FC2ブログ
2012年12月20日 (木) | Edit |
昨日のプロファイラーというTV番組をご覧になりましたか? 僕はついさっき録画で見ました。

以前ブログに、僕の素直なベトベン観を下のように書きました。正にそんな感じですね。ウンウンと頷きながら見ていました。ロッケンロー、イェイ、ですよ。

高校生の頃に、親父のクラシック コレクションを一通り片っ端に聴いてみて、ベトベンだけはカッコイー、ベトベンだけはクラシックぽくない、ベトベンだけは飛び抜けて特別だと感じ、それ以来、クラシックは殆どベトベンしか聴いてこなかったハチマルです。最近になってなんとなくその理由が分かるような気がします。ベトベンは、現代のアーチストに非常に近い意識を持って「表現」に取り組んでいたのではないかと。。この点で、他のクラシック作曲家とは全く異なっているのではないかと。。であるからして、現代のロックやジャズと同様の意識で聴けるのではないかと。。

ベトベンは、「全人類、全宇宙を相手にたった1人で敢然と立ち向かう俺様」として「そんな俺様に見える世界を見てみよ」と、「音楽作品」を「俺様を表現するための手段」として明確に意識した最初の人物、つまり現代的な「芸術家」の始祖と言って良い人物ではないかと僕には思えて仕方ありません。

貴族達の前で堂々と共和主義を称えたりとか、全くロッケンローですよ。まるでジョン君だね。。。貴族達は、ま、ベトさんだけは仕方ないか。。。と黙認していたとか。。。カッコエーなぁ。。ホンマニ。これぞゲージツカですよ。芸術家というものを一切の権威から全く自由で独立した存在として明確に自覚し、何物も恐れずに堂々とそれを主張した、当時としてはブットビ先進的でロッケンローな人物であったと言えましょう。あの時代、それで良く追放されなかったものだと驚かされます。ゲージツは何物にも屈さない無敵の存在だ!という事ですよね。ベトさん?




全てから全く自由で全く独立した個人として
全人類を対象に音楽を強烈な表現手段とした
偉大なる先駆者

後継者達



greatest_20121220114726.jpg


僕は音楽の2大BはBeethovenとBeatlesであると強く確信しています(なんかスペルも似てるし)。Bの紋章。人類に大きな福音をもたらした2大Bです。ベトベンはあまりに偉大であり、ビートルズ(の4人+マーチン+エプスタイン)は余りにもできすぎた奇跡としか思えません。人類が銀河帝国を築いて星々に散らばる時代が来ようとも、彼らの曲のいくつかは種としての記憶に残っているでしょう。たとえ彼らの名前は忘れ去られようともね。それに引き替えジャズは不利ですね。曲ではなくパフォーマンスそのものに意味があるから。。遺りようがありません。クソッ、ジャコ。。

タイムマシンがあったらベトベン、マイルス、ジャコ、ジミさんのジャムセッションを聴いてみたい。ジミさんはもう驚いてしまって口をポカン、ジャコさんはもう憧れの偉大な先達を前に目をキラキラ(きっと一番喜ぶのはジャコ、ベトさんに付きっきりで作曲の勉強ですよ、ジャコなら1年で交響曲書くぞ)、マイルスさんはバンドの主導権を握ろうとするが5分でノックアウト、ベトさんのピアノが完璧にバンドを掌握(ふん、千年早いわ。。小僧ども)。ビトルズナンバーも演ってください。すると、マドンナ嬢も飛び入りで(まだ現世の方ですが)。。。ベトさんがマドンナ嬢に瞬殺??即興で「マドンナのために」を演奏。。。次回のステージではベトさん、エルトンジョンばりの恰好ででかいグラサン付けてマドンナ嬢と腕組んで登場(そいうノリの方だと思う。現代(といっても50~70年代)の方がベトさんには過ごしやすいのじゃナイかな?)。セッションはまだまだ続く。。。

と、こんな具合に、僕にとってベトベンはクラシックではありません。ウルトラスーパーカッコイー ヒーローなんですよ。しかし、カッコエーナー!

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
スポンサーサイト



テーマ:音楽的ひとりごと
ジャンル:音楽
2012年03月25日 (日) | Edit |
オーディオ的ネタは出尽くした感ありです。ZAPバス君の天井の穴ボコは、適当な板を置いて、上から重しを載せて塞いだ状態で使っています。きちんと塞いで、外装を仕上げようと思うのですが、重い腰がなかなか上がりません。このままでもエーンチャウ?ってね。。。今日は作業するかな。。

さて、僕は数年前にカナル型イヤフォンで音楽を聴いてみて、今まで真っ当に音楽を聴けていなかった事に気付き、LEANAUDIOトライアルを通して真っ当に音楽を聴けるスピーカシステムを開発しながら、学生時代から散々聴いたコレクション全体をもう一度聴き直してきました。

当初は、コレクションの全てを片っ端に聴き直し、新たなジャンルの曲を聴いたりもしましたが、最近になって、それらも再び淘汰されつつあるようで、繰り返し聴く曲がかなり絞られてきました。そのへんについて、何回かに分けて書いてみたいと思います。

今回はクラシックについて。

いろいろな作曲家の作品を改めて聴いてみたのですが(CDは結構持っている)、学生時代と同様、結局ほぼベトベンのみに淘汰されてしまいました。他にはバッハの無伴奏チェロを聴くくらいでしょうか。モーツアルトにも再挑戦してみたのですが、聴いているとイライラしてきて全く受け入れる事ができませんでした。なんていうか、ベトベンのように人物そのもの(俺様)が見えてこないというか、「音楽」にしか聞こえないというか、ムカシの音楽というか、「音楽」をインターフェイスとしてその先にアクセスできないというか。。。。僕の望む「音楽表現」では全く無いという事だと思います。一生無理かもしれません。その他のクラシック作曲家についても、同じような感じで、良く出来ているのでしょうがなんかムカシの「音楽」にしか聞こえなくてツマンナイですね。ただし、バッハだけは「音楽」を純粋に「音楽そのもの」として素直に聴けそうな気がする(要らぬ事をしていない)ので、もう少し探求してみようかとは思います。

高校生の頃に、親父のクラシック コレクション(親父殿はモーツアルト、ブラームスあたりを良く聴いていたと記憶する)を一通り片っ端に聴いてみて、ベトベンだけはカッコイー、ベトベンだけは飛び抜けて特別だと感じ、それ以来、クラシックは殆どベトベンしか聴いてこなかったハチマルです。最近になってなんとなくその理由が分かるような気がします。ベトベンは、現代のアーチストに非常に近い意識を持って「表現」に取り組んでいたのではないかと。。この点で、他のクラシック作曲家とは全く異なっているのではないかと。。であるからして、現代のロックやジャズと同様の意識で聴けるのではないかと。。

説明するのは難しいのですが、ベトベンは、「全人類、全宇宙を相手にたった1人で敢然と立ち向かう俺様」として「そんな俺様に見える世界を見てみよ」と、「音楽作品」を「俺様を表現するための手段」として明確に意識した最初の人物、つまり現代的な「芸術家」の始祖と言って良い人物ではないかと僕には思えて仕方ありません。事実、ベトさんは当時としてはかなり過激なアナーキスト(無政府主義者)でロッケンローなお方だったようで、交友のあったゲーテなんかは相当度肝を抜かれた(というか嫌悪した)ようです。貴族達の前で堂々と共和主義を称えたりとか、全くロッケンローですよ。まるでジョン君だね。。。貴族達は、ま、ベトさんだけは仕方ないか。。。と黙認していたとか。。。カッコエーなぁ。。ホンマニ。これぞゲージツカですよ。芸術家というものを一切の権威から全く自由で独立した存在として明確に自覚し、何物も恐れずに堂々とそれを主張した、当時としてはブットビ先進的でロッケンローな人物であったと言えましょう。あの時代、それで良く追放されなかったものだと驚かされます。ゲージツは何物にも屈さない無敵の存在だ!という事ですよね。ベトさん?

基本的に現代的芸術家は全てから完全に自由な一個人として、その作品を通して全宇宙に対峙するヒト達なわけですから、無政府主義者的(反体制ではなく自然と無体制になる、一切の権威や慣例を無視する)なのは当然です。カッコエーなー、、ベトさんて。。。というふうに、僕は彼の作品を通して、そういうベトさんの精神を感じているのではないか。。。また、そんな彼であるからこそ、僕にはジャズやロックと同じように聞こえるのではないか。。だから表層的には心地良くない面(なんというか死の臭いを感じさせるドロドロ感、これが皆無だとゲージツは全くツマラナイ)があるのではないか。。と最近考えています。

最近、全集を買ってからは、第9以降の作品(主にピアノソナタ、弦楽四重奏)をよく聴くようになりました。というか8割方後期作品を聴いています。ベトさんは第9でベトベン節を完成させたと思うのですが、以降の作品は大きく赴きが異なり、非常に現代的ですらあります。ノダメに言わせれば「ベトベンのくせに(らしくない)」というヤツですね。全く凄いお方だと思います。死ぬ瞬間まで全く衰える事なく新たな境地に向けて進化し続けた芸術家なんて人類史上極めて稀ではないでしょうか。

あの進化の権化マイルスですら、60年代の第2期クインテットで頂点を極めた後、電化以降は精彩を全く欠き、実質的に破滅へと向かいます(ジャコと違って生命力が強いのか生きながらえて再帰したが、ハチマルには全く興味がないし、聴きたくもない)。ジャコなんかとっとと破滅しちまったし(その方が芸術家として幸せかもね)。。。それに引き替え(というか比べるのも畏れ多いが)ベトベンは偉大過ぎる。だからハチマルにとってブッダ、キリスト、ベトベンが3大偉人なんですよ。。もう半ば宗教ですね。

その他のジャンルについては、別の記事で書きたいと思います。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
テーマ:音楽的ひとりごと
ジャンル:音楽
2011年12月25日 (日) | Edit |
Merry Christmass !

xmastree_anime.gif



greatest_20111225065529.jpg



全てから全く自由で全く独立した個人として
全人類を対象に音楽を強烈な表現手段とした
偉大なる先駆者とその継承者たち
みんなカコエーナー !
天国でジャムッてるかな?
(ポールとリンゴ以外ね)



xmastree1_anime.gif


ランキングに参加しています
お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村

テーマ:音楽的ひとりごと
ジャンル:音楽
2010年09月30日 (木) | Edit |
全60枚のリッピングが終了しました。

フォルダ構造は下記のようにしました。

YYYY_NNN_邦題\NNN_tt_トラック名
YYY: 作曲年
NNN: オーパス番号
tt: トラック番号

作曲年と邦題はコチラを参考にさせて頂きました。トラック名にはリッピング時にインターネット上のデータベースから自動で取り込んだものをそのまま使用しています。ちなみにOps.順と作曲年順は必ずしも一致しません。

再生にはiTuneを使用する予定です。
FrieveAudioのファイルブラウザは最低限の機能しか持たないため、多数の曲を縦横無尽にブラウズするには向かないためです。再生時に新システムを使用すれば、イコライザなしでも十分フラットな低域特性(30Hz/-6dB)が得られるので音質的には問題ありません(参考記事)。アナログチャンデバの位相遅れは補正できませんが、ピチカートベースが無いので特に気になりません。この全集の録音は全体的に響かせ気味なので、真空管アンプは使用しません。

これがiTuneの画面(クリックで拡大)。
587.jpg
全曲を選択した状態です(Op.番号付きのみ)。全部で601曲/33.19GBのボリュームがあり、全曲再生するのに2.3日かかると表示されています。「アルバム列」には邦題の作品名が年代順に並びます。しかし、各トラック名には作曲年を付けていないので、全トラックはOp.順に再生されます(「名前」列の順)。ただしデータベース化する際に、データ項目として作曲年を入力しているので、ちょっと操作すれば年代順に並べ換える事ができそうです(さっき試したら簡単に年順に並び換えできました)。

これはピアノソナタだけを選択した状態です。
588.jpg
このように、特定種類の曲だけを選んでOp.番号順(または作曲年順)に再生する事ができます。1番から32番まで全部聴くのに9.1時間かかりますね。

これは、交響曲3番の前後に作曲された曲(2番と4番の間)だけを選んだ状態です。
589.jpg
このように、特定時期の曲だけを選んでOp.番号順(または作曲年順)に再生する事もできます。

以上のようにPCオーディオは、デジタルイコライジングのみならず、楽曲のデータベース化が可能である点においても、従来のオーディオに対して大きなアドバンテージを持っています。日々の生活の中で音楽に深く親しむための真のオーディオ装置においては、音質だけでなくこのような利便性も非常に大切であると言えます。音質は1つの評価基準に過ぎません。

さて、これからiPodへもコピーして、ベト様とじっくりとお付き合いしてみたいと思います。僕は個々の曲に興味があるのではなく、まずは、これら全作品を1つの巨大な作品ととらえて、ベートーベンという偉大なる芸術家の全体像を俯瞰的に感じ取れれば良かろうと考えています。文献や資料等も一切読みません。ホンマノホンマノホンマノコトは、作品から感じ取るしかないからです。まずは聴いて感じる事が先決。。

さてさて、楽しみだなぁ。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年09月23日 (木) | Edit |
全60枚のベト様全集をボチボチとリッピングしているのですが、なかなか捗りません。やっと半分の30枚が終了したところです(関連記事)。

音楽専用PC(ONKYO HDC-1L、160G)のHD残量が10数Gしかないため、320GBのポータブルHDを購入しました(バッファロ製)。60枚で約40GB程度ですので、HDC-1L側の音楽データも全てバックアップできます。

584.jpg
これが全集の中身 (ご購入はコチラ。僕が購入した時よりも随分値上がりしています。ラッキーでした。)
同シリーズのモーツアルト全集(なんと170枚)と同サイズの箱なので、ベト様全集は真ん中にチンマリと収まっています。手前の白いのがポータブルHD。しかしモーさんは多作ですね。。。1枚も持ってないけど。。

ハチマルは、ジャズでもロックでもクラシックでも、メンバーとか指揮者とか奏者とか細かい事にはあまり興味が沸かないのですが、リッピングする際にアルバムの製作年をフォルダ名の先頭に付けるようにしています。これによって、一人のアーチストがどのような過程を経て進化したのか、同年代の他のアーチストや他のジャンルのアーチストがどのような作品を作っていたのか、そのジャンル全体がどのように変化してきたのか、といった大きな流れを把握できるからです。また、同一アーチストの作品を古い順に一気に聴く事もできます。

ベト様全集のリッピングでは、フォルダ名の先頭にOp.(オーバス)番号を付けています。この番号はベト様自身が発表の際に付けた番号だそうです。Op.が付いていない作品も少数含まれており、これにはWoO番号(1955年に編集された作品目録の番号らしい)を付けています。これらはタイトル名に含まれているので、いちいち調べる必要がありません。本当は発表年を付けるのが理想的なのですが、調べるのが面倒くさいのと、クラシックではベト様以外ほとんど聴かないので他の作曲家との関係を知る必要がないため、楽な方法を取りました。

このように番号付けする事によって、交響曲を軸として全作品の流れをつかめますし、特定の時期を選んで小品から大作までごちゃ混ぜで発表順に聴く事もできます。このようにして、ベト様の偉大なる生涯をじっくりとたどってみたいと考えています。

蛇足1
どうやらハチマルは「クラシック」というジャンルの音楽が好きなのではなく、「べートーベン」という人類史上最重要最普遍の偉大なる音楽家そのもの(その人物の作品、あるいはその人物そのもの、あるいはその人物の精神)に強く惹かれるようです。

蛇足2
僕が持っているクラシックCDは、親父のLPコレクションの中から気に入ったのをCDで集めたものなので、録音が比較的古いもの(CD以前のもの)ばかりです。これに対し、この全集は概ね1990年代半ば以降に録音されており、最初に聴いた時に音が気色悪いくらいに「綺麗」に聞こえるので少し違和感を覚えました。なんか喫茶店とかのBGM用みたいに聞こえるというか、全体的に少しエコーをかけているようなというか、やたらと軽くて明るいというか、僕の嫌いなオーディオ臭の漂う音というか。。。最近の録音ってこういう傾向なのでしょうか。今の世の中ってコンナニ響かせ好きなの?世界的なカラオケ普及のエーキョー??それともiPod(イヤフォン)普及の影響???
こんなソースをオーヂオ装置や部屋でさらに響かせたら、それこそカラオケになってしまうような気がします。

蛇足3
このような楽しみ方ができるのはPCオーディオならではの強みと言えましょう。僕のようなズボラな人間には「聴き終わったCDを元のジャケットに収めて正しく整理された元の位置に戻す」という真っ当な大人ならアタリマエに出来るはずの事が全く出来ません。1週間もたてば床に乱雑に積み上げたCDケースが崩れ始め、踏んづけたケースが割れ、何枚かのCDは空きケースが見つからないので裸のまま放置され、幸いケースに戻されたCDも中身とジャケが全く対応しないというカオス状態になります。で、そのうち入れっぱなしの1枚のCDをずーーーと聴いているという状態に。。。

以下、30枚の内容です。あと半分。。。
583.jpg

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村

テーマ:音楽的ひとりごと
ジャンル:音楽
2010年07月11日 (日) | Edit |
僕が尊敬して止まない大好きな三大オヤヂの一人、ベトベン様の全集を買おうと算段中。

今まで交響曲とピアノソナタをメインで聴いてきたのですが、これからこの世にアバヨするまで、きっちりと体系付けてこの偉大なるオヤヂの作品をじっくりと聴いてみたいと、ふと昨夕全く唐突に思い立ちました。凄くワクワクしています。何でなんだろう。

早速ネットで調べたところ、あまりにお安いのに驚きました。
573.jpg
Complete Masterpieces

輸入版ですが60枚入りで17,406 YEN。
レーベルはSONY Bmg Europe。
レビューを読んでもなかなか評判が良くて、しっかりとした製品のようです。
こんなにお安くて良いのでしょうか? 一枚300YENくらい。同じ製品を1万円で売っているところも見つけました。ちなみに同シリーズのモーツァルト版だと170枚入りで13,392YEN。さらにぶっ飛び。

オーヂオ装置のアホみたいな高額さに比べて、このように偉大な芸術家の作品がこんなに安いなんて、世の中正しいのだろうかとつくづく考えさせられてしまいます。もちろん現在の社会を支配している経済の仕組みからすると当然なんでしょうが、感覚的にはどうも腑に落ちません(特にオーヂオ装置は)。なんか値段と価値がまったく対応しないというか。。。

ハードディスクを増設しないと。。。

ちなみに三大オヤヂのあと二人は、偉大なる技術屋 本田宗一郎氏と偉大なる僕のオヤヂ。まあ三人目はフツーのオヤヂですが人間の真っ直ぐさでは負けてないです。僕の大好きなオヤヂ達。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村
テーマ:音楽的ひとりごと
ジャンル:音楽
2009年02月16日 (月) | Edit |
ベトベンについては書いてみたい事がいっぱいあるのですが、今回はちょっとだけ思いつくままに書いてみます。

中学生の頃に親父のクラシック レコードを片っ端から聴いて、随分早い時期にクラシックはベトベンが一番という結論を出してしまっていたような気がします。当時のお気に入りはチェロソナタ3番とトリプルコンチェルトそれと交響曲3番だったと思います。バッハやモチャルトも音楽としは凄くレベルが高いとは思うのですが僕にとっては「音楽」でしかないんですね。オッサンその人へアクセスできない感じ。でもベトベンの曲を聴くとバリバリ前向きで一直線な、僕の大好きな偉大なるオッサンのスピリットが見えてくるんです。

特にチェロソナタ3番は出だしがすごく格好良くて大のお気に入りでした。ちょうどその頃マイルスのカインドオブブルーを全曲エアチェックしてジャズにはまりかけていて、中でもSo Whatがお気に入りだったんですが、なんかこの2曲て出だしの雰囲気似てません?とにかくこの2曲のおかげで僕のその後のチェロ好き/ベース好きが決定付けられたような気がします。

最近クラシックは、すなわちベトベンは、ほとんど交響曲しか聴かなくなりました。もともと僕は指揮者とか演奏者とかは一流レベルであれば別に誰であっても大して気にせず、とにかくベトベンその人へ直接アクセスする傾向にあるので、演奏者違いで複数盤持っている曲は少ないのですが、交響曲は比較的多く持っている方です。

フルトベングラ: 1~9 (全集)
チェリビダッケ: 3、4、5
カラヤン: 3、5、6、8、9
ブロムシュテット: 1~9 (全集)

フルトベングラも良く聴くのですが、最近はブロムシュテットの一気聴きが一番多いですね。次にチェリビダッケ。実はMP3プレーヤーを購入する前に1年間ほど携帯電話(メモリ1G内蔵)と低音バリバリのBasFreqというイヤフォンを使ってフルトベングラーとジャコパストリアスばかり聴いていた時期があるのですが、再生音が良くなると録音の悪い(古い)フルトベングラーは敬遠気味になってしまいました。あまりオーディオの音質が良くなるのも考え物です。
フルトベングラーというと奇数番の演奏に定評があるそうですが、僕のお気に入りは4番と6番でした。響が美しくて時々ゾクゾクと鳥肌立ちそうになってましたね(携帯で。。幸せなヤツです)。

ブロムシュテットを始めて聴いた時はフルトベングラーやチェリビダッケに比べてテンポが軽やかなので、ちょっとムードミュージックみたいだな、と違和感があったのですが今ではとても気に入ってます。ティンパニーがクールです。でもちょっと金管がパカパカ五月蠅い気がします。
ブロムシュテットを聴いて、それまでそうでもなかった2番、8番が好きになりました。

たまに1曲気合いを入れて聴いて、第4楽章が終わった瞬間にヒューとか叫びたくなるのは、ここ最近ではチェリビダッケの5番でしょうか。やはりライブ盤は乗せられてしまいますね。基本的にライブ盤はジャズでもロックでもあまり好きでは無いのですが(プレーヤーと観客が盛り上がってると、オマエらが勝手に盛り上がってどないすんねん。盛り上がるのはワシや。と言いたくなってしまう)。

カラヤンは全然聴かなくなりました。昔はカラヤンの3番ばかり聴いてたんですけど。

ベトベンはこれからも何度も書く事になると思います。今日はこのへんで。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
テーマ:音楽的ひとりごと
ジャンル:音楽