--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年07月30日 (金) | Edit |
僕が音楽を真剣に聴き始めた頃(1975~)のFM放送は、今と違ってもっと「音楽」中心の番組が多く、ロックやジャズの過去の名盤を全曲オンエアなんてザラにありました。レコパル(だっけ?)等の週刊誌を欠かさず買って、赤鉛筆片手にめぼしい番組をチェックしたものです。あの頃はロックでもジャズでも何でも片っ端にエアチェックして聴きました。現在のコレクションの大部分は、その頃のテープコレクションの中から気に入ったのを社会人になってからCDでコツコツと集めたものです。

中でもSONYが毎週土曜日(だっけ?)の深夜(1時~3時?もしかしたら最初の頃11時からやっていたような気もする)にオンエアしていた「ビッグスペシャル」は貴重な番組でした。ジャズ、ロック、ポップの一流アーティストをピックアップして、数週間かけて代表作のLPをほぼ全曲一気にオンエアしてくれましたから、貧乏学生にとってはホントに有り難い音源でした。ウェザーリポート以前のジャズを広く知る事ができたのもこの番組のおかげです。途中で寝てしまって全部録音できずに悔しい思いをした事も多々ありましたけどね(その頃使っていたSONYのステレオラジカセにはタイマーもオートリバースも付いてなかったのよ)。

あの頃はSONYだけでなくオーディオメーカー皆さんがFM放送の重要なスポンサーになっていましたよね。時報の「スッテレオ トリオーーー、ピー」が聴けなくなったのはいつ頃からでしたっけ?
FM放送だけでなくオーレックス(東芝さん)なんかは超豪華なジャズフェスも主催していました(80~83)。ジャコが夢のようなビッグバンドを引っさげて日本に来られたのもオーレックス様のおかげです(82)。(でも、やりたい事全部やっちゃったためなのか、ジャコはこの日本ツアー途中から異常な挙動が目立ち始めて、その後悲しい破滅へと向かうんですけどね。。。蛇足ですが)

オーディオメーカーによるこれらの活動は音楽文化に対する素晴らしい貢献だったと思いますよ。ホントに。。。

あの頃は「音楽とオーディオ」の関係がもっと健全だったような気がするんですよねぇ。。「音楽」と「聴衆」があってこその「オーディオ」という意識がありましたから。。。それにターゲットは当時の僕のような若年層寄りでしたし。今はオヤヂだけ?

あの頃の健全な状態を取り戻すためにも、
オーヂオメーカーさんやレコード会社さん(今はなんて言うの?)は、音楽をとりまく文化を活性化するために地道に貢献して欲しいですね。あの時代のようにゴーヂャスな事はできないでしょうが、最近はネットラジオなんかもありますから。目先の視聴率や利益に拘らず、地道に若い人達の耳に過去の優れた音楽作品を届ける努力もして欲しいと思います。それが結局はマーケットを活性化する事につながるはずですから。

最近の音楽は、どれも小ぎれいで平明で聴きやすいのですが、僕の耳には安直過ぎてつまらないです。特にジャズなんて完全に死んでますもんね。ロックでも、最近はピンクフロイドをよく聴くのですが、このように難解複雑で高い知性を要する作品がよく何百万枚も売れたものだと、今の状況を考えると驚かされます。優れた音楽作品は、それを望む聴衆が居てこそ始めて世に出る事ができる訳ですが、特に昨今の「売れてなんぼ」が専横する世の中では、そのような作品はなかなか出て来られないんでしょうね。そのような作品に安易な「癒し」や「慰み」は求められないですからねぇ(逆に疲れる場合も)。ですから、せめて過去の優れた音楽が若者の耳に届く機会がもっと必要だと思うのですよ。ハチマルは。。若者に人気のあるアーティストやタレントで古典ロック/ジャズに一言を持つような方をナビゲーターにして「古典はカッコイー!」的なビッグムーブメントを起こせないものでしょうかねぇ。

どでしょうか? SONYさん、カメラやバイヨ売るのも良いけれど、創業以来のそのへんもナントカならんですか?ソコントコ ヨロシク。

なんか時々3位まで上昇しているみたいです。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年07月28日 (水) | Edit |
またまたネットサーフしていて見つけたのですが、

「オーディオは、音楽を聴くための道具ではない」「逆に言うと、音楽はオーディオから音を出すための道具にすぎない」

といった趣旨の発言をされた著名なオーヂオ評論家さんが居られるそうです。これには流石にタマゲマシタ。ここまで居直られると返す言葉も浮かびません。趣味道楽の事ですので、別にそういう楽しみ方自体に対して全く異論は無いのですが、一応それなりの影響力を持つセンセの立場としてこのような極論的発言はどうなんでしょうねぇ。正直申しまして、一般人からするとこの考え方は全く異様です。。。。僕も色々な趣味をかなり真剣に楽しんできましたし、各分野には道具に拘るマニアックな方々もたくさん居られましたが、ここまで違和感を覚える分野はありませんでした。

ちなみに僕は最近オーヂオイヂリをやっていますが、これは僕の求める「再生音楽がより快適により明確により正確により自然に聴ける装置」が市販品に見あたらないので自分で作っているだけであって、オーディオ装置はあくまで「再生音楽を聴くための道具」に過ぎません(まあ、これに加えて久しぶりに開発屋の血が騒いだという面も多分に含まれますが。。。)。

繰り返しますが、上記のようなオーヂオ趣味があっても当然誰も文句を言う筋合いは御座いません。それは趣味道楽の世界ですから。自動車や写真趣味にも極端な方々はたくさんおられます(かくいう僕自身も自動車技術の中ではキチガイ沙汰のマニヤックな分野をメインのオシゴトにしてましたし。。)。しかし、それらの業界では、一部のマニヤックな流れによって本流の道具としての正常進化を見失う事はありません(多少過剰気味の場合もありますが)。「音楽を聴くために」真面目に作られた適正価格の装置、すなわち趣味道楽向けのオーディオ装置ではなく実用的な音楽再生装置としての一般大衆向けオーディオ装置の正常進化が、そのようなマニヤックな考え方の蔓延によって阻害されているとするならば大問題です。

これもネットサーフで見つけたのですが、3年程前に
ちゃんとした音」体験して!「マニア禁止」のオーディオイベント
なるものが開催されたようです。

趣旨は、
高音質を追求する高級オーディオの世界は「ピュアオーディオ」と呼ばれるが、音楽そっちのけで機材やケーブルの自慢に終始するマニアの存在などもあり、一般には敬遠されがち。一方、デジタルプレーヤーや音楽配信は音楽を手軽で身近なものにしたが、その分音質が犠牲になっている面もある。 「音楽が生活の一部だという10代~30代が多いが、安直化していく音についてはあまり話題に上らない。若い世代のオーディオ離れは旧態依然とした業界のなれの果てだと自覚し、猛省している。ちゃんとしたオーディオで音楽を聴き、目の覚めるような経験をしてほしい」(my-musicstyle 実行委員会)
だったそうです。ゴモットモ!

あの。。正直申しまして僕も必要に迫られてオーヂオイヂリに手を染める以前は「オーヂオ趣味」ってマヂ近づきたく無かったですし、友人に「今オーヂオに凝ってて。。」とカミングアウト?するのにもちょっと躊躇しますもん。今でも。だいたい反応分かるし。。

メーカーはこのような努力をもっとすべきだと思いますね。その後も開催されているのかな? それとね、これはそのうち別の記事で書こうと思っているのですが、若い人にクラシックはもちろん過去の優れたロックやジャズをもっと紹介すべきです。今のFMは全く駄目。そすればオーヂオ装置ももっと売れるし、今の音楽のレベルも上がるし。。メーカーの責務でしょう。こいうのは。

僕は以前、音楽を聴くなら上等のCDラジカセくらいで十分だと思っていました。僕の経験からすると、同一価格帯のご立派に見えるコンポよりも、ちょっと上等の一体型CDプレーヤーの方がずっと「音楽」が楽しめました。しかしオーヂオイヂリをやってみて分かったのは、そのような装置では低音再生能力が致命的に不足しているという事です。おかげで、そのような装置を使っていた頃はベトベン様も交響曲はめったに聴かず、ソナタ系ばかり聴いていました。何度も言うように、どんなに小さな装置でも、本物のしっかりとした低音を再生可能な音楽再生装置が絶対に必要です。そのような装置が安価にアタリマエに存在しないのは大問題だと思うんですよね。しつこいですけど。。

という事で超小っちゃいのを最近作っているのですが、ベランダが暑くて作業がはかどりませんねん。。。。超小っちゃいですけど40Hz/-6dBは最低限確保できてるみたいです。いつできるんだか。。。

最近ブログ村に投票してくださる方が以前よりも多くて、5位くらいを安定してキープしています。ご協力有り難うございます。
今後も宜しく応援をお願い致します。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年07月24日 (土) | Edit |
興味深い板を見つけたのでご紹介。

以前から(そのへんにゴロゴロいる二流ではなく)バリバリの一流音楽家がどのようなオーディオ装置を使用しているのか気になっていました。彼らにとっては再生音楽と生音楽が別物というのは超アタリマエの事でしょうし、オーディオ装置を単なる道具として扱うでしょうからね。意外とiPod愛用者が多いのではないかなぁ。イヤフォンは細部まで聴きやすいですから。千秋君もアパートの部屋にグランドピアノを置いているけど、オーディオは小さなコンポですよね。。。。

でネットサーフしたところ、この板を見つけました。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年07月20日 (火) | Edit |
先ほど15万ヒットを超えました。10万ヒットが2月23日で、その後月約1万ヒット(訪問者数で約5千/月)で更新の多少に関わらず安定して推移しています。人気ブログに比べれば全然大した事ない数なんでしょうが、毎月延べ5000名もの方が見に来て下さっている勘定になる訳ですからとても励みになります。

マイクロモニターの実験が一段落するまではご無沙汰すると思いますが、
お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村」のポチも宜しくお願いします。

更新しないとてきめんに順位が落ちちゃうのよね。別に順位落ちても訪問者数はほとんど変わらないのですが、上の方にいるとそれなりに嬉しいので。。。

ではでは。。。

あ。ベトベン様の全集9,800円で購入しました。リッピングしてる暇が無いのでiTuneでCD再生して聴いてます。新システムだとイコライザが無くても十分低音までフラットに再生できるので重宝してます。
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年07月19日 (月) | Edit |
超ニアフィールド システムの実験を進めています。

やはりスピーカーは近くて径が小さいのが何よりですね。スピーカーから耳までの距離が近いと、部屋の影響が極端に少なくなるので凄く明瞭に聞こえます。定位も素晴らしく良いですよ。モニター用途には特に向いていると思います。

音楽再生で最も厄介で最も影響の大きいのが部屋の音響特性ですが、そいつを最も簡単にやっつける方法がニアフィールド リスニングです(参考記事)。これとは逆に、小っちゃい部屋に大っきなスピーカーを置いて大っきい音で離れて聴くというのが最も厄介な状態です。部屋の吸音特性を余程念入りにチューニングしないと100Hz以下が大変な事になります。しかも100Hz以下の吸音というのはちょっとやそっとでは出来ません。

一通りできたらご報告します。といっても、どうせ最後まで実験君状態だとは思いますが。
ベッドの枕元に設置したいのよね。iPod用に。

ブログハ シバラクオヤスミ

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。