--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年03月25日 (日) | Edit |
オーディオ的ネタは出尽くした感ありです。ZAPバス君の天井の穴ボコは、適当な板を置いて、上から重しを載せて塞いだ状態で使っています。きちんと塞いで、外装を仕上げようと思うのですが、重い腰がなかなか上がりません。このままでもエーンチャウ?ってね。。。今日は作業するかな。。

さて、僕は数年前にカナル型イヤフォンで音楽を聴いてみて、今まで真っ当に音楽を聴けていなかった事に気付き、LEANAUDIOトライアルを通して真っ当に音楽を聴けるスピーカシステムを開発しながら、学生時代から散々聴いたコレクション全体をもう一度聴き直してきました。

当初は、コレクションの全てを片っ端に聴き直し、新たなジャンルの曲を聴いたりもしましたが、最近になって、それらも再び淘汰されつつあるようで、繰り返し聴く曲がかなり絞られてきました。そのへんについて、何回かに分けて書いてみたいと思います。

今回はクラシックについて。

いろいろな作曲家の作品を改めて聴いてみたのですが(CDは結構持っている)、学生時代と同様、結局ほぼベトベンのみに淘汰されてしまいました。他にはバッハの無伴奏チェロを聴くくらいでしょうか。モーツアルトにも再挑戦してみたのですが、聴いているとイライラしてきて全く受け入れる事ができませんでした。なんていうか、ベトベンのように人物そのもの(俺様)が見えてこないというか、「音楽」にしか聞こえないというか、ムカシの音楽というか、「音楽」をインターフェイスとしてその先にアクセスできないというか。。。。僕の望む「音楽表現」では全く無いという事だと思います。一生無理かもしれません。その他のクラシック作曲家についても、同じような感じで、良く出来ているのでしょうがなんかムカシの「音楽」にしか聞こえなくてツマンナイですね。ただし、バッハだけは「音楽」を純粋に「音楽そのもの」として素直に聴けそうな気がする(要らぬ事をしていない)ので、もう少し探求してみようかとは思います。

高校生の頃に、親父のクラシック コレクション(親父殿はモーツアルト、ブラームスあたりを良く聴いていたと記憶する)を一通り片っ端に聴いてみて、ベトベンだけはカッコイー、ベトベンだけは飛び抜けて特別だと感じ、それ以来、クラシックは殆どベトベンしか聴いてこなかったハチマルです。最近になってなんとなくその理由が分かるような気がします。ベトベンは、現代のアーチストに非常に近い意識を持って「表現」に取り組んでいたのではないかと。。この点で、他のクラシック作曲家とは全く異なっているのではないかと。。であるからして、現代のロックやジャズと同様の意識で聴けるのではないかと。。

説明するのは難しいのですが、ベトベンは、「全人類、全宇宙を相手にたった1人で敢然と立ち向かう俺様」として「そんな俺様に見える世界を見てみよ」と、「音楽作品」を「俺様を表現するための手段」として明確に意識した最初の人物、つまり現代的な「芸術家」の始祖と言って良い人物ではないかと僕には思えて仕方ありません。事実、ベトさんは当時としてはかなり過激なアナーキスト(無政府主義者)でロッケンローなお方だったようで、交友のあったゲーテなんかは相当度肝を抜かれた(というか嫌悪した)ようです。貴族達の前で堂々と共和主義を称えたりとか、全くロッケンローですよ。まるでジョン君だね。。。貴族達は、ま、ベトさんだけは仕方ないか。。。と黙認していたとか。。。カッコエーなぁ。。ホンマニ。これぞゲージツカですよ。芸術家というものを一切の権威から全く自由で独立した存在として明確に自覚し、何物も恐れずに堂々とそれを主張した、当時としてはブットビ先進的でロッケンローな人物であったと言えましょう。あの時代、それで良く追放されなかったものだと驚かされます。ゲージツは何物にも屈さない無敵の存在だ!という事ですよね。ベトさん?

基本的に現代的芸術家は全てから完全に自由な一個人として、その作品を通して全宇宙に対峙するヒト達なわけですから、無政府主義者的(反体制ではなく自然と無体制になる、一切の権威や慣例を無視する)なのは当然です。カッコエーなー、、ベトさんて。。。というふうに、僕は彼の作品を通して、そういうベトさんの精神を感じているのではないか。。。また、そんな彼であるからこそ、僕にはジャズやロックと同じように聞こえるのではないか。。だから表層的には心地良くない面(なんというか死の臭いを感じさせるドロドロ感、これが皆無だとゲージツは全くツマラナイ)があるのではないか。。と最近考えています。

最近、全集を買ってからは、第9以降の作品(主にピアノソナタ、弦楽四重奏)をよく聴くようになりました。というか8割方後期作品を聴いています。ベトさんは第9でベトベン節を完成させたと思うのですが、以降の作品は大きく赴きが異なり、非常に現代的ですらあります。ノダメに言わせれば「ベトベンのくせに(らしくない)」というヤツですね。全く凄いお方だと思います。死ぬ瞬間まで全く衰える事なく新たな境地に向けて進化し続けた芸術家なんて人類史上極めて稀ではないでしょうか。

あの進化の権化マイルスですら、60年代の第2期クインテットで頂点を極めた後、電化以降は精彩を全く欠き、実質的に破滅へと向かいます(ジャコと違って生命力が強いのか生きながらえて再帰したが、ハチマルには全く興味がないし、聴きたくもない)。ジャコなんかとっとと破滅しちまったし(その方が芸術家として幸せかもね)。。。それに引き替え(というか比べるのも畏れ多いが)ベトベンは偉大過ぎる。だからハチマルにとってブッダ、キリスト、ベトベンが3大偉人なんですよ。。もう半ば宗教ですね。

その他のジャンルについては、別の記事で書きたいと思います。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:音楽的ひとりごと
ジャンル:音楽
2012年03月12日 (月) | Edit |
昨日3月11日、NIKEが東日本大震災被災地への支援として粋な事をやってくれました!

3月11日にNIKE+(走行距離を記録する装置)を付けて走った時の記録データをNIKEのサイトにアップロードすると、1kmあたり500円を被災地に寄付できるというイベントです(コチラ)。なかなか粋でスマートな企画だと思います。NIKEはスポーツを通じた長期支援活動「All for Japan」を実施しており、今回のイベントもその一貫とのことです。

で、NIKE+は既に持っていたので、昨日は張り切って30kmを走りました(1万5千円てことですね!)。20km程度なら、たまに走っているのですが、30kmは5年ぶりでしょうか。ほとんど歩かずに最後まで「恰好だけ」は走り通しましたが、25km過ぎてからヘタレてしまい、フラフラの状態で帰り着きました。「1kmで500YEN」がなければ絶対にこんなしんどい目をして走ったりはしないでしょう。

コースは、近所の仙川公園から等々力渓谷までの片道約14km。これにスタート地点の自宅から仙川公園までの距離と仙川公園からゴール地点のスポーツジムまでの距離を合わせると、丁度30kmになります。
NIKE4.jpg
仙川沿いに9km走って、そこから丸子川沿いに等々力渓谷まで約5kmです。特に仙川沿いのコースはハチマルお気に入りのランニングコースです。大部分が歩道で、信号が殆どなく、水辺なので夏場は涼しく、途中に公園が点々とあるので水飲み場とトイレにも事欠きません。普段は丸子川へ分岐せずに野川との合流点まで行き、そこから野川沿いに多摩川の河原まで走ります(往復20km強のコース)。帰りは野川沿いに走る事もあります。

NIKE+の記録です。
nike2.jpg
NIKE+はキャリブレーションしないと最悪20%近くの誤差が生じます。もちろんハチマルはしっかりとキャリブレーションしたので、距離はかなり正確です。
数年ぶりの30km走という事で、約7min/kmのLSDペースを目標としました。気を抜くと直ぐにスピードが上がってしまい、後半にエライ事になるので、とにかくユックリを心掛けました(ユックリと正しいフォームで走るというのは意外とテクニックと忍耐力が必要なんですよ)。おかげで4時間半もかかってしまいましたが、幸い天候も穏やかで、春の兆しを感じながら、久しぶりに気持ちよくアウトドアランを楽しめました。アウトドアランの時は基本的に音楽を聴きません(危険なのと、足音のフィードバックが重要なんです)。3回の落ち込みは9km地点のコンビニ(補給)、等々力渓谷(散策)、再び9km地点のコンビニ(補給)です。
ゴール地点のスポーツジムに到着した時点で29.3kmだったので、エントランスの前を行ったり来たりして、無理矢理30kmを達成しました。その後ジムでたぷりとストレッチして帰宅。

走り終えて
CA3K0011.jpg
やれやれ。。30km達成。の図

という事で、アップロードしたデータは無事カウントされたようです。
NIKE1.jpg
最初、自分の記録が本当に反映されたのかどうか不安だったのですが、今朝アクセスしてみると上図が表示されました。これで安心。せっかく気合い入れて走ったのに、何かの不具合で反映されていなかったら悲し過ぎますよね。。。

今朝時点で掲載されていた集計結果です。
NIKE3.jpg
昨日1日で8,642名のランナーが参加し、総走行距離は95,680kmです。1人の平均距離が約11kmですから、皆さんかなり頑張って走ったのだと思います。そりゃまぁ、気合い入りますよね。

1kmで500円だから総額5千万円近くも!と思ったら上限2千万円までのようです。。。少しガッカリですね。NIKEは当初、日本の海岸線を1周した距離に相当する32,000kmを目標にしていたようです。その約3倍にも達するとは予想していなかったのではないでしょうか。1km走っただけで被災地に500円も寄付できるとなれば、ランナーは普段より余程張り切っちゃいますよね。ハチマルも500YEN/kmは随分太っ腹!さすがNIKE!と思いましたもん。でも、まぁ、とにかく、スポーツ関連メーカーとしては素晴らしく素敵でスマートな企画だったと思います。ここは素直に、ありがとうNIKEさん!

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
2012年03月10日 (土) | Edit |
と言う事で、重い腰を上げてプッシュプル式の計測をしてみました。

結論から言うと、期待していたほどの効果は見られないため不採用!という事に。もともとシングルでも低音再生能力に全く十分な余裕があるのに、貧乏人根性と実験君根性を抑え切れず、全く余計な事をしてしまいました。オシマイオシマイモーオシマイにします。

それでは実験君結果をご覧ください。

ボリュームはハチマル絶対上限ボリューム(プリ全開 + Icon 2時)です。ほぼリスニング位置で計測しました。

まずは40Hz/-6dB信号の再生波形
ppsub40.jpg
青がプッシュプル式、赤がノーマルです。ボリュームは同じです。
まず予想が外れたのは、ダブルにしても音圧が殆ど変わらない事。なんで?
2次歪みは予想通り(といってもチョットだけ)下がりましたが、それよりも3次歪みが増えてしまいました。他の次数は少し増えると予測していたのですが、ダブルで音圧が上がる分アンプのボリュームを下げられるので、そのへんは相殺できるだろう。。との目論見は外れてしまいました。

次に30Hz/-6dB信号の再生波形
ppsub30.jpg
傾向は40Hzと同じです。シングルでも限界音量で30Hz/-6dBの正弦波を綺麗に再生できています。さすがAlpair10のソコヂカラ!でも殆ど聞こえないし。。。。

という事で、シングルで十分という結論となりました。というか最初っから十分なのは分かっていたのに。。要らぬ事をしなければヨカッタ。。穴塞ぐのメンドクセー。。これで開発は完全終結。。あとは穴塞いでバッフル面にZAP本体と同じ本革を貼って完成とします。

後は音楽を聴く「ダケ」。もう「音楽を聴くための機械」としては全く十分だと思います。これ以上の開発は何をやってもヌカルミの魔境に入ってグルグルしそうなので封印しましょう。当ブログもそろそろネタ切れですかね?

あ、それと、ブログ開設3周年記念「業務用パワーアンプ+チャンデバ もってけ泥棒! 読者プレゼント」を近いうちに考えています。オタノシミニ!

追記
ZAP 2.1chで暫く聴いていましたが、タイトなジャズ以外は2.1chでもOK。専らベトベン全集をiTuneでブラウズしながら聴くのに重宝しています。また、最近はネットラジオでラップを良く聴くのですが、低音がズンズン来て大変具合がヨロシ。でもね、クールでスピーディーでタイトなマイルスクインテットやジャコを聴く時は、ベースが時々気に障る事があるので、専ら馬鹿ブーZAPで愛聴しています。低音の量感が重要な場合は2.1ch、量感よりノリが重要な場合は馬鹿ブーという感じでしょうか。どっちか1つだけ選べと言われれば、迷わず馬鹿ブーを選びます。

1つのドライバで音楽の全域をフラットに再生するというのは、技術的に目指すべき理想でしょう。デジイコによるブーストを絶対前提として全く白紙からフルレンジドライバを開発すれば、もっと良好な結果が得られると思います。超高域が必要であれば、同軸でスーパツイータを埋め込む手もあるでしょう(この場合、気密性を保つ事が必要です)。DAC、デジイコ(パラメータ最適化済み)、デジチャンデバ(SツイータまたはSウーハを使う場合、位相補正済み)、パワーアンプを全部スピーカに内蔵してしまうと良いでしょう。PCとの接続は無線式が良いですね。箱物とデンセンは少ないに超した事はありません。ホンマニ。。将来の真面目なリスナ用音楽再生装置には、そんなのが良いと思うなぁ。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2012年03月03日 (土) | Edit |
以前の記事に、「オーディオ界にとっての悲劇は、本当の意味での専門家が不在である事」だと書きました。その結果、ハチマルには魑魅魍魎が跋扈する魔界と化しているように見えると。。コレはある意味、「しっかりとした基本になる規範や基準が無い」と言い換える事ができるかもしれません。

この規範には、ハードウェア面とソフトウェア面があると思います。

ハチマルが言うところの「ハードウェア面」とは、純粋に技術的な領域であり、装置の性能(物理特性)に関する領域です。これは分かりやすいですね。

一方の「ソフトウェア面」とは、「音楽とは何なのか」「音楽を聴くとはどういう事なのか」「真に音楽を楽しむには何が重要なのか」「音楽家は聴衆にどのように聴いて欲しいと考えているか」等々、「音楽」そのものに関する洞察から、ひいては「オーディオ装置の本来の目的とは何なのか」「それを達成する上でまず重要な事は何なのか?、次に重要な事は何なのか?、その次は?、そのまた次は?」「オーディオ装置には最低限どのような性能が必要なのか」「大多数の人々にとって必要十分な実用的性能とは何なのか」「高級機であるならば、望むらくはどのような高性能を備えるべきなのか」「音楽-オーディオを通して人々の幸福にさらに貢献するにはどのような技術的課題に取り組むべきなのか」。。。といったような事です。

「ソフトウェア面」は極めて抽象的であり、絶対的な「正解」はあり得ませんし、いろいろな考え方があって良いと思います。しかし、この面をしっかりと真面目に思考しない限り、健全な「ハードウェア」にたどり着けるわけがありません。「技術」とは総じてそういうものです。本来「玄人さん」であるべきオーディオ装置の開発/製造/流通に携わるプロフェッショナルと、大衆に広く影響を及ぼすジャーナリズムが、そのような思考を放棄し、大衆(マニア)と一緒になってドシロート化てしまっているのが現状ではないでしょうか。

本来、オーディオ界から音楽界に対して「謙虚」にアプローチして、上記の理解を深める努力を重ねる事が必要なはずです。この際、何よりも「音楽」に対して「謙虚」である事が重要でしょう。何故ならば、オーディオ装置とは、表現者から鑑賞者へ「音楽を伝達する」ための装置だからです。何故ならばオーディオ界とは音楽界に従属する領域だからです。オーディオマニアの言動の端々には、「音楽に対する傲慢さ」が見え隠れし、ドキッとさせられたり、違和感や嫌悪感を覚える事が多々あります。これらは結局、この業界の玄人さん達の意識レベルをそのまま反映しているように思えます。

ハチマルは、一音楽ファンとして、「音楽界」「オーディオ界」「関連学会」が一体となって、オーディオ装置に関するガイドラインを明確にする事を望みます。

すなわち、非マニアの一般音楽愛聴者が安心してオーディオ装置を選んで購入できるようにするための基準です。現在のザッシやマニアやショップ店員の発言はあくまでも「マニアック」領域に強く偏向しているため、一般リスナーにとっては何の参考にもならぬでしょう。そもそも「音楽の聴き方」あるいは「主たる興味の対象」が根本的に異なるわけですから、参考になるわけがありません(魔境に見える → ミニコンポでいいや → 真面目に作られていない → コストの問題ではない → ハチマル激怒!→ LEANAUDIO)。

これは、「装置がこの基準を満たしていれば、必要十分に「音楽」を楽しめますよ」という最低限の真面目な基準です。どのような技術分野においても「大部分にとっての必要十分」を広い視野で総合的に見極める事が非常に重要です。「技術」とは即ちそういう事だと言い切っても良いかもしれません。この見極めが正しければ必ず良い結果が得られます。これを誤れば、如何なる技術的努力を払おうとも無駄骨に終わります。妥協せずにどこまでも理想を追求する方がどれだけ楽で単純な事か。それが許されるのはアマチュアの趣味の世界だけです。そうは行かぬのが玄人さんの辛いトコロでもあり、責任でもあります。そういう意味でも、CDの基準の策定は当時の技術レベルから考えて極めて妥当な玄人さんの判断であったと思います。大多数の人々がその音質と利便性に満足したと言って良いでしょう。

この基準の策定にあたっては、極めて多数の音楽家、音楽評論家(断じてオーヂオヒヨウロンカではない)、一般音楽愛聴者(断じてオーヂオマニアではない)を含むリスニング評価も必要でしょう。そのような大々的なリサーチの結果を反映して、装置に求められる性能基準を定め、それらに基づく認証を実施しては如何かと思います。また、基準にいくつかのグレードを設けても良いと思います。これらの基準を満たしても、装置のオンシツ面、デザイン面、機能面の個性が完全に失われる心配は全く無いでしょう。ユーザは、それらの基準を満たす製品の中から、自分の好みに合う製品を選ぶ事ができるはずです。

リサーチの結果がどのように出るか分かりませんが、ハチマルが思うに、それらの基準を満たす装置は、現在のハイエンドと呼ばれる装置に比べて、大幅に低価格で実現できるはずです。少なくともスピーカを除く電気/電子装置については、驚く程低価格でも十分という結果が出るかもしれません。現在のハイエンドと呼ばれる領域の装置は、「音楽を正確に伝達する」「音楽を再生して楽しむ」という本来の目的とは全く別の領域での極めて趣味的で微視的な「好み」や「拘り」の部分(彼らの言うところのオンガクセーってやつか?)の「ツクリコミ」に大きなコストが割かれているように思われます。普通に考えれば、そんなアホみたいな価格になるはずがありません。その部分を必要としない一般音楽愛聴者にとっては「無用の長物」の感が強いように思えます。

だいたい、関連基礎技術が成熟した現代において、オーディオ装置の開発に要するコストは、他の業種(例えばカメラ)に比べて圧倒的に低いはずです。開発に要するリソース(人員、設備)だって本当に微々たる物で済むはずです。

現代の電気/電子技術において、音楽信号の増幅なんぞは超ローテクの部類に属するでしょう。技術屋の腕の見せどころは、信号入力からリスナーの「耳」までのトータルシステムでアプローチし、「音楽」を楽しむために真に必要十分な再生性能を、コンパクトかつ低コストに実現する事にあります。インダストリアル デザイナー達にも存分に腕を振るって欲しいと思います。「音楽」を取り巻く環境(オーディオを含む)は、若者にとってクールでカッコイーものであって欲しいと願います。それがマズ重要ではないでしょうか。

このような動向により、高価格品が売れなくなると危惧する向きもあるでしょうが、健全なマーケットは必ず発展するはずです。このままではジリ貧でしょう(団塊世代と心中する気?)。次世代にきちんとした文化を遺すのが世のプロフェッショナルなオッチャンの責務ではないでしょうか?

追記
上記にはマニアック オーディオの領域は含まれません。この領域はこの領域で永遠に存続するでしょう。それが「趣味」「マニア」の領域というものです。それはどの業界でも同じです。ですからご心配なく。上記はマニア領域を侵害する物では決してありません。マニアも上記の領域に決して侵害してはなりませぬ。誇り高きマニアには静観して頂ければと思います。

追記2
Alpair 10のプッシュプル式サブウーハの方は、テキトーに調整してiTuneとラジオを聴いていますが、とっても OK!なのでワザワザ計測する気がしない。。今週末には計測して記事を書きたいと思うのですが。。。。。。気持ち的に開発は完全終結しています。。そうすると途端に興味を失うというのがハチマルの性格なんです。昔から。。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。