FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年12月31日 (火) | Edit |
さて、今回は、大胆にも、般若心経の「色即是空」をハチマル流に技術屋的に解釈してみます。

[色即是空]
現世に存在するあらゆる事物や現象はすべて実体ではなく、空無であるということ。
▽仏教語。「色」はこの世のすべての事物や現象。「空」は固定的な実体がなく空無であること。


森羅万象は一時たりとも留まらぬ波動であると書きました。波は常にゼロ点を中心に+側と-側に振れます。僕が前の記事で書いた「ニュートラルな状態」とか「フニャーーーー」の状態とはゼロ点の状態と見なす事ができます。

ゼロではない状態とは、バネが縮まった(または延びた)状態とか、+または-の電圧がかかった状態と考える事ができます。つまり「ニュートラル」または「フニャーー」の状態に対して「ポテンシャル」または「ストレス」が発生した状態です。

「僕達が五感で認識できる現象」「現世に存在するあらゆる事物や現象」つまり色即是空の「色」は、このように一時たりとも留まらずに変動するポテンシャルまたはストレスによって顕在化する。。。とハチマルは考えます。そして、そのように僕達には明らかに顕在するように見える現象も、実はゼロ点の前後で振動しているだけですから、平均化するともともとのポテンシャルはゼロ(「空」)やん。チャンチャン。。。。

というのがハチマル流「色即是空」の解釈です。自分を常時完全にニュートラル状態に制御する事ができれば、森羅万象は消え去ってそいつはもうニルヴァーナ(「吹き消すこと」「吹き消した状態」)ってやつですかね。

これらのポテンシャル変動は様々な要因(僕達に知る由もない神さんとか宇宙の都合とか趣味かな?)によって発生しているのでしょうが、そんなに揺らさんといてチョーダイとお願いしたいトコロです。また、。。たしか仏陀は、神さんの都合まで知る事はできないし知る必要もない。。と言っていたような気がしないでも無いような。

以上は、ハチマルの技術屋頭で考えた事(概念知)に過ぎません。瞑想にせよ何せよ、本当の目的は、そんなような事を頭ではなく純粋な直観で心底から「ア、ソーナノネ、フムフム」と納得できるようになる事(直接知)でしょう。それは難しい。。。そんなんできたら仏陀ヤン。

という事で、良いお年を!

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト
2013年12月30日 (月) | Edit |
前の記事が中途半端に終わってしまったので誤解を招くかも知れません。瞑想中に前の記事に書いたような事をイメージしろ。。という事では全然ありませんのでご注意ください。

という事で、今回は前回の補足です。

前の記事で、森羅万象は様々な周期が重なりあった、一時も留まらぬ「波動」(ムゲンノフーリエキュースー)だと書きました。もちろん、僕達自身もあらゆる面で常に変動しています。刻一刻と老い続けて「死」に近付いておるわけですしね。一時たりとも同じではアッリマセン。しかし、自分の事なのに、この変化に気付かず、それまでの習慣や外的因子(巷の情報や他人の言う事等)に引きずられてしまいがちです。僕の実体験で言えば、基礎代謝量が加齢と共に低下しているのに、習慣として以前と同じ食事量を摂取し続けたために太った。。。とかね。肥満というのは、ストレスや外的因子によって自分の身体の要求が全く聞こえなくなっている状態ではないかと思います。ヨガがダイエットに効くというのは十分に考えられます。僕自身、別にダイエットを心掛けたわけでもないのに、気が付くと3kg減りましたからね。。。。

今の時代、僕達は巷に溢れる情報(とりわけ情報提供者の利潤のツイキュを目的とする一方的な(バイアスのかかった)情報、はやいハナシが殆どは巧妙に仕組まれたコマーシャル)に翻弄されています。ヂャナリズムだって利潤ツイキュ機構に組み込まれた一員ですから、全然信用できません。過去のジャナりズムには存在したであろう信用に足る倫理観念(自分のオッシゴトに対する誇りや自負)が組織の利潤追求の前に屈しているのが現状のように見えます。

そんな情報が溢れる中、TV番組でアレが美味しいと聞けば行列を成して喰らいに行き、それが「オイシー」という事なのだと納得し、ケータイで写真撮ってオイシカッタと満足する。。。。自分にとって何がオイシーのか?すら分からぬようになってはいないでしょうか?

ヨガや瞑想とは、「自分」をそのような外的影響から「一時の間」解き放ちニュートラルな状態に戻すといった行為であろうかと僕は考えます。難しく言えば「自己の本質、真の自己に立ち返る」、簡単に言えば「自分自身と相談する」という事です。「自分」にとってホンマニエー状態とは何なのか、「自分」は一体全体ナニヲノゾンデイルノカ。。。とね。

とはいえ、瞑想から覚めれば、ガンヂガラメの現実の世界で生きて行かざるを得ない事に変わりはありません。この禄でもない世間と折り合いを付けねばならぬという事です。とりあえず目の前のオッシゴトを片付けないとね。オッシゴトを。。。トーチャン頑張らねば。。

今の時代「ソレ」を知ってしまう事は、かえって生き難い事なのかも知れません。与えられる情報(宣伝)を盲目的に受け入れて盲目的に消費し、と同時に盲目的に生産(オッシゴト)して盲目的に他者の消費を煽る(これをハチマル用語で「人間の自動生産消費機械化」と言う、ホントはマルクスさん用語かもしれない、で、誰が得するのか?ヨック考えてみよう)。で、暇な時はバーチャルの世界に逃避して鬱憤を晴らす。事あれば癒しイヤシと賤しく癒される事を求める。。。その方が楽と言えば楽でしょうが、そんなんでエーワケガアリマセン。デスヨね?少なくとも僕はゾッとします。

こいう時代だからこそ、束の間の瞑想でも良いから「ニュートラル」に立ち返る事がとってトッテモ大事なのだと僕は思います。電車の中で老若男女を問わず殆どのヒトがモバゲーやメールをやっているようですが、せっかく「ボーーーーーー」とする絶好の時間を無駄にしているように思えてなりません。ナーンモ考えずにアホみたいに「ボーーーー」は、ハヤイハナシ瞑想と同じです。ケータイが普及する以前の人々は、今よりも「電車でボーーーー」から無意識に貴重なものを得ていたのではないかと思います。さらに昔のヒトは雲や星を見上げて「一時ボーーーーー」とする機会が今よりもずっと多かったはずです。みんななんとなく瞑想していたという事です。貴重な束の間の「電車でボーーーー」の時間まで広告媒体(他者の利潤追求行動)に身を捧げる必要はないでしょう。チャイマッスカ?

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
2013年12月29日 (日) | Edit |
今回もオヂオではなくヨガ関連のオッハナシ。スイマセン。。

瞑想によってヒトはナニを観じるのか。。。ちょっと難しいオハナシになるかも知れませんが、現時点での僕の想うところをなんとか書いてみます。例によって、僕の実体験と思考に基づく全くの独断的、直感的、ファージー的洞察です。

で、今回のキーワードは「諸行無常」。

森羅万象は様々な周期が重なり合って変動し、決して留まる事はありません。つまり「諸行無常」というやつです。日本人は「諸行無常」という言葉に独特のセンチメンタリズムを持ちますが(平家物語や、桜。。素敵だと思います)、これから書く諸行無常にオセンチさんが入り込む余地は全くありません。

Imagine - イメージしてみよう
イメージを易しくするために、陸地の無い海だけの地球を思い浮かべてください。水の惑星です。

この海を新羅万障(宇宙)と考え、この惑星上のある1点をとりあえず宇宙の中の「自分」と考えてみます(本当は個人なんて1つの水分子にも満たないと思うのですが、とりあえず。。。)。この1点における水位は、周囲と影響し合いながら、極論を言えば海全体と影響し合いながら(だってゼンブ繫がってるんダモン)、常に変動します。チャプチャプ ザブザブと一時たりとも留まりません。

1点の運動が海全体に影響しながら、また逆に海全体が全ての点に影響しながら、その変動周期は短いのから長いのまで様々に重なり合っています。分子レベルの振動から、チャプチャプというさざ波、気象現象(低気圧や風等)による変動、他の天体との引力(特に月)による変動(潮汐現象、1月または1年あるいはもっと長い周期の変動)、氷河期/間氷期による変動(数ヒャクマンネン!)等、その周期は長いものから短いものまで様々です。最も長い周期は、煮えたぎる溶岩の固まりであった生まれたての惑星が冷えて海が形成され、太陽活動の衰えによって完全に凍ってしまうまでのサイクルと考える事ができます(トリアエズね)。ハチマル用語では、これらを「ムゲンノフーリエキュースー」と呼ぶ。

で、短い時間スパンで見ると、海の1点である僕達個人は、周囲(卑近に言えば社会、極論を言えば宇宙全体)と関わり合いながら今この瞬間チャプチャプ、ザブザブしたり、大波に翻弄されたり、一時たりとも留まらず忙しい限りです。目がまわりそうですね。でも、ある時間で平均化してみると、細かい変動は消えて緩やかな大きな変動を観じる事ができます。観じる時間スパンを長くすればするほど、大きなウネリが見えてきます。これが歴史観というやつですね。セーヂカにとって、これは非常に重要ですが、ハテサテ。。チャプチャプしか見えてないよね。。。目の前のケーザイセーチョしかさ。。ケーザイがどこまでもセーチョし続ける事など絶対にあり得ない(最早そーゆーフェイズではないし、ソレを強行すれば世界のドコカが必ず損害を被る - つまりサイクルと繋がり)とは観じないのか?。。これをハチマル用語で「オッサン」と呼ぶ。

とハナシが逸れそうなので、今回はココまで。次回に続く。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
2013年12月27日 (金) | Edit |
今までの記事に書いたように、ヨガの肉体面(健康面)における効果に疑いの余地は無いというのが、僕の実体験を通した結論です。冷え性が治まり、悪玉コレステロールは下がり、体重もベスト状態に戻り(脇腹もスッキリ!)、お肌もスベスベです。さらに、気になっていた顎の下(首)の皮膚のタルミも明らかに改善されている事に昨日気が付きました。

「健康」(肉体)面での効果という意味では、ヨガで体感できた効果はランやスイムで体感できた効果を遙かに超えています。畳2枚程のスペースがあれば何時でも何処でもできて、道具は基本的に不要(マットは欲しいけど)、怪我のリスクなし。施設に行ったり道具を揃えたりする必要もありませんし、オウチでやるならスッポンポンでもできるのでウェア類も不要です。お金かかりません。事実上タダです。タダ。

女性だけのものにしておくのは実にモッタイナイ。家族を養うという重圧を背負い、仕事に追いまくられ、社会や世間というシステムに縛られ、「自分」を抑えなければならない度合が強いオトーサン達こそ、ヨガを通して「自分」とゆっくりオハナシする時間を持つべきだと思います。僕はオヂヨガを強く推奨します。

例によって、ヨガについてチョイと調べてみました(知識はいつも実践の後から。。。がハチマル流ですね)。肉体面で明らかな効果を持つヨガですが、「ヨーガ」とはモトモトは解脱のための方法として遠い昔(紀元前)にインドで開拓された宗教的実践の事であり、現在の我々がヨガと呼んでいる一種の体操は、それを実践するための手段(瞑想のための手段)の1つであったと言われます。「ヨーガ」とは「結び付けること(宇宙と?カナ)、支配すること(自分を?カナ)」を意味するサンスクリット語に由来し、ヨガを実践する目的は「自己の本質、真の自己に立ち返るために覚醒を果たす事」にあるとされます。フムフム。。。奥が深い。。。

前の記事で、僕が「自分と相談しながらやる事」が大切であり、「他者との相対的な評価(競争)は愚の骨頂だ」と書いたのも、大きくは外れていないかもしれませんね。外的な情報や刺激や習慣に惑わされずに「自分」にとって何が真により善き状態なのか?「自分」は真に何を欲しているのか?を感じ取るための訓練なのかもしれません。

そう言えば、最近食事量が明らかに減りました。たったこれだけの量で体重を全く維持できるんだ。。。と少々驚いています。昨年、体重が増えたという事は書きましたが、これは、年齢と共に基礎代謝量が低下しているのにも関わらず、それまでの習慣に引きずらて同じ量を食べ続けていたからだと思われます。身体の真の要求よりも習慣が勝っていたという事です。

さて、瞑想法としてのヨガですが。。。
洋の東西を問わず、古くから様々な瞑想法が開拓されてきました。日本の禅もその1つですね。でも、目を瞑って座っただけではナカナカ無念無想の状態にはなれません。このため、厳格に決められたあるイメージを一心に頭に浮かべる方法や、イメージを助けるために絵(曼荼羅絵図等)を使う方法等が用いられてきました。

これらとは別に、「肉体」を積極的に使う方法もあります。ヨガもこの系統ですね。インドでは様々な命懸けの苦行が行われたようです(手塚治虫のブッダを読んでみよう)。日本の山伏達の修行(滝行等)や比叡山の千日修行等もそうですね。肉体を酷使する事で無念無想の状態に近付こうというアプローチです。ランニングハイもこれに近い状態だと思われます。肉体を酷使すると、脳内にモルヒネ同様の効果を持つエンドルフィン(脳内麻薬)が生成されると言われ、これを利用して瞑想状態を誘発しているのかもしれません。サイケ(ヒッピー)ムーブメントでは、LSDを使った「インスタント禅」なんてのもありました。

自分の身体と相談しながら「ちょっと痛いけど気持ち良い」という絶妙ポイントでストレッチやヨガをやると、すぐに頭がフワーーー(あるいはフニャーーーー)として、メッチャ気持ち良くなります。エンドルフィンが相当量分泌されているのかもしれません。以前にも書いたように、僕はこの状態を「過去も未来も頭から消し飛んで今現在この刹那だけに集中している状態」と感じます。「今でしょ!」ってやつですね。ですから、ヨガが瞑想のために編み出された手法であるという事は容易に理解できます。

まぁ、難しい事はさておき、とにかく気持ち良いですし、ランニングのようにシンドクないし単調ではないので、長く深く集中できます。最近ちょっと中毒気味。。。

記憶する限り、ランニング中にこのようにハイになった事はありません。足が怠い、息が苦しい、あと何キロ?、今何km/分くらいかな?、そろそろカロリーを補給しないと、フォームはOKかな?、このペースでチャブスリーは無理かな?等々。。考えながら走るので、ハイになってるヒマがなかったのかも知れませんね。。。。

では、ヨガによって精神的に何らかの効果が得られたか? 穏やかな賢いヒトに近付いたか?というと、全然ヨックワッカリマッセン。もっと時間が必要でしょうね。厳しい厳しいウチの奥さんに「アンタ最近オトナになったわね」と、何時の日か言ってもらえるようになれば、効果があったと言えるかも知れません。。。。そうなると良いなぁ。。。ウン。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
テーマ:ヨガ
ジャンル:ヘルス・ダイエット
2013年12月24日 (火) | Edit |
これからヨガを始めてみたいとお考えの方々に、例によってハチマル独自の体験に基づく独断的アドバイスをば。。。

スポーツジムに通っている方なら、必ずヨガの初心者クラスがあると思いますので、そこから始めるのが良いと思います。そうでない方は、本屋さんで入門書をなんでも良いから1冊買って始めましょう。本屋さんでは、ヨガの本は「スポーツ」のコーナーではなく「女性の健康」(ダイエットとかマタニティとかの)コーナーに置かれている事が多く、オッサンが買うにはちょっと勇気が必要です。勇気のない方は、奥さんなり彼女なりに買って貰いましょう。僕も奥さんに買って貰いました。

インターネットも参考にしてください。
YOGA.JP
ヨガのポーズ大全集
ヨガポーズ大百科

で、やってみると分かると思いますが、身体が硬いオッサンには基本的なポーズですら容易にはできません。数年前は僕もそうでした。ジムのヨガクラスに2回ほど参加した後は、ヨガの事なんかすっかり忘れて、普通のストレッチを丁寧にやっていました(長い時で1時間くらい)。身体が柔らかくなるにつれて「アレ、ヨガっぽいポーズもできるじゃん!」と気づき、それから徐々にヨガのポーズをストレッチに採り入れるようになりました。

最初は余りポーズに気を取られずに、気長に柔軟性を高める事に努めると良いでしょう。ただし、絶対に力任せにやらない事。ジムでも空手とかやっている方は、激痛に堪えながらウンウンと力任せに又割りをやっていますが、目的が違います。重要なのは「気持ち良い」曲げ方を自分の「身体と相談しながら」覚える事です。実は、ストレッチって凄く「気持ちの良い」行為なのです。仕事に疲れた時にウーーーーンとノビをすると、ハーーーって気持ち良いですよね。あれと同じ。アレを、身体のイロイロな部位で集中してやれば良いわけです。「ちょっと痛いけど気持ち良い」という絶妙なポイントを、自分の身体と相談しながら探る事が重要です。この「気持ち良さ」が分かると、1時間くらい平気でストレッチを続ける事ができます。

ストレッチでもう1つ重要なのは、「呼吸を止めない」事です。「気持ち良く」ストレッチをやっていれば、意識しなくとも自然と呼吸は深くなります。また、息を吐きながら曲げると深く曲がる事に気付くはずです。吐ききって深く曲がった状態を維持し、次に息を吐く時にさらに深く曲げる。。といった具合に、呼吸と連動する事で気持ち良く曲げを深める事ができます。これを続けていれば、ヨガで重視される呼吸法も自然と身に付きます。

ヨガでは、基本的に鼻だけを使って複式呼吸を行うわけですが、最初は余り意識する必要はないように思います。「気持ち良く」やっていれば、自然と呼吸は深くなるからです。余裕があれば、鼻だけで呼吸すると良いでしょう。鼻腔は口腔よりも空気抵抗が大きいため、自然と横隔膜を大きく使うようになります。「横隔膜」が動くと内臓も動きます。つまり、正しい呼吸でヨガやストレッチをすると、お腹の中(内臓)まで積極的に動かす事になります。これも健康に良い効果をもたらす1つの要因ではないかと思います。

「柔らかくなる事」や「難しいポーズを完成させる事」が目的ではなく、「自分の身体と相談しながら気持ち良くなる事」が最大の目的である事を念頭に、気長にやる事が重要です。様々なポーズは、それをより深めるための「手段」に過ぎません。オヂオでも何でもそうですが、手段と目的を明確に認識する事が重要です。

気長にやっていれば、日々確実に身体は柔らかくなりますし、身体と相談できていれば、昨日よりも今日の方がほんの少しだけ深く曲がったり上手にポーズを取れるようになっている事を自覚できるはずです。苦痛に耐えながら無理矢理曲げては決してなりません。それは愚の骨頂です。なぜならば「気持ち良くナイ」からです。それでは、一体全体何のためにやっておるのか分かりませんし、長続きしません。最悪の場合、身体を痛めてしまいます。

ヨガクラスとかヨガ教室に参加する場合、重要なのは他のヒトと比べない事です。これも愚の骨頂です。上手とか下手とか、たくさん曲がった方がエライとかでは全く全然アリマセン。ヨガはお稽古事でもスポーツでもアリマセン。他のヒトと競争するのは最も愚かな行為であると言えるでしょう。ですから、基本動作さえ教わったら、後は1人でやるのが良いのではないかと僕は思います。「自分と相談する事」が重要です。

そのように気長に続けていれば、誰でも徐々に、出来なかったポーズが「自然と」出来るようになります。上手にできないポーズばかりを繰り返し練習しても効果は上がりません。何故ならば、必要な柔軟性、平衡感覚、筋力といった基本能力がバランス良く備わらなければ絶対に上手には(つまり気持ち良くは)できないからです。基本能力は徐々にしか向上しません。ですから、僕は、うまくできないポーズでも2回までしか練習しません。3回以上練習しても、それ以上うまくできた試しがないからです。これも、昨日よりも今日と、少しずつ確実に(ホンマに確実に)上手にできるようになります。

お試しアレ。。。

追記
以上は、僕の実体験に基づく全く独断的アドバイスです。専門家がどう言うか知りませんが、何処の誰が何を言おうが、それらは参考にはなっても、結局は「自分」で深く考えながら、アレコレ試して失敗してみるしかアリマセン。これはヨガに限らずオヂオでも仕事でもなんでもそうです。たとえそれが世間で認められた権威であったとしても、ヒトの言う事を鵜呑みにしては決してナリマセヌ。だいたい、ソレヂャ、楽しくないでしょ。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中


インド?のオッサンのヨガ

女性のヨガは見た目の美しさを重視する傾向が見られますが、オッサンのは実用一点張りです。これくらいは、僕にも遠からずできるようになる気がします。かな?
これ、僕の教科書にしよ。。。

僕はコレ持ってる

テーマ:ヨガ
ジャンル:ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。