FC2ブログ
2011年08月31日 (水) | Edit |
前の記事で、最近はネットラジオでブルースをよく聴くと書きました。

ジミさんことジミヘンドリックスは、僕の中ではロックではなくジャズ寄りに分類されています。ライブラリの整理をしたのですが、ジミさんをジャズからロックへ移動しようという気にはなりませんでした。僕の認識するロックではないし、かといってジャズとも違うし、これは「ブルース」ってやつだろうか?と思って、ブルースを聴き始めたというのが事の発端です。

ブルースをいろいろ聴いてみて、やはりギターに惹かれました。ジャズのギターはあまり好きではなく、ジムホールとか聴いているとイライラしてきます。パットメセニーも駄目ですね。好きなのはウェスモンゴメリーとジョージベンソンくらいでしょうか。かといって、バリバリのロックギターにもピンと来ないし。。僕には、いわゆるブルースと呼ばれるジャンルのギターが最も魅力的に聞こえます。

7月2日にHMVで注文したのにまだ入荷しないジミさんのブルース コンピレーション アルバム。
841.jpg
気長に待ちましょう。。。

上のと一緒に注文したのですが、しびれを切らして先に発送してもらった South Saturn Delta
842.jpg
エクスペリエンスを解散してバンドオブジプシーズへ移行する過渡期の作品を主に収録しています。僕にはエクスペリエンスよりバンドオブジプシーズの方がしっくりくるので、このアルバムはなかなかのアタリになりそな気配が。。。

とはいえ、ジミさんを最近ライブラリに新設した「ブルース」のジャンルに入れようという気は起こらず、やはり「ジャズ」に入れたままです。当時、マイルスを始めとするジャズ ミュージシャン達がジミさんを極めて高く評価したというのもなんとなく頷けるような気がします。もしかしたら、ジミさんの音楽を最も高く評価したのはジャズミュージシャンかもしれません。音楽あるいは演奏に対する取り組み方、真剣さ、集中力、探求心等、僕がマイルスやジャコ等の超一流ジャズミュージシャン(それとベトベン)に対して感じるものと同じものをジミさんに感じます。僕にとって「ジャズ」といのは、単純に音楽の形態によって分類されるものというのでは無さそうです。極端な事を言えば、僕は心のどこかでベトベンをジャズとして聴いているのかもしれません。

ネットラジオだけでなく、先日からYou Tubeでジミさんをコレクションしています。以前にも書きましたが、ジャコの演奏をワザワザ映像で見る必然性を感じないのですが、ジミさんの場合、彼の演奏する姿から感じるモノが多くあるような気がします。知らなかったのですが、左ききのジミさんは、右利き用のストラトキャスターを逆さまにして使っていたんですね。この方が演奏中にコントロールをイヂリやすいからとか。うーん。こいうとこも、オトコノコ心をくすぐるカッコヨサですね。ますますジミさんにのめり込みそうな気配ですよ。ナカジマさん!



追記1
ジミさんがメジャーで演奏活動したのはたったの4年間だけとか。イエスキリストが実際に布教活動したのも3、4年しかなかったという事をふと思い出しました。ジャコの方がまだ長持ちした。しかし、マイルスやピカソそしてなによりもベトベンのタフさは凄いと思う。

追記2
陸上のボルトさんを見ていて、なぜかジミさんの事が思い浮かび、ふと不安がよぎりました。とんでもない能力のおかげで常に世間から注目され、期待され、カメラに追いかけまわされて、平気を装ってはいるけれど、ジミさんと同様とてもシャイな人物のように僕には見えました。その不安が的中したのか、あのような結果になってしまい、とても残念です。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:音楽的ひとりごと
ジャンル:音楽