FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年06月28日 (月) | Edit |
しつこいですけど、これが音楽再生の原始的と言ってもよいくらいの基本中の基本なので。。。
ただし「最終的に絶対にそれで聴け」と言っている訳では無いですよ。僕だってイコライザーで多少調整しますもん。ただコマケー事をアーダコーダ言う前に最低限必要でしょ。と言いたいのです。

以前の記事で本当の意味の「原音」は知る術の無い幻影だと述べました。これはステレオ装置の原理もさる事ながら、録音環境(装置、スタジオ)とアーティストの表現意思あるいは録音エンジニアの傾向等にもよって大きく影響されるからです。
前の記事では、例として同時代にほとんど同じメンバーで録音されたマイルスとハンコックのリーダーアルバムでは録音の傾向が異なる事を述べました。これが本当にバンドリーダーの表現意思によるものなのか、それとも録音エンジニア、スタジオ、機材の違いによるものなのかは不明ですが(データ調べりゃ分かるのでしょうが面倒臭い)、重要なのは両リーダーが「これが俺の作品である」と承認した上で自らの名をクレジットしてその媒体を世に出した(つまり表現者として全責任を負う)という事です。

オーディオ装置が第1に成すべき事は、表現者が「俺の作品」と承認して世に出した音を、それが録音段階でどのように操作されていようと、それがどれだけ酷い音に聞こえようと、それが表現者の承認の下に世に出された物である以上、まずは出来るだけ正確に、出来るだけ明確に、出来るだけ余す事無くリスナーの耳に届ける事にあります(ただし、ここで言っているのは高級アンプが求める狂信的な信号忠実性の事ではありません)。

さて、ここでもう1つ重要なのは「録音時に表現者が実際に発した生の音」と「表現者が自らの作品として最終的に承認した媒体上の音」を混同してはならないという事です。これは既に別物です。オーディオ装置とは、後者を鑑賞者に伝える物であって、そこに前者の「音」を求めてもそれは幻影に過ぎないという事を努々忘れてはなりません。これを勘違いすると装置の音は奇態な方向に進みます。

メディアをあくまでもメディアとしてしっかりと認識しないと、私達の時代はめちゃくちゃ危険です。すでに危険な状態ですが、これからもっと危険になります。「写真はイメージです」と最近やたらと広告チラシ等に記載されていますが、CDもいちいち「これは表現者が最終的に自らの作品として認めた記録音であり、表現者の生の音とは異なります。」とコメントしなきゃならんのでしょうか。写真や音楽程度のシンプルなメディアでもこの程度だと先が思いやられます。

ある意味、オーディオ装置とは「情報伝達装置」の一種だと言えます。というか厳密な意味でも「情報伝達装置」です。もちろん誰がどのような音で聞こうが、それは本人の勝手です。誰も文句を言う筋合いはありません。しかしオーディオ装置を製造し販売するめーかーと開発者は、この点を努々お座なりにしてはならないはずです。その責任があります。繰り返しますが、それは狂信的な信号忠実性の事ではありません。例えば、簡単に測定できてしまう周波数特性ぐらいは、リスナーの耳の位置まで製造者が責任を負うべき時代なのではないのか。。と言いたいのです。何故ならばそれが極めて容易に可能な時代なのですから。こんな安物のマイクマイクロフォンで測定できる超原始的な周波数特性(リスニング位置)もろくに保証できない状態で、狂信的な信号忠実性なんぞクソクラエです。「ピュアオーディオ」の「ピュア」ってどういう意味なんですかねぇ?この「ぴゅあ」ってめちゃくちゃ胡散臭いので嫌いなのですが、本来の「ピュア」とは、僕は「オーディオ装置とは情報伝達装置である」という事をお座なりにしない事だと思います(あの。。しつこいですけど狂信的な信号忠実性ではないので)。

ただし、おそらく一部のマニヤはそれをなかなかそれを受け入れないでしょう。しかしマニヤなんぞリスナーの極一部に過ぎません。メーカーの本来の責務は大多数の一般リスナーにあります。本当の意味での音楽再生装置を、小さくて安価でも交響曲の楽しさを伝えられる装置を提供しなければなりません。それが出来る時代なのですから。とっくのとおにね。これは音楽製作側のクオリティ向上も促すはずです。あぁ。。僕は今の若い人に既に古典となってしまったあの時代の本当に優れた作品をもっと聴いて欲しいのです。今の音楽はあまりに悲しい。

オーディオ装置は人類にとって非常に重要な装置です。偉大な音楽家達が遺した作品をいつでもどこでも好きな時に楽しめるようにしてくれる装置ですから。である以上メーカーは、そして開発者は、利用できる技術を最大限に活用して、より多くの人がより安価により深くより快適に音楽を楽しめる装置を作らねばなりません。それがメーカーの、真の技術者の使命だからです。本当の対象は一部のマニヤでは無いという事を肝に銘じねばなりません(あのね技術ってマニヤックにやるのは簡単なのよ。本当は。一番難しいのは本質を見抜いて最もシンプルで効果的にアプローチする事)。頑張れ、メーカー エンジニア達!

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年06月26日 (土) | Edit |
ニアフィールド システムの実験には、とりあえず手持ちの8cmユニットを使用します。

メインスピーカーにはFOSTEXのFE87E、サブウーハーにはTangBandの銀色のペーパーコーンのやつ(1本だけ)を使用する予定です。

で例のポチ1型(2.5L密閉)にTangBandを付けて、パワードサブウーハー用のアンプで駆動した場合の周波数特性を測定してみました。先の記事で書いたように、メインスピーカー(FE87)の箱は1L以下にする予定なので、サブウーハーには約200Hzまで受け持ってもらう事になります。

568.jpg
マイクロフォンは手持ち(最近どんどん雑になってます)。

ポチ一型には例によって吸音材をたっぷりと詰め込んでいます。グラフにはカットオフ設定の異なる4つの特性をプロットしました。約55Hzから200Hzまでほぼフラットな特性が得られる事が分かります。iPodでの使用も想定しているため、イコライザなしでもできるだけフラットにしたいので、この特性はありがたいです。

このアンプは、スピーカーを保護するために50Hz以下を急激にカットするフィルタを内蔵してるようです。このフィルタを殺す事ができれば50Hz以下も伸ばす事ができるかもしれません。少なくとも密閉型本来の-12dB/Octの減衰特性は得られるはずです。できれば挑戦してみたいと思います。

サブウーハー用の箱も1L以下を目標とします。どこまで小さくできるかが勝負です。FE87で良好な結果が得られれば5cmまたは2.5cmユニットでも試して見る予定。Alpair3を作ってくれないかなぁ。。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年06月26日 (土) | Edit |
新システムの方はウーハー側の吸音材を増やす事によって微妙な違和感もなくなり、もうイヂルところは無さそうです。今まで実験君的に適当に箱を作ってきたので塗装も雑ですしバスレフポート用の穴も粘土等で適当に塞いでいるだけです。なのでそろそろ見栄えのする箱でも作ろうかなぁ。。。。B&Wみたいなのを。。。

と考えていたのですが根っからの開発屋なので綺麗に作るという事に対してはナカナカ意欲が沸きません。面倒臭い事は嫌いなのよね。それよりも夏場用に小さな音でも十分に音楽が楽しめる超ニアフィールド システムの実験を始めようかな。。。とね。そっちの方が絶対にオモシロイ。

サブウーハー用のモノラルアンプと8cmドライバーが2セット余っているので、とりあえずこれらを組み合わせて近々実験を始める予定です。スピーカーから耳までの距離は50cm以内を目標とします。キーボードの前または後に置いても仕事の邪魔にならない超コンパクトなシステムを目指しますが、ブーストなしでも50Hzまでフラットな特性は維持できそうです(昨日ちょっとだけ実験済み)。

このシステムは2.1ch構成にする予定です。卓上のコンパクトなシステムを目指すため、メインスピーカーの容積をどこまで小さくできるかが鍵となります。

と言うことで例によって「スピーカー設計プログラム アプレット版」で密閉型スピーカーにおける容積の影響を計算してみました。

567.jpg
上図はAlpair5を5.5 Lから0.2 Lの密閉箱に入れた場合の特性です。赤はスピーカーのインピーダンス、紫は振動板の振幅です。容積が減るにつれてインピーダンス(赤)のピークが高域側へ移動し、それに伴ってピークの高さ(すなわち共振の強さ)が減少します。

共振ピークが抑えられる事によってスピーカーの出力も減少します。このように密閉型の場合はスピーカーの共振によって低域のロールオフ周波数がほぼ決まります。このためドライバーの最低共振周波数(fs)が低いスピーカーほど低域を伸ばす事ができるという訳です。
容積の影響はスピーカーのインピーダンス特性が変化する領域だけに現れ、従って共振の効果がなくなる50Hz以下では箱の容積の影響はほとんど見られなくなります。言い換えれば、密閉型はスピーカの共振を利用して低域を「増強」しているとも言えます。

しかし、この共振領域では小さな入力でも振動板が大きく動こうとするため、特にダンピングファクタの低い小型の真空管アンプでは影響が顕著に表れます(制動が不足する)。僕はスピーカーの共振によるダンピングの弱まった音が嫌いなので、吸音材をたっぷりと詰め込んで共振を抑え込んでいる事は以前の記事で書きました(まだお読みでない方はコチラを先にお読みください)。従って現在のシステムでもさらに箱を小さくしても良いかもしれません(現在2.5Lですが1.5Lくらいまで減らしても良さそう)。

もちろんフルレンジ スピーカーをそのまま使用する場合には、密閉箱の容積を減らすとてきめんに低域が痩せてしまいます。しかし僕のようにデジタルイコライザとバイアンプ駆動のウーハー(またはパワードサブウーハー)を使用し、かつ、ダンピングの効いた低音を好む場合には、容積をかなり小さくできるはずです。まずは1Lから開始して0.5L程度までトライしてみようと思っています。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年06月13日 (日) | Edit |
先の記事にも書いたように、僕は耳位置での周波数特性のフラット化(30Hzまで)と音質的な癖の無さを重視します。その理由は、そうする事によって僕の求める音楽全体の見通しの良さと明瞭さ/自然さが得られるからですが、もうひとつの理由としてアーティストとその作品に対する「敬意」という意味も含んでいます。

僕は高校生の時に部活で写真を始め、10年程前からはかなり真剣に写真作品の製作に取り組んで来ました。一昨年まで毎年なにかしらコンペに出品するなり個展を開くなりの活動を続けてきたのですが、最近は次のステップへ進む方向が見えないため休止中です。で、写真展やコンペ用の外に対して発表するための作品では、僕に限らず同様の活動をしている仲間達も、自分が納得できる色調やトーンを求めて他人が見でも分からないような小さな差にも拘って神経をすり減らしながらセレクションとプリントに没頭します。作品が全てできあがった後の没プリントと空インクカートリッジの山(僕はデジタル)を見ると、その費用を考えて愕然とするのが常です。たかがアマチュアの僕らでもそんなですからねぇ。ましてや天才達がアルコールや麻薬に逃げ場を求めざるを得ない程に自分を追い込んで刻み込んだ音ですから、「自分が組むオーヂオ装置では作品に最大限の敬意を払って、できるだけ全ての音をできるだけそのまま聴けるようにしたい」と、カナル型イヤフォンで初めて音楽を聴いた時にそのように感じた次第です。

で今日は、可聴帯域(20Hz~20kHz)を可視光域(赤~紫)にみたてて、周波数特性をフラットにして聴く事の大切さを考えてみたいと思います。

original.jpg
画像1 ori.jpg

この画(画像1)は有名なモネの「睡蓮」の一部です(適当にネットで拾って来た画像なのでホントにモネの「睡蓮」なのか確かではありません)。色が本物にどれだけ近いのかも分かりませんが、とりあえずこの画像1をCDまたはLPに刻まれた「モネ演奏」のソース音に見立てる事にします。まあCD/LPでも厳密な「原音」は「不明」である点では同じです。。(しかし作家がクレジットしている点に意味がある)

No red
画像2 red.jpg

画像2は、画像1の波長の長い(従って周波数の低い)「赤」の彩度だけを落とした画像です。これは低域の不足したスピーカーで聴いた時の状態に相当します。左上の赤い花の色が見えなくなって(聞こえなくなって)しまいました。この画(音楽)にとって非常に重要な情報が欠落してしまったと言えます。

Green.jpg
画像3 gre.jpg

画像3では、可視域(可聴域)の中では中間的な波長(周波数)を持つ「緑」の極狭い範囲の色域(音域)だけ彩度を上げてみました。これは定在波や箱鳴り等による特定周波数の付帯音に相当します。

これらの画像では、分かりやすいように大げさに彩度を変化させていますが、多かれ少なかれ再生装置の周波数特性がフラットではない状態で音楽を聴くと言う事を絵画で例えればこのようになります。

オーディオ装置を「音楽を聴くための装置」とするならば(って、そうですよね?)、十分に低域までフラットな周波数特性を耳の位置で実現する事がまず達成されるべき基本的要件あるいは基準条件と考えるのが極めてアタリマエではないでしょうか? 少なくともこの状態がどのように聞こえるのかを認識しておく必要があると思います(高性能カナル型イヤフォンで聴いてみるのが一番手っ取り早い)。

とはいえ、ここから音色を自分の好みに合わせてイヂルのがオーヂオの楽しみでもあります。僕は比較的小音量で聴くので細部(細かい輪郭線)が明瞭に聞こえるAlpair5をメインスピーカーとして選択し、輪郭線のまわりにすこし色(音)を滲ませるために真空管アンプ(TU-870)を使用しています。

tube_20100614062130.jpg
画像4 TU copy
画像1に対して輪郭強調処理を施した画像と、ぼかし処理を施した画像をレイヤで重ね合わせた画像です。ちょっと微妙過ぎて分かりにくいかもしれません。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年06月12日 (土) | Edit |
僕は一日中自分の机で仕事をしており、その間ほぼ常時音楽を流しています。1時間に1度程度の休憩をとるので、その際には多少ボリュームを上げて音楽に聴き入りますが、ほとんどは「ながら」で聴いています。

そんな僕が普段やっている試聴法をご紹介します。
特徴を挙げると
1) 仕事をしながら半ば無意識に音楽を聴く
2) 長時間聴く
3) 様々なジャンルの曲を聴く
の3点になります。

僕の経験からすると、オーディオ装置の何かを変えた後に「音質」に「集注」して「聴き比べても」あまり良い結果は得られません。短時間聴いただけだと良く聞こえても、長時間聴くと駄目という事が多々ありました。仕事をしながら「様々なジャンル」の「音楽」を「音質を気にせず」に半ば「無意識」に「長時間」聴いていると、楽器音の変な癖が鼻(ではなく耳ですね)に付き出します。そうなった時点でなんらかの変更を加えて同じように暫く聴く、という事を繰り返しながら現在の状態に至っています。ですから、吸音材があのような満杯状態になるまでに数ヶ月はかかっています。

バスレフポートや箱の定在波にしても、ちょい聞きだと「別にエーンチャウン」と思うのですが、
例えば顕著な定在波が存在する場合には、特にピアノソナタ等を聴いている時になんか「コーーーーー」という、例えるとトンネルの中を電車が走っている時に聞こえるような感じの音が、常に耳のどこかで鳴っているように感じて違和感を覚え始めます(僕はこれを「箱くさい音」と言って嫌う)。バスレフポートの場合、ピチカートはもちろんですが、交響曲を聴いていても時々「ボー」と一瞬浮いたような(周囲の音程は変化しているのにそれだけ一定音程の)変な音が耳に付いて気になり始めます。

一定周波数に何らかの癖を持つ音を長時間聴いていると、それらが時間的に脳に蓄積されるためか(ホンマ?)耳障りに感じるようです。結局記録されている楽器音をそのまま聴いた方が最も自然に音楽全体が聞こえるように思えます。特に癖を無くしてゆくとピアノの響きが澄んでくるので僕は好きです。また、交響曲等ではホールの残響もしっかりと収録されているようですから、きっちりと低音まで再生して耳に届かせれば、下手な小細工をするよりもホールの響きが楽しめるのではないでしょうか。

以上のように、僕は「音楽」を聴いた時の「違和感」を除去する方向でチューニングして行きます。そうすると「音楽が自然に聴きやすく」なるためです。結果的に「信号の楽器音をそのまま(フラットな周波数特性で)聴く」という事になります。

ただし僕だって好みの音色、心地よい音色で音楽を聴きたいので、多少歪みの多い真空管アンプ(TU-870改)で全体的に少し響きを加えています。これは別に特定周波数にピークを持つわけではないので特に違和感はありません。ただし、ソリッドなピンクフロイドを聴くと真空管アンプでは違和感を覚えます。

オーディオ趣味の方にはボーカルとストリングを主体に愛聴される方が比較的多いように見受けられますが、両方とも僕にとっては最も縁遠いジャンルなので、好みの傾向が分かれるところだとは思います。僕はジャズ、クラシック、ロックを見境無く聴く雑食性なのですが、ボーカルはビリーホリデー1枚とマリアカラス3枚を極たまに聴くだけです。チェロソナタとピアノソナタ/協奏曲は良く聴きますが、バイオリン系は1枚も持っていません。

追記
オーヂオを始める以前は仕事中ほとんど無音だったのですが、そうするとPCのハードディスクのかすかな回転音を無意識に聴く事になり、PCに近い側の右耳の耳鳴りに悩まされた事があります(かなりの高周波)。ところが音楽を常時流すようになってから症状が完全に治まりました。やはり特定周波数の音に長時間さらされるのは身体に良くないようです。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。