FC2ブログ
2013年01月31日 (木) | Edit |
7~8年酷使したPCがいろいろと問題を生じるようになったため、新しいPCを自作しました。お仕事を絶対に中断させないよう、同じタワー型ケースを2つ持っていて、中身を交互にアップグレードしながら使っています。片方は緊急時のスペアとしていつでも使える状態で保管しておきます。

今回OSをWin XP ProからWin 7 Pro (64ビット)に変えたのですが、心配していたFrieveAudioは無事に動作してくれました(FrieveAudioの公式サイトでは必要動作環境がWin XPになっている)。その他、サウンドブラスタDACのドライバはメーカサイトから64ビット用をダウンロードできましたし、ASIO4ALLも無事作動。WaveGene(波形生成ソフト)とExactAudioCopy(CDのリッピング用)も最新版をダウンロードして難なく作動しました。特にWaveGeneは今まで使っていた旧バージョンからかなり改良されているようです。

しかし、HandyOscillo (オシロスコープ ソフト)はWin XPまでしかサポートしておらず、残念ながら全く動作しません。Dayton製計測セットの同梱ソフトウェアにはオシロ機能も当然含まれているでしょうから、それまで待つしかありませんね。

さて、今回はOSをWin XP Pro 32ビットからWin 7 Pro 64ビットに、CPUを2コア(Core 2)から4コア(Core i5)に、ハードディスク(256GBx2、RAID)をSSD(240GB、Intel製)に、メモリを2GBから8GBにアップグレードする事により、性能の向上を劇的に体感できました。Win7とSSDのおかげで起動もあっという間です。

今回、メモリの低価格化が進んでいる事にも驚かされました。予算的に容量をちょっと我慢するという必要はもうアリマセン。その他、静音型の高級電源ユニット、コレダケで済むナンデモ付きのマザーボード(Asus製、Intelチップセット)、DVDドライブを含めて今回のハードウエア総額は80K YENそこそこ(PC Depoの通販を利用)。電子技術分野の進歩はすさまじいですね。ソレニヒキカエ。。。。ナンジューネンもグルグル。。。

FrieveAudioを最大の5倍アップサンプリング/96kHz出力に設定し、CPU負荷の最も高いCタイプHSC(超高域ノイズ付加)を作動させてもCPU使用率は数%しかありません。以前の動作が重くなっていたPCでは5倍アップサンプリングすると負荷の最も低いAタイプHSCでも音が途切れて使えませんでした。すばらしい。。

ということで、
FrieveAudioはWin7の64ビットモードでも問題なく動いてくれました!
というお話でした。あ、でもね、マイクがだめなので、音場計測/補正の最終的な結果までは確認していません。計測機能自体は動作します。

しかし、FrieveAudioってのはよくできていると思います。非力なAtomプロセッサでもHSC等のオマケ的機能を除けば十分実用的に使えますし、このようにOSが進化しても、2007年から全く更新されていないバージョンがそのまま動いてくれます。基本が良くできているのでしょうね。作者は本当に優秀な方だと思います。ちなみにAtom搭載音楽用PCだとサウンドブラスタの高機能DACが重荷なので、最近使っていません。お役ご免ですね。ご苦労様でした。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2009年02月11日 (水) | Edit |
写真の世界でもそうですが、オーディオの世界でも「デジタル」に拒絶反応を示す方がまだ多いようですね。アナログは人間味があって温かく、デジタルは人間味がなくて冷たいという感じでしょうか。どちらも技術者たちの熱い情熱と叡智の結晶なんですがね。

035a.jpg
Nuforce社の小型デジタルアンプIcon
そのコンセプトには注目すべきものがあります。
 
写真の世界でも近いうちにそうなるでしょうが、オーディオの世界ではもう泣いても笑っても音源はほぼ完全にデジタル化されています。であるならば、信号をアナログへ変換する以前にデジタルでできる事はできるだけデジタルのままで処理しておいた方が良かろうと考えるのが極めて自然です。というか、CDが世に出てから随分と経っている割に、その方面の技術が家庭用オーディオ分野に浸透していない事には驚かされました。電線にうつつ抜かしてる場合ではないと思うのですが。。。。

例えば、アンプのトーン調整や、マルチウェイ スピーカーのネットワーク回路、デジタル化によって失われた超高音域信号の擬似的生成、それにスピーカーの機械的設計(バスレフやバックロードホーン等)は、かなりの部分をDAC以前のデジタル信号処理に置き換える事ができるはずです。それによって当然信号にある程度の劣化を来す可能性があったとしても、上記のアナログによる方法でも同等以上の悪影響(特に位相の変化)が出るわけですから、どちらが得か冷静に判断する必要があります。デジタル信号処理では位相への影響を出さずに、あるいは逆に積極的な位相の補正を含めて、極めて急峻で自由度の高いフィルタリング処理が可能なはずなんですが。

036a.jpg
Icon用の専用スピーカーS1
接続にはネットワーク ケーブルを使用
スピーカーはフロントホーン形状として音圧を稼ぎつつ
f特上の癖は専用のイコライジングで補正している
従ってこのスピーカーはIcon以外のアンプとの接続を全く考慮していない

このIconという小型デジタル アンプには専用のスピーカーが用意されており、このスピーカーとはLANケーブルで接続するようになっています。そして、このスピーカーを接続した場合にのみ、アンプ側でそのスピーカーの特性に合わせたイコライジングが行われるようです。LANケーブル内の2本の信号ライン以外のラインを使用してスピーカー側の電子データへアクセスしている模様です。デジタル一眼レフではレンズ側にもチップが内蔵されており、ボディ側のCPUでそれを認識して最適制御を行うのに似ていますね。

カメラの場合はメーカー間の互換性がかなり限定されますが、もしこのような方法がオーディオ業界全体で統一規格化されれば、スピーカー側の設計に大きな自由度が得られるのではないでしょうか。つまり、スピーカー側にイコライジング特性を記録したチップを内蔵しておき、デジタルアンプ側でこれを読み込んで、そのスピーカーに合わせた周波数/位相補正を行うわけです。これによってスピーカー側はかなり思い切った設計ができますし、バスレフ等の低音増強機構や一部のネットワーク回路も省略できるはずです。

信号をそのように改変すると音質が悪化すると言われますが、現在はそれと同じ事をアナログ的に(ネットワーク回路や、スピーカーの低音増強とか、とかく位相的に問題が多い事を)平気でやっているわけですから、原信号がすでにデジタル化されている現代において、それをDAの前に行った方がずっと理にかなっているはずです。たとえば、現在のスピーカーの大部分はバスレフポートで低音を増強していますが、低域がなだらかに減衰する密閉型で低音信号をブーストするのとどっちが得かをよーく考えてみる必要があります。一般的にバスレフタイプは密閉型に比べて低域の位相(遅延群)や共振点以下の出力の急減、風切り音、ポート自体の共鳴音等が問題となります。よーく考えてみた方が良いとおもいますよ。ほんとに。

しかし、いくらスピーカー単体から発せられる音のf特をフラットにしたとしても、実際のリスニング位置では部屋の影響を受けてf特はかなり凸凹になります。ニアフィールドで聴く場合はまだしも、大型システムで離れて聴く場合は部屋の音響特性がもろ効いてくるでしょうから、このあたりを補正するためのデジタル信号処理も、製品に最初から組み込んで欲しいですね。ホームシアター用のサラウンド システムでは測定用のマイクロフォンが最初から製品に同梱されていてDSPによる位相補正もやっているみたいですが、ピュア オーディオを標榜する2チャンネル ステレオでこそもっと真剣にやってみたら如何な物かと思います(特にサブウーハーの積極的利用も含めて)。もしハイエンドでピュアなオーディオの究極の目標がコンサートホールの完璧な再現だとういのであればなおのことです。イヤホンマニ。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用