FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年03月30日 (水) | Edit |
日本市場ではメタルコーン(6M)の控えめな高域がイマイチ受け入れられていないように見受けられます。設計者であるマークさん(Mr. Mark Fenlon)から下記のようなコメントを頂きました。ちなみに海外(たぶん欧米)ではMの方が人気があると以前聞いた事があります。

以下、マークさんからのコメントです

Alpair 6Mを比較的広いお部屋でご使用になっている日本の一部のお客様が6Mの高域にやや不足を感じておられるという事を伺いました。私は駆動系の設計によって6Mの高域を敢えて控えめにしています。これはA6Mをコンパクトなニアフィールドリスニングに適するようにと意図したためです。このようなアプリケーションでは、大部分のお客様がよりフラットな(訳注: 低域側に伸びたという意味だと思う)周波数特性を望まれます。また、高音がきつすぎないため、お仕事をしながらニアフィールドで長時間音楽を聴かれる方にも適していると思います。さらに、小容積ボックスに適するように6MではVasとQTSの値を低く抑えています。6Mは2m以内のリスニング距離で非常に良好なバランスを発揮します。

これに対して6Pはトラディッショナルな小径ドライバを狙って設計しています。比較的大容積のボックスに適合するようにVasとQTSを大きめに設定し、高域も延ばしています。ボックスの設計にもよりますが、6Pは広さが4mx4mくらいの部屋まで良好にご使用頂けます。私は6PをPencil 6型ボックスに組み込んで4mx7mの部屋で聴いています(真空管アンプを使用)が、特にクラシック音楽で非常に良い印象を受けます。とてもクリアでクリーンかつ小径ながら良好な低音が得られていると思います。


以上

という事で、僕が両方を試聴した上でデスクトップ用に6Mを選んだのも頷けますね。最近、A6Pを使用して大きめ(7Lくらい)のバスレフボックスのスタディに入ろうかと考えていたのですが、これもPの設計思想からして妥当な狙いだったようです。例によって「スピーカー設計プログラム アプレット版」を使用した計算結果をご覧ください。ポートを極端に細くて短くしていますが、これはポートの共振音(筒っぽ臭い音)を抑えるための対策です(短いと筒っぽ音は高域側に移動してレベルも下がる。でも細いので風切り音が問題になると思う)。

まずは6P。だいたい7Lくらいで50Hzまでフラットな特性が得られます。
710.jpg

このままドライバを6Mに変更しました。
711.jpg
共鳴点がポッコリと出てしまいます。ポートを延ばしてみましたが、ポッコリがそのまま低周波側へずれて100Hzと共鳴点の間が落ち込んでしまい、綺麗なフラット特性にはなりませんでした。

ドライバを6Mのまま容積を5Lに落としてポートを調整しました。
712.jpg
50Hzまで綺麗にフラットな特性が得られましたね。4Lでもそれほど遜色ありませんでした。

やはりマークさんの言う通り、6Mには小さめの箱の方が具合が良いようです。

追記
以前勤めていた会社の研究成果ですが、自動車室内音の感応評価を日本人と欧州人を対象に実施したところ、日本人は高域のシャープな音に対して比較的寛容であり(あるいは好感を持ち)、低域の唸りのような音を極端に嫌うのに対し、欧州人は高域のシャープな音を嫌う傾向が強く、また低域の唸り音に対して比較的寛容な(あるいはパワフルに感じる)傾向にあります。このため、以前の日本製乗用車は高域ノイズの遮蔽対策が比較的甘く、欧州人には好まれなかったと聞きます(最近の日本車はちゃんと対策されていると思う)。米国と欧州あるいは欧州内の地域や国によって多少傾向は異なりますが、日本人との違いに比べればそれらの違いは非常に微小です。他のアジア人はどうなんでしょうね(たぶん調査済みだと思います)。

6Mが欧米で好まれ、6Pが日本で好まれるというのも分かるような気がしますね。次回はバイノーラル録音で比較してみたいと思います。

追記2
「だから日本人向けオーディオ装置は低音をあまり重視しなくても良い」なんて事は考えません。そういう欧州人が築きあげた西洋音楽であればこそ、低音をしっかりと聴く事が西洋音楽を心底楽しむ上でムチャクチャ重要だとハチマルは考えます。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2011年03月12日 (土) | Edit |
以前の記事で投票によるブラインドテストを実施していますが(曲はマドンナのNothing Fails)、現在のところ「ブースト無しの方が良い」に4票、「どちらとも言えない」に3票という結果です。やはり、この曲において低域ブーストによる高音の劣化が感じられるのは確かなようです。

今回は、約100Hz以下をバイアンプ駆動のウーハーに受け持たせるいわゆる「新システム」と馬鹿ブーストの再生音を録音して比較してみました(どちらもAlpair6 Mを使用)。新システムの詳細についてはコチラをご覧ください。

今回のイコライザは30Hzまでフラットのフル馬鹿です。バイノーラル録音ですので、ヘッドフォンまたはイヤフォンでお聞き下さい。オープンエア型のヘッドフォンがお薦めです。
マドンナ/Nothing Fails
馬鹿ブー
新システム
前回よりもこちらの方が差がはっきりしてるようにも聞こえます。

ただ、普段馬鹿ブーストで音楽を聴いていて明らかに違和感を覚えるのは今のところNothing Failsだけで、マドンナを含めその他の曲ではこのように顕著な違和感を覚えません。また、この曲は僕のお気に入りで以前からよく聴いていたのですが、Alpair5を使用していた頃には馬鹿ブーストでもこのような違和感を覚えた記憶がありません。Alpair5を復活させたら再確認してみたいと思います。いずれにせよNothing Failsはちょっと特殊なケースだと思われます。

その他の曲も2つの再生モードで録音してみました。僕はこれらの曲の馬鹿ブーストでは違和感を覚えません。「音楽」の全体的な聞こえ方として違和感やフラストレーションを感じないという事です。

全て30Hzフラットで録音しました。今回のサンプルを録音していたところ、途中で例の地震が発生して混乱してしまい、どっちのファイルがどっちのシステムで録音したものなのか正確には分からなくなってしまいました。曲によって馬鹿ブーと新システムの並び順もバラバラだと思います。
バイノーラル録音ですので、ヘッドフォンまたはイヤフォンでお聞き下さい。オープンエア型のヘッドフォンがお薦めです。

マドンナ/American Dream
サンプルA
サンプルB
同じマドンナでもAmerican Dreamでは問題を感じません。下にAmerican Dream(赤)とNothing Fails(青)のソース スペクトルを示します。
706.jpg
スペクトル的には同じようなものです。

マイルス/Freedum Jazz Dance
サンプルA
サンプルB

ジミヘン/Johnny B Good
サンプルA
サンプルB

ベートーベン/ミサソレニムス
サンプルA
サンプルB

ベートーベン/交響曲No.5
サンプルA
サンプルB

ベートーベン/ピアノソナタNo.32
サンプルA
サンプルB

最後に
ストラビンスキー/春の祭典
馬鹿ブー
新システム
さすがに最強バスドラでは違いが分かりますね。こいつだけはどっちがどっちか分かりました。

サンプルは以上です。

短時間だと分からないのですが、長時間聴いていると新システムでは微妙に違和感を覚える事があり、結局ほとんど馬鹿ブーの方で聴いています(最近は45Hzまでフラットが標準設定)。もし新システムしかなければ全く気にせずに聴いていると思うのですが、馬鹿ブーの聞こえ方に慣れているとナンダカちょっと不自然に感じる事があるという事です。また、直接比較すると、馬鹿ブー方式の方がバスドラムの音が少しタイト(ハチマル好み)に聞こえます。それに、馬鹿ブーだとスイッチもアンプを1つONにするだけでOKだし(新システムだとアンプ2つとチャンデバをONにする必要があるので面倒)。近いうちにウーハーの箱にAlpair5を組み込んで新システム専用にする予定です。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2011年03月09日 (水) | Edit |
最近音量についてイロイロ調べているうちに見つけた貴重なデータをご紹介します。

名古屋にある「愛知県芸術劇場」(ホームページはこちら)のかなり詳細な音響解析の報告書です。この施設はなかなか立派なコンサートホールを備えているようです。
報告書全文のPDFはコチラからダウンロードできます。
座席表のPDFはコチラからダウンロードできます。

最近の記事では音楽を聴く時の音圧について書いてきましたので、今回も報告書の中から客席の音圧分布のデータを取り上げてみました。残響特性等、かなり詳しいデータが掲載されていますので、ご興味のある方はPDFをダウンロードしてご覧ください。

下は当該コンサートホール客席の音圧分布測定結果の抜粋です。
701.jpg
ステージ中央に12面体スピーカ(音響パワー100dB)を置いて、ホール中心線上の各位置で音圧を測定した結果です。画像の質が悪かったので、プロットに色を付けました。緑が125Hz、青が500Hz、赤が2KHzです。測定点⑤が最前列席あたり、測定点⑧がホールのほぼ中心に位置します。④がスピーカ位置です。

結果を見ると、周波数の高い2kHzは⑤から⑧に向けて急激に低下し(約-8dB)、周波数の低い125Hzは比較的緩やかに低下しています。低音は壁面等の反射で吸収されにくいのに対し、高音は比較的吸収されやすためにこのような傾向が出るのだと思われます。この傾向は周波数が高くなればもっと顕著に表れると考えられます(後述のベト5データ参照)。

以上の結果から、最前列では後方の席に比べて高音(2kHz)のレベルが極端に高くなる傾向にあり、これが最大音圧レベルの値に強く影響していると言えます。また、高音レベルはステージに近い領域(上図では測定点⑤から⑧にかけて)で急激に低下し、それより後方では他の周波数(125Hz、500Hz)と同程度の傾きで緩やかに減衰する事が分かります。上図では測定点⑥~⑦近辺で3つの周波数のレベルが同等になります。これはコメントで頂いた5列目あたりに相当するのではないでしょうか。

高音(2kHz)の減衰が収まる測定点⑧より後の席(全席の8割くらい?)では、後に行くほど徐々に音圧レベルが低下するものの、ほぼ一定した周波数特性(つまり2kHzが他に比べて低い特性)が得られている事が分かります。

さらに、以前の記事で紹介した鎌倉芸術館でのベト5音圧測定データから興味深い知見が得られました。

ちょっと見にくいですが、最前列席のスペクトル(赤)とホール中央席のスペクトル(緑)を重ね合わせてみました。クリックで拡大してご覧ください。
702.jpg
500Hz近辺の音圧差は6dB程度に過ぎませんが、後方の席では2kHzより上で急激に音圧が低下する事が分かります。このデータでは4kHz以上で20dBも低下しています。やはり、周波数が高いほど減衰は顕著に表れるようです。このため全周波数の音圧ピーク値は、最前列席(106.7dB)に対して中央席(89.9dB)で15dB以上も低下するという結果になっています。すなわち、中域音の減衰量は6dB程度に過ぎないわけですから、全周波数で15dBを超える大きな差は高域音の減衰に強く影響されていると言えます。先のコンサートホールの音圧分布に4kHzのデータをプロットしたら、ステージ近くの領域で2kHzよりも大幅に急激な減衰が見られるはずです。A特性は約800Hz~8kHzに強い感度を持つため、高域レベルの低下はdBAレベルにもモロに影響します(つまり人間が感じる音の大きさにもモロに影響する)。従って、最前列席とその他大部分の席との間に10dBAかそれ以上の音圧レベル差が生じる事は十分に考えられます。

さらに、この2つのベト5実測スペクトルをCDの信号スペクトルと比較してみたところ、興味深い結果が得られました。CDはいつものブロさん指揮ベト5第一楽章(全部)です。もちろん縦横のスケールを合わせて重ねています。

まずは最前列の測定データと比較してみます(クリックすると拡大します)
703.jpg
最前列の実測値だと、約2kHz以上の高域がCDに比べて随分高くなっています。また、50Hz以下の低域も実測の方が随分高いですね。40Hz付近にホールの定在波かなにかが影響しているのかも知れません。

ではホール中央部の測定データではどうでしょうか。
704.jpg
なんと高域も低域も非常に良く一致しています。嘘みたい。。。。

ブロムシュテット、フルトベングラ、カラヤン、チェリビダッケ指揮の4つのベト5第1楽章のスペクトルを重ね合わせてみました。
705.jpg
どれも同じようなもので、やはり高域はかなり減衰しています。そんなに遠くのマイクロフォンで収録しているとは思えませんので、ホール中ほどで聴く状態に合わせてイコライジングしているのかなぁ?

まぁとにかく、フルオーケストラを最前列席で聴くと、ホール中ほどの大部分の席で聴くよりも、あるいはCDやLPで聴くよりも約2kHz以上の高音がかなり強く聞こえてしまう事だけは確かなようです。CDやLPの高域が減衰した信号をピーク105dBとか110dBを目指して再生したら、実際の最前列で聴く音よりもやたら中低音のでかい音を聴くことになっちゃうですね。。。そりゃたいへんだ!家揺れるぞ。

まとめ
交響曲における最前列席または指揮者位置の最大音圧レベルが95dBA(ピークで110dB近く)であるという定説は、いろいろ調べたところほぼ信頼できるもののようです。しかしこれはホール全体の中でも極めて特異な周波数分布を持つ極狭い範囲での極端なデータに過ぎず、その他の座席での一般的な最大音圧はホールにもよりますが概ね85~80dBAあるいはそれ以下のレベルに分布すると考えられます。従ってホール全席の音圧分布は前記事の快適音量分布にかなり近いものになると思われます。また、CDやLPに記録されている信号のスペクトルも、ホール内の平均的な座席で聴くのに近い特性を持つ事が分かりました。

追記
「生演奏の再現」というのに拘るのであれば、交響曲の場合、音量を上げたとしても耳元の音圧でせいぜい85dBA(ピークで100dB未満、95dBくらい)もあれば十分であり、どうしても最前列席あるいは指揮者位置での音を「再現」したいというのであれば、CDなりLPなりのソース信号の高域をイコライザで相当量ブーストした上でピーク110dBなり95dBAなりの最大音量に合わせて再生する必要があると思われます。再三申しているように、僕は再生音楽を「生演奏の再現」とは考えませんし、自分にとって快適な音量で聴けば良いと思いますが、一般的な快適音量レベルとホール中ほどの音量レベルはそれほど違わないようです(当然と言えば当然かもしれませんけど)。

追記2
上記の快適音量は、マンションの小部屋(6畳程度)であれば、8cmフルレンジドライバと20WそこそこのIcon AMPでも十分に達成できる音量であると言えます(2mくらいの距離でも大丈夫、馬鹿ブーしないサブウーハー使用ならばさらに余裕あり)。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2011年03月06日 (日) | Edit |
自分の快適再生音量が分かったので、一般的に多くの人はどの程度の音量で音楽を聴いているのかが気になってネットで調べてみました。

スピーカー再生によるオーディオルームでの再生音量に関しては精度の高いデータが見つかりませんでしたが、イヤフォン関係では信ぴょう性の高いデータをいくつか見つける事ができました。

携帯型音楽プレーヤーの普及に伴い、聴覚障害や屋外での使用による事故等の危険性がとりざたされ、音量規制等の動きがあるのはご存知だと思います。EUは2009年に聴力障害や難聴を予防するため、携帯型音楽プレーヤーの音量に上限を設ける規制安全基準を策定する方針を発表しました(その後どうなっているのでしょうか?)。我が国でも各種の調査が行われた模様です。このような事情からイヤフォンでの再生音量についてはいくつかの貴重な調査結果が見つかりました。

700.jpg
上記データの出典はこちら: 独立行政法人産業技術総合研究所

これは41名の被験者が4機種のイヤフォン/ヘッドフォンを使用して音楽を試聴した結果です(サンプル総数41x4=164)。青は周囲が静かな時の結果、赤は73.2dBの環境騒音の中で試聴した時の結果です。環境が静かであれば70~80dBを快適と感じる人が最も多く(僕もこの階級に属しますね)、また80%以上の人が80dB未満の音量で快適であると感じるようです。

快適音量は環境騒音に顕著に影響される事が分かります。この点からも、多数の聴衆の中で音楽を聴くライブよりも静かな個室で一人で聴く場合の方が快適音量が相応に低くなるのが自然かと思われます。イヤフォンで音量が問題になるのは、環境騒音の大きな屋外(特に電車内)で使用する頻度が高いという点にあると言えます。

冒頭のEUの基準では、デフォルトの音量設定として、音量80dB(デシベル)で視聴するなら1週間に40時間、89dBなら同5時間以内にすることを規定し、メーカーに対しては、設定を超えて視聴する際に警告を表示させるよう義務付けるとしています(出典)。やはり80dBを超えないというのが、健康上でも1つの目安となりそうです。

ということで、自分は概ね人並みのそこそこ安全なレベルで音楽を聴いているという事が分かりました。

追記1
前々記事のホールでの音圧測定結果と照らし合わせると興味深い点が見えて来る。もし、かのホールの中央付近の席でベト5を聴いた時の騒音レベルが本当に最大80dBAを大きく超えないとするならば、かのホールの各座席での音量の分布は上図の快適音量の分布に似た形状を示すはずである。すなわち、中央席周辺の音量が多くの人にとって快適と感じる音量になり、従ってホール内の可能な限り多くの人が快適音量に近い範囲で音楽を聴けるという事である。さらに言えば、交響曲の音量は当時のホールに見合った音量になるように作曲され、現在のホールはそのようにして作曲された交響曲が快適に聴けるように設計されているとも考えられなくはないかもしれないかもしれない。かな?

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2011年03月05日 (土) | Edit |
いろいろな曲を普段のボリュームで聴いてみましたが、だいたい音がそこそこ出ているパートで70~75dBA、短時間の最大値でも80dBAを超えない範囲が僕にとっての快適音量であると言えそうです。125ms (FAST)の動特性で測定してMAX値が80dBAを超えると明らかに「音が大きすぎる」「音量が必要以上である」と感じます。大まかに言って短時間の最大騒音レベルでも80dBAを超えないというのが僕の快適再生音量の1つの基準であると言えそうです。それ以上の音量の必要性は全く感じませんし、逆に精神的苦痛を感じます。ちなみに85dBAを超える音を長時間聴くと難聴になる恐れがあるそうです。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村



テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。