FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年05月31日 (日) | Edit |
以前の記事に何度か書きましたが、僕の場合、バスレフ型ではジャズのピチカート ベースの音にどうしても違和感を感じてしまいます。逆にクラシックのオーケストラを聴く場合はバスレフ型の方が好ましく聞こえます。今回はこれについて考えてみます。

僕がバスレフに対して敏感な理由の1つは、スピーカーから近い距離で聴いている事に起因するのではないかと考えています。

バスレフポートからの音と振動板前面からの音の間には周波数によって変化する位相のずれがあり、ある周波数から下では位相が逆転してしまいます。一般的なステレオ装置のセッティングで聴く場合、リスナーはスピーカーからある程度の距離を置くため、特に低域においては部屋からの反射音の影響を近接距離で聴くよりも強く受けます。反射音は様々な経路を通って耳に届くため、最短距離で届く直接音に対して様々に遅れた位相を持ちます。従ってこのような条件で聴く場合には、バスレフポートの位相差はそれほど目立たなくなるはずです。
しかし僕のようにニアフィールドで聴く場合は反射音の影響が弱まるために、ポートの位相差が上記よりもはっきりと感じられるのではないかと考えられます。

もうひとつは、ジャズのベースラインの聞こえ方を重視する僕の癖が影響していると思われます。
クラシックのコントラバスは基本的に弓弾き(連続音)ですが、ジャズではピチカート(断続音)を多用します。パルシブな音では位相遅れの影響がより大きく感じられるはずです。バスレフ型でピチカート ベースを聴くと、弦を弾いたときの「ボン」という主体音に混じって「ボー」という感じで主体音とは分離したような不自然な低音が聞こえる事があり、これがバスレフ嫌いの最大の要因になっています。多分距離を置いて聴けば反射音と混じり合って気にならなくなるのかもしれません。

一方、クラシックのオーケストラを聴く場合にバスレフの方が好ましく感じられる点については、位相の遅れた低音が含まれる事によって擬似的な反響音(エコー)の効果が得られるためでは無いかと考えています。密閉型を近接距離で聴くと、オーケストラの低音の響きがソリッドすぎて味気なく感じる場合がありますが、音階情報の希薄な50Hz以下でバスレフ効果を使用する事によって、この傾向が和らぐように思えます。クラシックの場合、50Hz以下の信号は交響曲でも強くないのですが、「響き」の奥行きや広がりを再現する上でとても重要な帯域ではないかと思います。この部分をバスレフポートに受け持たせると響きの広がったような良い感じに聞こえます。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2009年05月31日 (日) | Edit |
僕はCDのリッピングにExact Audio Copyというフリーのソフトウェアを使用しています。このソフトウェアは処理に多少時間がかかるのですが、データエラーを丁寧にチェックしながらリッピングしてくれるので愛用しています。今回はこのソフトウェアに含まれているツールを使用して楽曲の周波数解析を行ってみました。
Exact Audio Copyの詳細はコチラ

まずは問題の「春の祭典」です。
7分50秒前後にある最強のドラム一発を抜き出して解析しました(約0.2秒間を抽出)。なお全ての図はクリックすると拡大できます。
まずは波形です。
269.jpg
縦軸は16ビットデータを10進数で表しています。2の16乗は65536ですから、±32768がフルスケールになります。上図を見るとほぼ最大強度の信号が記録されていることがわかります。

次にこの信号の周波数スペクトルを下図に示します。
270.jpg
35Hzに高いピークが見られます。こいつが問題の正体ですね。ちなみにドラムなので倍音らしきピークは見られません。

その他いろいろ解析してみました。

まずピアノの鍵盤と周波数の関係を下図に示します。以後の参考にしてください。
275.jpg

それではベートーベンの交響曲第5番「運命」の第1楽章冒頭の「ジャジャジャジャーーン」を解析してみます(チェリビダッケ指揮のライブ盤から)。

2発目の「ジャジャジャジャーーン」の「ャーー」の部分だけを抽出しました。
周波数スペクトルを下図に示します。
273.jpg
約75Hzを基音として倍音が綺麗に分布し、20Hzから3kHzの範囲で信号レベルがほぼフラットになっています。

次は僕の大好きなウッドベースの音を解析してみます。曲は長年の愛聴盤であるチャーリーヘイデンの「Closeness」の1曲目「Ellen David」です。冒頭のベースソロからできるだけ低い一音を抽出してみました。
272.jpg
約43Hzに基音があります。コントラバスの最低音階は41.3Hzですから、それより1音階高い音に相当します。約1kHzくらいまで倍音がたっぷり出ている事がわかりますね。基音より低域側にも約20Hzまで高い信号レベルが示されており、これがウナリのように聞こえるやつだと思います(胴鳴りというやつでしょうか?)。

最後はエレキベースです。僕の最も敬愛するミュージシャン、ジャコパストリアスのデビューアルバム「Jaco Pastorius」の1曲目「Donna Lee」(ベースとパーカッションのデュオ)から、これもできるだけ低い一音を抽出してみました。パーカッションの音が弱い片側のチャンネルだけを示します。
274.jpg
約65Hzに基音がありますが倍音がほとんど見られません。エレキの場合はエフェクタを効かせるので、これが生?のエレキベースの音なのかどうかは、もう少しいろいろな曲を解析してみないと分かりませんね。

結構楽しめます。皆さんもお気に入りの曲をいろいろ調べてみてはいかがでしょうか?

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2009年05月21日 (木) | Edit |
相変わらず馬鹿ブーストで音楽を聴いていますが、「春の祭典」やマドンナ以外は特に問題なく聴けています。しかし、このようにヤクザな方法でほんとうにまともな音が聴けているのかどうか多少不安もあるため、フリーソフトを使用してちょっとした測定を行ってみました。

方法:
1) 単一周波数の正弦波信号ファイル(16bit WAVE)を作成 (WaveGene Ver.1.40を使用)
2) このファイルを再生してスピーカー直前に置いたマイクロフォンで録音 (Windowsのボイスレコーダを使用)
3) 録音されたWAVEファイルの波形を観察 (WAVANA Ver.0.10を使用)

アンプのボリュームは日ごろ音楽を聴く時の標準位置としました(イコライザのベースレベルを-13.5dBとした場合の標準位置: アンプのボリューム調整範囲[7:00~5:00]に対して約8:50の位置(1/5弱)、アンプ最大出力: 60W)。ちなみにイコライザを使用しない場合の標準ボリューム位置は8:00(1/10弱)くらいになります。

以下に測定波形を示します。
0dB信号 (すなわちCDのダイナミックレンジをフルに使用した最大レベルの信号) をスピーカーで再生してマイクロフォンで測定した波形を黒で示しています。赤は上記に対して-6dBの信号の測定波形です。比較のために波形の表示振幅を同一に揃えています。

243.jpg 70Hz 0dB

244.jpg 50Hz 0/-6dB

245.jpg 40Hz 0/-6dB

246.jpg 30Hz 0/-6dB

70Hzでは0dBでも綺麗な正弦波になっていますが、50Hz以下の0dB波形には明らかな歪みが見られ、周波数の低下とともに歪みは大きくなります。-6dBでは30Hzでも大きな歪みは見られません。

以前の記事にも書きましたが、「春の祭典」等の特殊な事例を除くほとんどの楽曲(主にクラシック、ジャズ)では、50Hz以下の信号レベルはもともと低く (多くの場合はピークで-20dB以下)、ごく稀に-10dBに達するピークが発生するに過ぎません。従って現在使用しているイコライザ設定(下図、50Hz以下で約+10dBのブースト)では、デジタルオーバーフローによるAVCの作動は非常に稀にしか発生しません (このブースト設定では50Hz以下のピーク信号レベルは通常-10dB程度)。
248.jpg

このため通常のボリューム位置で音楽を聴いている限り低域に明らかな歪みを感じる事はありません。「春の祭典」もこのボリューム位置で聴く限り問題は無いのですが、あの爆発的ティンパニを収録するために録音レベルが低く(つまり録音ダイナミックレンジが広く)、従ってアンプのボリュームを上げて聴く必要があるために問題が生じるわけです。ベース好きの僕はベースソロのパートでボリュームを9:15くらいまで上げたりするのですが、そのような場合にも歪みを感じる事があります。

下図はボリュームをほんの少し上げて測定した40Hz / 0dBの波形です(ボリューム位置: 9:00)。極端に歪みが増加して「ブー」という音が「ブリブリ」という音に変わるので、はっきりと限界が分かります。しかし振動板やコイルがどこかにぶち当たる音はしないので、スピーカーの機械的な限界に達しているのではなさそうです。このボリューム位置でも上記のベースソロの一部を除くとほとんどの曲では問題を感じません (実際に信号レベルが0dBに達するのは極めて稀であるため)。特にクラシックを聴く場合にはまだ余裕がありそうです。
247.jpg 40Hz 0dB, ボリュームUP

実際の楽曲の信号には様々な周波数成分が重畳されるため、50Hz以下の周波数成分だけで0dBに達する事は考えにくいですが、いずれにせよAlpair5をほぼ限界近くの状態で使用している事は確実です。つまり低域の限界ブーストとは、ユニットを限界入力で駆動している状態から中高域だけを減衰させる事に他なりません。

正直言って音量的にもう少し余裕が欲しいところですが、本来ツイーター的な用途を狙っているAlpair5には酷な要求だと言えます。以前にも書きましたが、サブウーハーなしで低域ブーストを行う場合はAlpair6またはCHR-70以上を推奨します。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2009年05月15日 (金) | Edit |
ステレオってモノラルに比べて音楽を聴く上でそんなに優位性があるんでしょうか?

マイルスの古いモノラル録音盤を聴くと「別にステレオでなくても全然問題無いやん」と思う事があります。

Frieve Audioでは簡単にL/Rの信号ミクスできるので、今もステレオ録音盤をモノラルで聴きながらこの記事を書いています。モノラルで左右のスピーカーから同じ音を出すと、まるで正面のディスプレーから音が出ているような感じになり、全ての楽器が真正面に定位するのでかえって聴きやすかったりします 。つまり特定の楽器音に集中したい時に意識を空間方向へ移動させる必要がなくなるわけです (ベースってだいたい左右のどっちかに追いやられるのですが、モノにすると必ず真ん中に聞こえるので僕には好都合)。音の密度感もぎゅっと高くなります。真正面に置けるならスピーカーは1個でも構わないかも知れません。しばらくモノラルだけで聴いてみようと思っています。

242.jpg
Frieve Audioの「マトリクス」設定
L/Rの信号をミクスして両方のスピーカーへ出力
片方のスピーカだけに出力する事も可能

どうもステレオというのはモノラルに対して「無いよりは有った方がナンカエーントチャウ?」という程度のものの様な気がしてなりません。そんな事を言うとメーカーさんはアンプもスピーカーも半分しか売れなくなるので困るかも知れませんが。。。まあ過去に4個に増やすのに失敗しましたし、またなんとか増やそうとしている模様ですが。。。

だいたいステレオ録音というのは多数のマイクで収録したトラックをそれらしく2チャンネルにミクスダウンして左右に振り分けてるだけで厳密に音場を再現できるものではないですから、変なことしないで素直に混ぜちゃった方が良かったりして。。。。
モノ出力できる方はたまに試してみると面白いかもです。


お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2009年05月15日 (金) | Edit |
リスニングルームの音響特性に関しては、基本的にデッドな方が良いという意見と、ある程度ライブな方が良いという意見があるようです。今回はこれについてちょっと考えてみたいと思います。

僕の意見としては、重大な定在波が回避できているのであれば、部屋の反響特性はリスナーのお好みで調整すれば良いんじゃないかと思います。

イヤフォンによる再生では、部屋の反響を受けない全くデッドな状態で聴くことになりますし、ニアフィールドで聴く場合も部屋の影響は極端に少なくなります。僕は雰囲気とか臨場感よりも明瞭性を重視するのでデッドな状態を好む傾向にあると言え、従ってオーディオシステムはスタジオモニタのようになってしまいます。このような条件では音が味気ないといって嫌う方も多いのではないでしょうか。

そもそも録音がどの程度の残響時間のスタジオあるいはホールで行われたのか?マイクロフォンで収録された音に含まれる直接音と反射音の比率がどの程度あるのか?によって丁度良く感じられるリスニングルームの反響特性は変わってくると思います。

例えばピアノ、バイオリン、チェロのトリオ演奏の録音を考えてみます。

1) 3つの独立した録音ブースに各奏者を入れて、ヘッドフォンで互いの音をモニタしながら演奏してもらい、各楽器に対して1つのマイクロフォンを使用して録音した場合 (実際にクラシックでそんな録音方法が行われているかどうかは知りませんが)。
各奏者の定位は2chへのミクスダウンの時に人工的に作られることになります。前後方向の定位は位相の調整で行えると思われます。このような録音では実質的に直接音しか収録されていないので、デッドな部屋で聴くとまるで無響室内で演奏を聴いているように全く味気なく感じるのではないでしょうか。逆にコンサートホール並に音響特性が整えられたリスニングルームではとてもリアルに聞こえるかもしれません。

2) 貴族がかつてモーツアルトの演奏を聴いたであろうお城のとある部屋 (かなりライブ) の貴族達が座ったであろう場所に2本のマイクロフォンを置いてステレオ録音した場合 (このような録音方法も極めて稀らしい)。
この場合は石造りの部屋の反響音がそのまま収録されます。この録音をホールと同等の反響特性を持つリスニングルームで再生すると響き過ぎるのではないでしょうか。逆にデッドな方がその部屋の雰囲気をそのまま感じられるかもしれません(かな?)。

3) 音響特性に優れたとある小ホールで、複数の吊り下げマイクやスタンドマイクを使用して奏者近くの音を収録した場合(多分こういう録音が多いはず)。
この場合は2)よりも直接音の比率が高くなります。従って1)ほどではないにしろ各楽器の音がより明瞭に録音されるはずです。再生音は最前列のかぶりつきで聴いた状態に近いかもしれません。リスニングルームに適度な反響があった方が後方の普通の客席で聴いているのに近い感じを受けるかもしれません。
雰囲気よりも明瞭性を好む僕のは3)をデッドな状態(カブリツキ?)で聴くのを好みます。
ちなみに、このような録音では一般的な客席で聴くよりも直接音が強くなるので、再生すると高音がきつめに感じられる傾向にあるようです。というのは客席で受ける反響音は低音が主体で高音があまり含まれないためです。従って高域をイコライザで減衰させた方が自然に聞こえると一般に言われています。僕も交響曲では1000Hzから20kHにかけて9dB減衰させて聴いています。

いずれの録音方法にせよ、家庭でステレオ再生した時に快適に聴けるように様々なイコライジングや特定の楽器音の強調が行われるのが普通です。いたずらにリアリティにこだわらずに自分の部屋を好みに合わせてチューニングすれば良いんじゃないでしょうか。はなからステレオ再生と生演奏は違うものと考えるべきでしょう。

ウェザーリポート等のエレキ音楽は、スタジオで楽器別に録音した音源を複雑にオーバーダブしたりエフェクトをかけたりして最初からステレオ再生を前提に念入りに作り込まれており、もはや生演奏の代替ではなく全く独立したアートですから、生演奏の臨場感もへったくれもありません。自分の好みに合わせて如何様な状態で聴いても誰も文句を言う筋合いはありませんね。
僕はクラシック (ほとんどベトベン) を聴く場合でも再生音を生演奏の代替とは考えず、作曲者 (ベトベン) を聴くための単なるインターフェイスとして扱う傾向にあるようです。。。て、そんなヤツが書いているオーディオ ブログなので、その辺はさっ引いて読んでやってください。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。