FC2ブログ
2010年10月14日 (木) | Edit |
前の記事の続きです。

このブログを以前からお読みの方は、僕がたびたび「音楽が聴きやすい」という表現を使う事にお気づきかも知れません。今回はこのヘンについて。。。

以前パネルディスカッションを例に挙げましたが(コチラ)、今回は落語のCDを聴く場合を例にして考えてみます。大好きな噺家のCDを聴いている状態を考えて見てください。まず「笑いたい」わけですから、極力弛緩したリラックスした状態で聴きたいですよね。「眉間にしわ寄せて耳をそばだてて一語一句聞きのがすものか」と身構えて聴いても、心から落語を楽しめるはずがありません。また話者の口のカタチや大きさなんて全く意識にも登らないはずです。そんな弛緩した状態でも話者の語りが、意識的に一語一句を追いかけずとも、自然に明確に耳にそして最終的には脳あるいは意識に届いて欲しいわけです。そして噺家が絶妙のタイミングで絶妙の語り口で何かオモシロイ事を言った瞬間に、自然に反射的に「ガハハ」と笑いたいわけですよね。例えば、噺家がなにか小声でボソボソっと呟いて、観客の数名だけが笑い声を上げた時に、録音状態が悪かったり再生装置が悪かったりして自分には聞き取れなかったら、フラストレーションが溜まります。

音楽を聴く際も、僕の場合全く同じです。音楽を聴く場合、べつに一音一音に意識を集中して聴き取るワケではありません(聴覚として「聴き取る」事に努力を払いたくないということ)。そんな事したら音楽の一番オイシイ部分が楽しめません。様々な「音」の時間的変化で構成された「音楽」がリラックスした状態(これ重要、さらに進むとトリップした状態)で耳をそばだてなくても自然に細部まで明確に意識に流れ込んで来て欲しいワケです。極端なハナシそれが僕の求めるオーディオ装置の音質の全てです。だって僕は「音楽」を聴きたいわけですから。「音楽」を楽しむのが僕の目的だからです。だから「良い音」=「音楽を聴きやすい音」というのは至極当然な事と言えます。また音場感や臨場感もたいして重要ではありません。録音時または再生時にそのような効果が強調されると、かえって音楽が聴きづらく感じてしまいます。

このような聴き方をする僕にとって、音に余計な癖があると長時間聴いているうちに違和感が蓄積されてフラストレーションが溜まり始めます。この余計な癖とは「録音されている音楽以外の音の要素」だという事だと思います(たとえば部屋や箱の定在波、箱鳴り、バスレフポートの音等)。これらが過剰に含まれていると「録音内容」が凄く聴きにくく感じられるのです。だって「録音されている内容(音楽、噺家の語り)」を聴きたいワケですから、それ以外は無意識にノイズとして感じてしまうようです。また、周波数特性が十分に低域まで伸びていないと、低音楽器(特にベース)の音が聴きづらくてフラストレーションが溜まるというのも当然です。だって本来聞こえるはずの音がよく聞こえないワケですから。極々当たり前ですよね。。

僕は全可聴帯域のフラット再生と正確な位相というのを重視しますが、これは「記録されている内容の聴きやすさ」を求めると自然とそうなるという事です。それが目的ではありません。ただ、そうすると音楽が聴きやすくなる、さらに言えば音楽をより深く楽しめると言う事です。オーディオ装置を「そのものを嗜むための装置」ではなく「音楽を聴くための装置」と考えた場合、これは本来全くアタリマエの最も基本的な今さら言うまでもない要件だとも言えます。普通に考えれば至極当然の事だと気付くはずです。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年10月11日 (月) | Edit |
ご存じのように、僕のスピーカーは吸音材をたっぷりと詰め込んだ密閉型を基本とします。これによってバスレフポートによる位相の乱れやポートからの内部音の放射、コーンを透過して聞こえる箱内部の定在波の音、密閉型に特有の機械的共振によるダンピングの不足した音を抑え込んでいます。オーヂオイヂリを始めて以来、自分の嗜好が明確になるにつれてこの傾向もよりハッキリとしてきました。

一般的にスピーカー自作派(あるいはオーヂオを趣味とする方々)の間では、このような音は「ツマラナイ」音として毛嫌いされる傾向にあるようで、多くの場合吸音材は極力少なくするか全く入れなかったり、箱を適度に響かせたりする事が好まれるようです。そのようにして自分の好みの「音」を追求されるワケですが、これはスピーカーを半ば楽器のように扱うという事かもしれません。

僕はあくまでも装置を「音楽を聴くためのトランスデューサ」として扱うため、そのような傾向のスピーカーを好みません。「音楽」が聴き取りづらくなるため、長時間聴いているとフラストレーションが溜まるためです。僕が求めるのは、「音」に意識を集中しなくても、あるいは半ば無意識でも、「音楽の全体と細部が自然に脳に流れ込む」ような音です。この場合、再生音に明確な「癖」があると、気に障ってフラストレーションを感じ始めます。で。。仕事の合間にデスクトップのスピーカのチューニングを少しイヂル(例えば吸音材を少し増やす)。。。を繰り返して現在に至っています。

つまり、基本的に再生音自体は「水」のように「無味無臭」であって欲しいワケです。しかし、お酒でもお茶でも、適度にミネラルを含んだ名水が珍重されるように、「味覚」としてはほとんど感じられないが酒なり茶なりの風味を引き立てる何らかの特性が重要であるのもまた確かだと思います。僕は「味」ではなくそのような「おいしい水」を求めてドライバーを各種試した上で最終的にAlpair5を選択し、時として多少ガス(炭酸)を含む水がおいしく感じられるように、状況に応じて真空管アンプを使用したりしています。

と、このような事を書いたのは、これから行うAlpair6のコーン比較でも、主にそのような観点から好みのコーンを選ぶ事になると思うからです。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年10月09日 (土) | Edit |
僕は仕事部屋に仮眠用の折り畳みベッドを置いており、仕事の合間にそこに横になって音楽を聴きます。今までは、デスクトップに置いたAlpair5の音をそのまま聴いていたのですが、ウッドベースの音が聞こえにくかったり、時々ボーボーと極低音の不気味な唸りが聞こえたりするので、それを解消すべくケロを作ったというのがソモソモの経緯です。

で今回は、Alpair5の音をベッドサイドで聴いた場合の周波数特性を測定してみました。

まず部屋の見取り図をお見せします。天井高さは標準的な2.4 mです。
602.jpg
引っ越し当時はまだお勤めしていたので、トーちゃんの籠もり部屋として一番小さな部屋(マンション6畳弱?)を確保したのですが、その後フリーになって自宅で仕事するようになってからも大きな部屋をあてがってもらえず(息子の部屋もカーチャンの部屋もハチマルのより大っきい)、この小さな部屋で家族のためにセッセと働いています(偉いぞトーチャン。とは誰も言ってくれない。。。。カイシャ辞めたのはトーチャンの我が儘でしょ。。というコトらしい)。

で、お仕事中は今まで何度も紹介したように、スピーカから約0.7mの距離で聴いているわけですが(特性はコチラ)、ベッドサイドまでの距離は2m以上あります。この位置での周波数特性を下図に示します。
601.jpg
黒がスピーカ前方約20cmの特性(新システム)、赤がベッドサイド(2m)の特性です。約500Hzから60Hzまでレスポンスが低下し、60Hz以下では逆にレスポンスが高くなっています。このためウッドベースの重要帯域が聴き辛くなると共に、交響曲等を聴いていると、時々「ボー」「ボー」と超低域音が気色悪く鳴り響きました。もしライブと同音量とかの大音量で聴くと確実に気分が悪くなると思います。

このようにスピーカーから離れると、特に低域で部屋の影響をモロに被る事になります。これがハチマルの言う「スピーカーは近くて小さいに超した事はない」の所以でもあります。

現在はケロのおかげでベッドサイドでも快適に音楽を楽しめるようになりましたとさ。メデタシメデタシ。。。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年10月06日 (水) | Edit |
一昨日、息子(中2)と久しぶりに外食した帰りにツタヤへ寄ったところ(カーちゃんは韓国旅行)、CD,DVDなんでも5枚で1000円というキャンペーンをやっていて、息子がアニメを4枚借りたので僕は目に付いたジミさんのDVDを1枚借りました。

DVD自体はオムニバス風で内容的に不満だったのですが、ジミさんのステージパフォーマンスを見て肝を潰しました。なんと今まで見た事無かったのよ。。。あんなコトやこんな恰好までして弾いていたなんて。時々演奏が雑に聞こえるなんてエラソーなコト言ってましたが、コンナコトしながら演奏していたのね。。。お見それ致しました。もうムチャクチャなんですが、最高にカッコイー。。久々にズシッと来たというか。ジミさんの場合DVDは必見だと思いました。音楽以上のナニカが。。

ぶっ通しでライブ撮ったのあれば何枚か買おうっと。。

ジャコのDVDはWR時代を含めて3枚持っていますが2、3度見たきりゼンゼン見ません。別にワザワザ動画見なくてもCDでエーヤンという感じなのですが、ジミさんのは違うような気がする。。。。ぞ。
ジャコもステージでの派手なパフォーマンスが取りざたされましたが、どこが派手ヤネン。ジミさんに比べれば上流階級のお坊ちゃまですね。そこは基本的にジャズとロックの違いというコトでしょうか。インテリのジャズと不良のロックとか。。。

あとジミさんてネイティブアメリカン出身なんですって?。。。それとExperienceもトリオだったの?ナントナクもっとタクサンで演奏しているように思い込んでいたのですが。。。ナニセ、予備知識をあまり持たずに聴く事をモットーとしているので、何も知りませんでした。。。お恥ずかしいハナシで。。

でもね、、、惜しいナーて思うんですよ。ジミさん聴いていると。
ロックなので歌も歌うし、パフォーマンスもやらんといかんし、不良ぶらないといかんのでしょうが、100%ギターのみに集中した入神の演奏だけをずーーと聴いていたいゾ。。そしたらオイラも昇天しっぱなしだ。
ジャコと競演したら。。。アー。。。モー。。。シヌシヌシヌ。ギリギリ死ぬーーーー。なんじゃそりゃ。

フタリとも早死に過ぎるぞ。マッタク。ま、長生きできるワケないか。。。

追記
マイルスはジミさんを聴いて電化へ走ったとか聴きますが、「電化」よりもこの理性の開放をジャズへ取り込んで欲しかったなぁ。。「知性」をかなぐり捨てる事ができなかった点にモダンジャズのある種の限界を感じてしまったぞ。このDVDを見て。。
でもちょっと下品な事するとジャズの聴衆は許さなかっただろうしなぁ。ジャコでも品行方正じゃないって結構眉を潜められる傾向があったし。。でもジャコが加入してからWRの客層が大きく変わったというし。。ジャコこそがモダンジャズの突破口だったと思うんだけどナァ。。。惜しい。。どう考えても惜しい。。。惜しすぎるぞジャコ。。。。。。。当時のジャズの聴衆は品行方正な毒気の全く無いオボッチャマン ウィントンマルサリスを救世主と仰いだんだからなぁ。ケッ。


お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:音楽的ひとりごと
ジャンル:音楽
2010年10月05日 (火) | Edit |
前の記事からの続きです。

極々大ざっぱに言えば、従来、それほど大音量を必要としない家庭用オーディオであのような大型スピーカーが必要とされたのは、ただたた低音を再生するためでした(PA用では大音量を出すためにも大型化が必要ですが)。何も立派に見せて高く売るためではありません。誰も好き好んで大きくしたくは無いけれど、低音再生のためには仕方が無かったという事です。また、サイズが大きいために離れて聴く事を強いられて来たわけです。全ては十分な低音を再生するために。。。。また、そのようなスピーカーを十全に駆動するために駆動側の装置にも高い要求が課せられ、スピーカ自体にも複雑なマルチウェイ システムが必要とされてきました。

現在のオーディオの標準的なリスニング スタイルは、ある意味このような主に低音再生にまつわる足枷を背負っていると言えます。

しかし、前の記事に書いたように、それなりの方法を用いれば、(特定の音量制限の下に)大した苦労もなく小さなスピーカーでも従来の大型並(あるいはそれ以上、しかも長年背負ってきたバスレフ問題からも開放されたホンモノノ)低音性能を得る事ができます。つまり、上記の長年の呪縛を解く事ができるわけです(発想の転換が必要)。

599_20101005083250.jpg
FOSTEX G2000 (バスレフ型)とケロ(密閉型)
ケロはアンプ内蔵の50Hzローカットフィルタを解除すれば、
これとほぼ同等の低域特性を持ちます
両者間で決定的に違うのは最大音量(すなわちリスニング距離)

小型でも十分な低音特性が得られると言う事は、スペース面/コスト面だけでなく、「音楽を聴く上での音質面」で決定的に大きな意味を持ちます。すなわち身近に置けるという事です。
これは2つの意味を持ちます。

- 音楽再生で(特に低音において)最も影響が大きく最も厄介な部屋の影響を根本的に軽減できる事
-------- 「音楽」が極めて自然に聴きやすくなる
- 小出力でも耳位置で十分な音圧を確保できる事
-------- この事自体がさらなるスピーカーの小型化を促す(サイズは必要音量で決まる: 前記事参照)
-------- 駆動側に対する要求が低くて済む(小出力のアンプでも十分)

何も立派なリスニングルームが無くても、たいそうなアンプ類が無くても、日常生活に溶け込んでアタリマエのように交響曲の楽しさを味わえる十分な低音性能を備えた本当の意味での音楽再生装置が実現します。これがハチマルの考える「これからの一般「音楽」リスナー向けオーディオ」です(オーヂオマニヤ用ではアリマセン)。

もちろん「身体に感じる重低音」をこのようなシステムに求める事はできません。それを望む方々向けには、それなりに大型の極低音用サブウーハーが追加で必要となるでしょう(部屋全体の空気を振動させるために)。この場合、位相もへったくれもない(とにかく部屋の空気を動かせば良い)ので、部屋のどこにサブを置いてもタブンOK。もともと大型スピーカーを一般的サイズの部屋に置いて聴いている場合の極低音でも位相もへったくれもないはずです(部屋の影響で)。ちなみに僕はコントラバスの最低音である約40Hzまでは、位相のきちんとしたスピーカーからのダイレクト音を聴きたいと思います。

以上

LEANAUDIOチッチャキモノ倶楽部

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用