは鳴らす、使う、イヂル、買う、集める、比べる)という行為自体を楽しむ」上ではツマラナイという事なのでしょう。行為そのものに含まれるノスタルジーやロマンを味わえないという事です。彼らがよく言う「オンガクノカンドー」って、専らそちら方面(オヂオ装置を使ってオンガクをネタに音を鳴らすカンドー)の事を言っているように僕には思えてなりません。ドデショウカ。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。