FC2ブログ
2010年10月22日 (金) | Edit |
さて、何らかの方法でコンサートホール特等席の正確な音場を再現できたとして、果たしてそれで楽しくオウチで音楽が聴けるのでしょうか?

先に言っておきますが、僕個人は自分の部屋で再生音楽を鑑賞するに際して、音場感や臨場感を全くと言って良いほど重視しません。未だかつて、それが重要だと感じた事は一度もありません。逆に過剰に演出された音場感や臨場感には嫌悪すら感じます(だって、音楽が聴きにくくなるんだもん。。)。

3. 再生音楽における「音場感」について
そもそも僕は「再生音楽」を「生演奏の再現」を目的とするものとは全く考えていません。「再生音楽ソースとは自宅でスピーカーから発音して音楽を楽しむ事を前提とし、それに合わせて最適に録音された媒体である」というのが基本的な考え方です。原理的に無理なのを承知で何故ライブの音場(往々にして諸々の現実的制約から理想的な音響条件とは言えない状態)をわざわざ「再現」しなければならないのか全く理解できません。

演奏会場で聴いている場合は、目の前の絢爛豪華なオーケストラ、隣席の普段よりも入念に化粧して着飾った妻(息子が産まれて以来行ってないなぁぁ。。)、人々のざわめき、ご婦人方の香水の香り、休憩中に飲んだワインの心地よい酔い等々、聴覚だけでなく視覚や臭覚を含めて全身でその場の雰囲気を楽しむことができます(反面、だらしなくリラックスできないという欠点もあります。隣席の妻にチャントシナサイとしょっちゅう叱られた)。これに対し、再生音楽を聴く場合は専ら聴覚に頼らざるを得ません。また音響的な環境もコンサートホールとウサギ小屋では全く異なります。物理的、心理的、音響的に条件が余りにも異なり過ぎると言えます。演奏会ではホールの響きを心地よく感じたとしても、専ら聴覚に頼らざるを得ない再生音楽を、音響特性も全く異なり、雑多な物であふれかえる自分の部屋で聴く場合にも同じように心地よく感じるのでしょうか?。僕ならば再生音楽を聴く場合には、ライブの時よりも音楽そのものの音響クオリティの高さ(言いかえれば音楽の聴きやすさ)を重視します。だって「聴く」事しかできないんだもん。

例えば、臨場感とか音場感とかを重視するために、フルオーケストラをバイノーラル録音または2本マイク式ステレオ録音する場合について考えてみます。
この場合、たった2本のマイクで全ての楽器の音を明確に捉えなければならず、また個々の楽器音のバランスを調整する事もできません。ですから音響的に理想的なホールを選び、全ての楽器の音が最も理想的に聞こえる座席位置で録音する必要があります(果たしてそのような席は存在するのか?)。また、直接音に対して反響音の成分が増えるため、楽器音が相対的に聴きづらくなります。その場で生で聴く場合には、目の前にオーケストラが居て、視覚で指揮者なり興味のある楽器と奏者に意識の焦点を合わせる(演奏を目で追う)事ができますが、再生音楽では専ら聴覚に頼らざるを得ません。つまり、聴覚でしか楽しむ事ができない再生音楽では、その他の感覚も動員して体験するライブよりもトータルの情報量が少なくなります。これを補うために、反響音を控えめにして楽器音の細部を明瞭に録音した方が、オウチでは音楽をより楽しめるのではないかと思います(だからこそマルチトラック録音が多くの場合採用されるんですよね)。

録音時に近接配置した多数のマイクで収録して慎重にミクスダウンするという非常に手間がかかる手法を敢えて使用するのは、「オウチでスピーカーで再生した時により音楽が楽しめますように」という製作側のアリガターイ配慮です。「音場感」なり「音場再現性」を過剰に重視する余りに、再生音楽ならではの聴きやすさや生では得られない音響クオリティの高さを損なってしまうというのは、ハチマルとしては全く納得しかねますですネ。

で、ハチマル的結論としては
オウチで音楽聴くには、マルチトラックで録音して2chへミクスダウンする現在主流のステレオ録音方式で十分
というところですね。。。モノラルでもOKよ。
ただし
DSPでホールの反響とかの変なエコーを追加しないでネ
を付け加えたいと思います。

追記
もし現在もモノラル方式しかなかったとしたら。。。人々はオウチで音楽を聴くに際してそんなにホールの反響とか臨場感とかを重要だと思うんだろうか? そもそもステレオ方式はモノラル方式を2つ並べてテキトーに音を右と左に振り分けた程度のものに過ぎないワケで、たいして事情は変わらないと思うんだけど。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年10月22日 (金) | Edit |
今回はバイノーラル方式について。

2. バイノーラル方式
音場の「再現性」という観点では、バイノーラル方式はステレオフォニック方式に比べて理論的にマトモでビューティフルな方式に思えます。実はステレオ方式よりもバイノーラル方式の方が先に提唱されたというのも頷けます(ステレオ方式は原理的にメチャクチャ エーカゲンで「再現」手法とは言い難い)。このため、正確な音場再現性が求められる研究開発分野ではバイノーラル録音が多く使用されます(自動車分野での適用事例はコチラ)。

下図に録音原理を示します。
612.jpg
この方式では、人間の頭部と肩部形状を模したダミーヘッド(マネキンの頭部)を使用します。マイクは両耳の位置に取り付けます。一般的な小型マイクを頭部の両側面に単純に取り付けるシンプルなものや、外耳道までリアルに再現して内部にマイクを埋め込むものなど、様々なタイプが存在します。当然ですが、耳タブや肩の影響も再現できる形状に設計されています(頭部だけのもある)。
614.jpg
前の記事にも書きましたが、人間はこれらの形状の影響を受けた音を左右の耳で聞き分ける事によって、音の方向を立体的に捉える事ができると言われています。ダミーヘッドを使用する事により、それらの影響を受けた耳位置の音をソックリソノママ録音してしまおうというのが、この方式の狙いです。

下図が再生原理です。
613.jpg
再生にはヘッドフォンまたはイヤフォンを使用します。耳位置で録音した音を、そのまま耳位置で再生するので、再生場(リスニングルーム)の影響を全く受けません。録音された時の耳位置での全方位の音(直接音も反響音も全て含む)をそのまま聴く事ができ、原理的には原音場を立体的に「再現」できます。細かい点ではまだまだ問題もあるのでしょうが、音場再現を目的とするのであれば、ステレオフォニックやサラウンド方式よりもずっと理に適った現実的な方法だと思います。

さてさて、音場の再現手法について長々と書いてきましたが、ではでは、一番肝心な「オウチで音楽を楽しむ」という目的において音場の再現性がそれほど重要なのでしょうか?

次回はそのへんについて考えてみます。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用