--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年08月31日 (水) | Edit |
前の記事で、最近はネットラジオでブルースをよく聴くと書きました。

ジミさんことジミヘンドリックスは、僕の中ではロックではなくジャズ寄りに分類されています。ライブラリの整理をしたのですが、ジミさんをジャズからロックへ移動しようという気にはなりませんでした。僕の認識するロックではないし、かといってジャズとも違うし、これは「ブルース」ってやつだろうか?と思って、ブルースを聴き始めたというのが事の発端です。

ブルースをいろいろ聴いてみて、やはりギターに惹かれました。ジャズのギターはあまり好きではなく、ジムホールとか聴いているとイライラしてきます。パットメセニーも駄目ですね。好きなのはウェスモンゴメリーとジョージベンソンくらいでしょうか。かといって、バリバリのロックギターにもピンと来ないし。。僕には、いわゆるブルースと呼ばれるジャンルのギターが最も魅力的に聞こえます。

7月2日にHMVで注文したのにまだ入荷しないジミさんのブルース コンピレーション アルバム。
841.jpg
気長に待ちましょう。。。

上のと一緒に注文したのですが、しびれを切らして先に発送してもらった South Saturn Delta
842.jpg
エクスペリエンスを解散してバンドオブジプシーズへ移行する過渡期の作品を主に収録しています。僕にはエクスペリエンスよりバンドオブジプシーズの方がしっくりくるので、このアルバムはなかなかのアタリになりそな気配が。。。

とはいえ、ジミさんを最近ライブラリに新設した「ブルース」のジャンルに入れようという気は起こらず、やはり「ジャズ」に入れたままです。当時、マイルスを始めとするジャズ ミュージシャン達がジミさんを極めて高く評価したというのもなんとなく頷けるような気がします。もしかしたら、ジミさんの音楽を最も高く評価したのはジャズミュージシャンかもしれません。音楽あるいは演奏に対する取り組み方、真剣さ、集中力、探求心等、僕がマイルスやジャコ等の超一流ジャズミュージシャン(それとベトベン)に対して感じるものと同じものをジミさんに感じます。僕にとって「ジャズ」といのは、単純に音楽の形態によって分類されるものというのでは無さそうです。極端な事を言えば、僕は心のどこかでベトベンをジャズとして聴いているのかもしれません。

ネットラジオだけでなく、先日からYou Tubeでジミさんをコレクションしています。以前にも書きましたが、ジャコの演奏をワザワザ映像で見る必然性を感じないのですが、ジミさんの場合、彼の演奏する姿から感じるモノが多くあるような気がします。知らなかったのですが、左ききのジミさんは、右利き用のストラトキャスターを逆さまにして使っていたんですね。この方が演奏中にコントロールをイヂリやすいからとか。うーん。こいうとこも、オトコノコ心をくすぐるカッコヨサですね。ますますジミさんにのめり込みそうな気配ですよ。ナカジマさん!



追記1
ジミさんがメジャーで演奏活動したのはたったの4年間だけとか。イエスキリストが実際に布教活動したのも3、4年しかなかったという事をふと思い出しました。ジャコの方がまだ長持ちした。しかし、マイルスやピカソそしてなによりもベトベンのタフさは凄いと思う。

追記2
陸上のボルトさんを見ていて、なぜかジミさんの事が思い浮かび、ふと不安がよぎりました。とんでもない能力のおかげで常に世間から注目され、期待され、カメラに追いかけまわされて、平気を装ってはいるけれど、ジミさんと同様とてもシャイな人物のように僕には見えました。その不安が的中したのか、あのような結果になってしまい、とても残念です。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
テーマ:音楽的ひとりごと
ジャンル:音楽
2011年08月24日 (水) | Edit |
なんか行き着いた感じでしょうか。。Alpair 6M馬鹿ブーのケロ的耳幅配置で。。

当初は「ナカナカエーヤン!」と思ったAlpair 6Pの交響曲用システムですが、長時間聴いていると例によって違和感がつのり始め、例によってバスレフポートに吸音材を詰め始め、例によって内部の吸音材の量を増やし始め。。例によってこりゃ駄目だ。。。という結論に。。。もう無駄な事は止めよ。

一方のAlpair 6M馬鹿ブー耳幅配置は、聴けば聴くほど聴きやすい。

ステレオ感も僕にとっては十分にあるので交響曲でもこれでエーヤン
(モノラルだとちょっと寂しいけど)
30Hzまでブーストしても破綻しないし(通常は40Hzまでブースト)
敢えてパワードウーハーで低音をアシストする必要性も感じないし
出音点(ユニット数)は少ないに限る(音場はシンプルに限る)
付帯音は無いに限る
スピーカーは近いに限る

音が地味(ナチュラル)なAlpair 6Mは聴けば聴くほど耳に馴染むし。

。。そろそろ実験君段階を終了して綺麗な箱を作るかな。。

元々ソースにナイモンは無いのよ。
それを無理に聴こうとすると何かしら不自然に(ステレオ臭く)なる。
それよりもアルモンをしっかり正確に、
すなわち可聴帯域の下限近くまでフラットに位相遅れなく、
耳に届けて素直に聴けばエーヤン。
結局それがイチバン「音楽」を楽しめる。
考えて見りゃ、そらそうだ。
だって記録されている「内容」を聴きたいのだから。
。。というのがLEANAUDIOトライアルの結論ですかね。やっぱり。
なんか富士山のまわりをグルッと回って元どおり。。
と。。再確認したと言う次第です。

撤収ですね。使わんモンは。

次はヘッドフォン再生の研究でもしてみるかな?

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2011年08月22日 (月) | Edit |
Alpair6Pバスレフ + Alpair5の交響曲用システムをチョコヨコイヂリながら暫く聴いていたのだが。。。確かに一聴するとライブでブリリアントでゴーヂャスなんだけど、1日中聴いていると、どう調整してもイライラしてくる。。。ステレオ臭いというか。。オーヂオ臭いというか。。ウソ臭いというか。。ネットラジオ聴いたらナレーションが不自然だし。。どうイヂッテも、どうあがいても所詮はツクリモノというか。。そもそも理想状態は存在しないワケだし。。ダッテ元々ナイモンを聴こうとしているワケで。。この方面をアーダコーダしてもグルグル地獄というか。。富士の樹海というか。。泥沼というか。。。結局、元々ソースに無いモンハ無いと居直ってAlpair6M馬鹿ブーの素直でストレートで自然で正確なサウンドをソノママ聴いた方が音楽に集中できるし。。一聴すると地味なんだけど。。結局それがイチバン聴きやすい。。。そこに記録されているモノを存分に楽しめば良い。。。というか、そこに記録されているモノを存分に楽しもうと思ったら要らぬモノを加えない方が良い。。。元々ソコニアルモノしか聴けないワケだし。。録音が古いものは古いなりに聴けば良い。。。Alpair6Pは撤収するか。。な?。。邪魔だし。。でも撤収したらしたで、邪魔だしなぁ。。まぁ。。たまに聴くには良いか。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2011年08月21日 (日) | Edit |
前の記事からの続きです。「圧倒的」高音質なんてタイトルを付けてしまったので、カウントが一気に跳ね上がって驚きました。内容を見てがっかりされた方も多いと思います。ハチマルの言う「音質」とは「音楽再生クオリティ」の事です。またイヤフォン/ヘッドフォンは、この面で「原理的に」圧倒的に有利であるという意味ですのでご理解ください。オーヂオ関連では「至高の」とか「究極の」とかヤタラ多く使われるようなので、相対的表現である「圧倒的」くらい使っても良いかなと。。。

今回は、通常のステレオソースをイヤフォンやヘッドフォンで聞きやすくするための方法について考えて見ます。通常のCDやLPは前方に置いた左右のSPで再生する事を前提に製作されているため、ヘッドフォン再生では不自然に聞こえ、これを嫌う方も多いと思います。最初からヘッドフォン再生を前提として製作されたソースが出回るようになるのが理想的ですが、現存するソースは殆どステレオ盤であるわけで、これらをもっと快適に聴けるようにしたいものです。

下はスピーカーでステレオ再生を聴いている時の模式図です。
611_20110821063759.jpg
話を単純にするために、以下では無響室(壁からの反射ゼロ)を想定します。
前方に2つのSPを置いて聴くステレオ再生の場合、L側(R側)の音は右耳(左耳)にも聞こえます。クロストークが発生するという事です。また、反対側の耳に届く音の位相は若干遅れます。さらに、クロストークの発生度合は周波数によって異なります。波長の長い音ほどクロストークは強くなるはずです(音の回析現象)。ステレオソースは、このようにクロストークが発生する事を前提に調整/製作されています。

このように製作されたステレオソースをヘッドフォンやイヤフォンで再生した場合、クロストークは一切発生しません。例えば、図のトランペットが独立したブースで録音されて、Lチャンネルだけに割り振られている場合、この音は左耳にしか聞こえません。これは、例えばそのプレーヤーの演奏に意識の焦点を合わせようとしたときに非常に聴き辛く感じます。このため、自宅で深夜/早朝にヘッドフォンで聴く場合、FrieveAudioのマトリクスを使用して左右チャンネルを少しミックスしています(図ではLchにRch-12dB、RchにLch-12dBをミックス)。このミックス度合によって、音場の拡がり度合を自在に調整できます。完全にL/Rをミックスするとモノラルとなって全てセンターに定位します。しかもSPによるステレオ再生とは異なり、左右音波の干渉は一切発生しません。
644_20110821071308.jpg

僕には適度なL/Rミックスで十分なような気もしますが、例えば周波数ごとにミックスする度合と位相差を調整する事によって、あたかも前方のスピーカーでステレオ再生して聴いているような感じに近付ける事も可能なはずです(左右だけを考慮した疑似的なバイノーラル化)。つまり、左右スピーカーを点音源と考え、それぞれのSPから左右の各耳までの伝達関数(各周波数で耳に届く音の大きさと位相)を求め、これを基に再生信号をデジタル処理すれば良いわけです。それほど精密に補正する必要はないはずです(ニンゲンの聴覚による空間認識はかなり曖昧なので)。ホンノリと効果を効かせるだけで十分でしょう。この種の補正はあまり厳密にやるとかえって不自然に聞こえる事が多いかと思います。

パラメータで仮想SPの左右距離を好みに応じて変更したり、あるいは適度な反響を持つ理想的な仮想リスニングルームを想定した伝達関数を使用する事も可能なはずです。この場合もデッド/ライブ、部屋の広さ等をパラメータで調整できるようにしておけば、好きな人には結構楽しめるかもしれません。

このような信号処理機能がiPod等の携帯型プレーヤーに実装されると、非常にありがたいとハチマルは思います。少なくとも左右の単純なミックス機能だけでも早急に採用してくれないかなぁ?

ヘッドフォン/イヤフォンをメインで使用して音楽を愛聴するリスナーの数は確実に増えています。ソース製作および再生技術において、この方面での取り組みにも期待したいと思います。オーヂオ業界が取り組むべき技術的課題はたくさんあると思うのだが。。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2011年08月20日 (土) | Edit |
大坂に帰省していました。今年はムスコが高校受験なのでヒトリで。

新幹線と実家ではiPodでタップリと音楽を聴くことができましたが、改めてカナル型イヤフォンの圧倒的高音質さを認識した次第です。とにかく音楽を聴きやすい。部屋の影響を全く受けず、極小のダイアフラム1つで超低音まで正確に再生できてしまうのですから(マイクロフォンを反対に使うのと同じ)、原理的にスピーカーでどうあがこうが適うはずもありません。音楽再生装置における電気信号→音響変換部の高音質化(音楽再生クオリティ)を突き詰めれば、イヤフォンに行き着かざるを得ません。「スピーカーはできるだけ小さくて近いに超した事はない」というやつです。再三申しているようにLEANAUDIOトライアルは、カナル型イヤフォンでの体験をキッカケに始まり、スピーカー再生をその聴きやすさに近付ける事を目標にやってきたわけです。ケロにしろ現状のA6 Mシステムにしろ、ほぼ両耳幅にSPを配置した超ニアフィールド システムであり、これは従来のステレオ再生とヘッドフォン再生の中間的存在(非接触型ヘッドフォン)であると言えなくもありません。

これだけイヤフォン、ヘッドフォンが進化し普及した現代において、ソース側が相変わらず専らスピーカー再生を前提に製作されているというのもモッタイナイ話です。特にクラシック(とりわけ交響曲)で、イヤフォン再生を前提とした真面目なバイノーラル録音盤が出てきても良いのではないでしょうか。ただ、バイノーラルの普及にあたって、以前のように「立体音響」とか「臨場感」等の「エンターテインメント性」を強調するとまた失敗するかもしれません。そのへんに期待し過ぎると、人工的に定位感を演出しているステレオソースに比べて物足りなく感じられてしまう恐れがあるからです。そうではなく「ヘッドフォン/イヤフォン再生時の自然な聞こえ方」を強調すべきでしょう。定位なんぞ気にせずに、ライブで聴いている時と同じように聴覚による空間認識の事など忘れて自然に音楽に浸れば良いのですから。本来。。。そうでしょ?違う???なんだったら「バイノーラル」と謳わずに「ヘッドフォン/イヤフォン再生専用録音盤」と表記した方が良いかもしれません。

また、通常のステレオソースをイヤフォン再生で聴きやすくするために、簡単な信号処理機能をプレーヤーに内蔵してくれるとありがたいと思います。イヤフォンで聴く場合、左右が完全に分離するため、録音によっては聴きにくく感じられる場合があります(特にスタジオ録音のジャズ、ベースが完全に片耳だけでしか聞こえないとか)。最低限の機能として単純にL/Rのミックス度合を調整できる(人工的にクロストークを発生させる)だけでも、随分と聴きやすくなると思います。さらには、位相まで処理すればステレオソースから疑似的なバイノーラル化も可能かもしれません(やり過ぎると不自然になるのでホドホドにですが)。

再度申しますが、現代の進化したイヤフォンは、原理的にスピーカー再生よりも圧倒的に高音質です(コマケーマニアックな音質?ではなく、根幹的的音楽生成クオリティという意味で)。その良さを最大限に生かす録音ソースあるいは信号再生方式の出現が望まれます。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。