FC2ブログ
2011年08月20日 (土) | Edit |
大坂に帰省していました。今年はムスコが高校受験なのでヒトリで。

新幹線と実家ではiPodでタップリと音楽を聴くことができましたが、改めてカナル型イヤフォンの圧倒的高音質さを認識した次第です。とにかく音楽を聴きやすい。部屋の影響を全く受けず、極小のダイアフラム1つで超低音まで正確に再生できてしまうのですから(マイクロフォンを反対に使うのと同じ)、原理的にスピーカーでどうあがこうが適うはずもありません。音楽再生装置における電気信号→音響変換部の高音質化(音楽再生クオリティ)を突き詰めれば、イヤフォンに行き着かざるを得ません。「スピーカーはできるだけ小さくて近いに超した事はない」というやつです。再三申しているようにLEANAUDIOトライアルは、カナル型イヤフォンでの体験をキッカケに始まり、スピーカー再生をその聴きやすさに近付ける事を目標にやってきたわけです。ケロにしろ現状のA6 Mシステムにしろ、ほぼ両耳幅にSPを配置した超ニアフィールド システムであり、これは従来のステレオ再生とヘッドフォン再生の中間的存在(非接触型ヘッドフォン)であると言えなくもありません。

これだけイヤフォン、ヘッドフォンが進化し普及した現代において、ソース側が相変わらず専らスピーカー再生を前提に製作されているというのもモッタイナイ話です。特にクラシック(とりわけ交響曲)で、イヤフォン再生を前提とした真面目なバイノーラル録音盤が出てきても良いのではないでしょうか。ただ、バイノーラルの普及にあたって、以前のように「立体音響」とか「臨場感」等の「エンターテインメント性」を強調するとまた失敗するかもしれません。そのへんに期待し過ぎると、人工的に定位感を演出しているステレオソースに比べて物足りなく感じられてしまう恐れがあるからです。そうではなく「ヘッドフォン/イヤフォン再生時の自然な聞こえ方」を強調すべきでしょう。定位なんぞ気にせずに、ライブで聴いている時と同じように聴覚による空間認識の事など忘れて自然に音楽に浸れば良いのですから。本来。。。そうでしょ?違う???なんだったら「バイノーラル」と謳わずに「ヘッドフォン/イヤフォン再生専用録音盤」と表記した方が良いかもしれません。

また、通常のステレオソースをイヤフォン再生で聴きやすくするために、簡単な信号処理機能をプレーヤーに内蔵してくれるとありがたいと思います。イヤフォンで聴く場合、左右が完全に分離するため、録音によっては聴きにくく感じられる場合があります(特にスタジオ録音のジャズ、ベースが完全に片耳だけでしか聞こえないとか)。最低限の機能として単純にL/Rのミックス度合を調整できる(人工的にクロストークを発生させる)だけでも、随分と聴きやすくなると思います。さらには、位相まで処理すればステレオソースから疑似的なバイノーラル化も可能かもしれません(やり過ぎると不自然になるのでホドホドにですが)。

再度申しますが、現代の進化したイヤフォンは、原理的にスピーカー再生よりも圧倒的に高音質です(コマケーマニアックな音質?ではなく、根幹的的音楽生成クオリティという意味で)。その良さを最大限に生かす録音ソースあるいは信号再生方式の出現が望まれます。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用