FC2ブログ
2012年02月06日 (月) | Edit |
当ブログの最初の記事の日付が2009年2月5日ですので、昨日で丁度3周年を迎えた事になります。開設当初は、こんなに続くとは思いもしませんでしたし、こんなに沢山の方に読んで頂けるとも予想だにしませんでした。ご愛読、本当にありがとうございます。月間アクセス数も年々増加し、先月は初めて2万を越えました。

検索語では相変わらず「frieve audio 設定」が首位の座を守っています。Frieve Audioの最終リリースが2007年ですから、そろそろバージョンアップが望まれます。また、類似のフリーまたはシェアウェア ソフトウェアも今後、雨後の竹の子のごとく出てきて欲しいものです。「オンシツ」や「ナンチャラカン」や「ソーチノコセイ」ではなく本当に「音楽」を楽しみたいのであれば、この手のソフトウェアは必須となるでしょう。コレマヂホント。せっかく優れた技術があるのですから、使わない手はありません。というか、現時点で、アタリマエのように普及していないのが不思議で仕方アリマセン。ナンデヤネン?

今時のデジタルアンプは超低コスト/超コンパクト/低消費電力で十分に高いクオリティを備えています。ドライバごとにアンプを持たせるマルチアンプ構成にしてもコスト/サイズ的に大した事にはならぬでしょう。手軽にマルチアンプ化できるデジタルチャンデバ機能内蔵の安価でコンパクトなマルチch DAC (または、それを内蔵したプリアンプ、プリメインアンプ)が欲しいですね。ハチマルの場合2+1chで十分なので、大層な業務用のデジタル スピーカマネジメントシステムを使う気にはどうしてもなれません。オーディオマニアの間でも結構評判の良いベリンガ製のデジタルマネジメントシステムは超多機能ですが、価格はサンマンエンもしません。民生用に機能を限定すれば、かなりコンパクト/安価に作れるはずです。このデジタル時代において、民生用オーディオ分野だけが、とかく問題の多いアナログフィルタを未だにアタリマエのように多用している事には驚かされます。音源がデジタル化された時に、まずヤタッ!っと小躍りして喜んでも良いポイントだと思うのですが。。。。これまたナンデヤネン?

ブログ村のランキングは、お年玉フィーバーも落ち着いて、6位前後の定位置をキープしています。いつも応援ありがとうございます。

今後とも、記事の内容がお役に立ちましたら、是非応援のクリックをお願い申し上げます。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2011年07月30日 (土) | Edit |
ベト5のスペクトルをニンゲンの等ラウドネス特性で大まかに補正してプロットしてみました。大ざっぱに言えば、ニンゲンの耳には低音が聞こえ難いという特性を補正して、実際に耳で知覚しているスペクトルがどのような形になるのかを極簡単に求めてみたという事です。
ベートーベン交響曲第5番第1楽章(ブロムシュテッド盤のみ)
bet5 copy
緑が40Hzを基準に補正した特性です。ホール中央席付近で聴いても、CDを真っ当にフラット再生しても、ニンゲンの耳にはこのように聞こえるという事です。40Hzと10kHzの間でカマボコ型になっている事がわかります。例の「40万ヘルツの法則」に従って40Hzから10kHzまでフラットに再生できれば、このカマボコを低音/高音バランス良く再生できると言えます。

他のジャンルの曲も調べてみました。

マイルスのRiot
Miles Riot copy copy
ベト5と同じように、40Hzと10kHzがほぼ同じレベルに聞こえ、やや右下がりですが約60Hz~約8kHzがほぼフラットです。

マドンナのBad Girl
Madonna Bad Gir copy
補正しても40Hzの方が10kHzよりも6dB以上高くなっています。流石ズンドコ。。40Hz~約10kHzを直線で結ぶと、右下がりながらもほぼ直線的である事がわかります。この帯域をほぼいっぱいに使っているという事です。欲を言えば30Hz~13kHzの再生帯域が欲しくなります(青の直線)。時代が進むにつれて音楽が広帯域化していると見えなくもないですね(電子楽器はいくらでも帯域を延ばせる)。。もっとサンプル数を増やさないと定かな事は言えませんが。。

サンプルは少ないですが、今回の結果を見る限り、西洋音楽は「耳」で聴いた時に低音と高音がバランス良く聞こえるように、左上がりの(低音が大きい)スペクトルになっていると考えられなくもありません。また、ジャンルを問わず、40~10kHzというのが主要帯域であると考えても良さそうです。このバンドをビシッと位相の乱れなく正確に再生する事が、音楽再生における第一の基本課題であると言えるのではないでしょうか。

フラットに再生するというのは「ドン・シャリ」に再生するのとは全く異なります。低音を持ち上げるのではく、低域限界を下にフラットに伸ばしても決して「ドン」にはなりません。効果は意外と地味なのよ。シアター用の馬鹿低音とは全く別モノです。本来聞こえるべき音が聞こえるようになる、本来の音楽のフォルム(バランス、調和)が正しく耳に届くようになるというだけの事です。ソノヘン努々誤解なきよう。。。「ドン」にしようと思えば200Hz前後を持ち上げるヨロシ。

また、無響室で計測して40Hzまでフラットに再生する立派な特性の古典的大型スピーカーを何も対策していない普通の住居サイズのお部屋にぶち込んでも、定在波の影響でブーミーに聞こえる事が多いと思います。ましてや、とてつもない大音量で鳴らせば、ニンゲンのラウドネス特性もフラットに近付くため、さらに低音過多に聞こえるかもしれません。以前の記事に書きましたが、ホール中央席で聴くベトベン交響曲の最大音圧レベルは80dBAを大きくは超えません。装置単体の周波数特性だけでなく、部屋のサイズに見合った適度なリスニング距離(すなわち適度なSPサイズと低音増強)と適度な耳位置音量も音楽再生には重要なファクタであると言えます。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2011年07月10日 (日) | Edit |
「ホンマに自分が好きな音楽を聴く」

それが音楽を本当の意味で楽しむたのめ第1歩だと思う。ゾ。

「音質?」がアーダコーダと言う前に、ホンマに自分が好きな音楽を聴いてる?

自分はどの音楽を好きなのか?は自分にしか分かりません。

ソコントコの最も重要なステップをしっかりと踏んできた?

このステップをしっかりと踏んでいないヒトが、オーヂオ雑誌かなんかの推奨盤を買って、オーヂオ評論家のような聞き方をするのが「音楽」を聴く事だと勘違いして、「音」を出してオーヂオ装置をイヂクリマースと、「音楽再生」がトンデモナイ事になるような気がしてなりません。

自分がホンマに好きな音楽」を見つける事が第1歩です。

それは誰も教えてくれないし、ヒョーロンカなんかナンの助けにもなりません。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2011年06月25日 (土) | Edit |
遅くとも明日にはカウンタが30万ヒットになりそうです。延べ訪問者数で約15万人。ご愛読の皆様、ありがとうございます。最近は検索キーワード「leanaudio」が2位まで上昇。なんか嬉し。。1位は不動の「frieve audio 設定」です。

このブログでは、現在の「オーディオ業界」について、さんざん批判的な意見を書き殴っていますが、別に「オーディオマニア」を否定している訳ではありません。それはあくまで「趣味」ですから。「鉄道趣味」とオンナジ。マニアは堂々と好きなようにやればヨロシ。誰がなんと言おうと揺るがないのがマニアというもの。

しかし、そのような極めて「趣味的な」オーディオが、現代においてもまるでヒエラルキーの頂点に位置する真正正道のオーディオであるかのように扱われている点、あるいは一般大衆が画一的にそのように意識付けされてしまっている点、さらに言えば誘導されていまっているようにも思える点には違和感を禁じ得ません。

本来、オーディオ装置とは、オウチで音楽を楽しみたいヒトのための装置です。電線で変わるようなレベルの音質?の違いや、数マンエンとナンビャクマンエンのアンプの音質?の違いなんか、気にもしないのが普通です。何故ならば、電気/電子技術が十分に成熟した現代おいて、普通に音楽を聴き取る上で、そのような微細な音質?の違いはタイシテ重要ではないからです。

そんな微細な違いをワザワザ苦労して聞きわけようとせずに、意識は自然と音楽に向かうでしょう。なのに、普通に音楽を聴きたいだけのヒトにも「良い音?で聴くにはサイテー ヒャクマンエンは必要です」なんて事がさも「常識」であるかのように意識付けようとする。。。これは全く「非常識」としか思えません。そのような「常識」はマニアの間だけの「常識」に過ぎません。

余談ですが、優秀なオーヂオ技術者/マニアは音楽家よりも微細な音の違いを聞き分けられる。。てな事を聞きますが、それは音楽家が再生音楽を聴くにあたって、そのような「装置の」微細な音の違いをワザワザ聞き分けようとしないだけの事なんだろうな?と考えてもみないのでしょうか???音楽家は「音楽」を聴く耳を徹底的に鍛えますが、オーディオ装置の微細な音質?の違いをワザワザ聞き分ける事に注意を払わない、あるいは興味がナイ、ソンナノカンケーネーという事ではナイノカ??ソレトコレはゼンゼン チャウンチャウ?

すると「だったらラジオで聴け」と来る訳ですが、これは全く音楽と一般リスナーを馬鹿にしたハナシです。どうもオーヂオマニアの言葉のはしばしには「音楽」あるいは「音楽家」に対する傲慢さが見え隠れし、僕には違和感を禁じ得ません。オーヂオマニアってそんなにエライのか??ソンナニコーショーナシュミナノカ??そのような態度や言動はイッタイゼンタイ何に依拠するのか???僕にはチョット変わった音楽の「使い方」をするヒトビトとユーフーに見えるのだが。。ソーユーヒトビトが「音楽」とか「音楽家」とか「音楽再生」に対してヤタラエラソーなんだけど、ドシテ??。音楽を本当により良く聴こうとすれば、電気的技術が十分に成熟した現代において、そんな微細な音質?よりも、コンパクトで安価な装置でキッチリと十分な低域まで聴かせてあげる事の方がずっと重要だと思うゾ(高音も重要ですが、ソチラはそれほど苦労しない)。何故ならば、本来その音楽はそのような低音を含んで1つの音楽として成り立っているからです。そして、それが聞こえる事によって、音楽を聴く楽しさ/喜び/快感がグッと増すからです。

ジャズやポップスであれば、低音は殆どビート(ベースとドラムス)で構成されるため、低音が不足気味でもソコソコ楽しめます(ただし位相が重要)が、クラシック(とりわけ交響曲)を楽しく聴こうとすると、低音再生が非常に重要となります。信号増幅/伝達技術が十分に飽和した現代において(安物アンプでも、たかが音楽の周波数帯域の電気信号を増幅するには十分に低歪み/低ノイズ/広帯域)、僕は、普通に音楽を聴く人々に、何も知らずとも交響曲の低音を楽しめる低価格/コンパクトな装置行き渡らせる事こそが、オーディオ技術が目指すべき最重要課題であると考えます。

最近のJポップの製作現場では、聴衆の再生装置のレベルに合わせて貧弱なスピーカーでモニタリングしているとか、お嘆きの向きもあるようですが、これはとりもなおさず、オーディオ業界が上記の努力を怠ったためと言わざるを得ません。この事からも分かるように、マニア向けではなく、圧倒的大多数を占める普通に音楽を愛聴する人々向けに、マジメな音楽再生装置を普及させる事は、結局、音楽界全体のクオリティの向上にもつながるはずです。そして、アタリマエのようにそのようにしっかりと製作/再生された音楽に自然に親しんだ若者達が、よりクオリティーの高い音楽作品を作り出してくれるはず。。

アタシャネー、せっかくアンナニトンデモナクスゴイ作品がイッパイ遺されてるのだから、若い子達にもっと日常的に古典を聴いて欲しいなぁ。。。ベトベンなんかめっちゃカッコエーしね。とりあえず交響曲全曲やピアノソナタ全曲を1日中リピートで流しといてみなって。。集中して聴かなくてもエーカラさ。。。ヒトリのオッサンがこんなもん作ったのよ。ドウヨ。ジンセーカン変わるカモよ。。ホンマ。あと、あの命懸けのアノ時代のジャズ/ロックも聴いて欲しいなぁ。ズンドコ打ち込みでない低音もキチンとね。。。アイツラの気合いと集中力ときたら尋常ヤナイヨ。。ホンマニ。。イヤー、ニンゲンって凄いよね。。ニンゲンって素晴らしいよね。。僕達みんなそのポテンシャルを持ってるのよ。。ただ、あれだけ純粋に強く望めるかどうか。。強く望めれば、強く求める事ができれば。。。マイルスやベトベンやジャコの目を見てみなよ。。何だってデキルンよ。。今のオンガクみたいに「ミンナ同じニンゲンだよね」てな具合に気楽に共感できる類のオンガクではないけれど、その当時は君たちと同じような若者がそんな天才達の命懸けのオンガクに真剣に酔いしれたんよ。ジブンに近いレベルで悲しみや喜びを共有できるオンガクもヨイけれど、オンガクを通して遙か高みに達したニンゲンの偉業に畏怖し憧れるコトも大切だと思うよ。まずはビートルズやジミヘンなんかドーヨ?

あ。それとね。クラシックやジャズ聴くのにあんなオッチャン達のように大げさな装置なんかなくても良いからね。べつにアレがコーキューでコーショーな音楽の聴き方というワケでもゼンゼンないしね。あれはアーユー「趣味」なのヨ。それとね、ナンタラ形式とか主題の展開がドーシタとかコード進行がコーシタなんかもゼンゼン知らなくてOK。というかまずは何も知らずに素直に聴けば良い。。ヒョーロンカの言ってるコトなんか絶対信用しちゃ駄目だかんね。。。だいたいアーチスト本人の言ったコトだって信用できないんだよ。説明を求められてテキトーに答えてるか、ジブンでもヨク分からない事が多いからさ(だいたいヨク分からないからこそ、分かりたいからこそ、命懸けでやってんだからね。ゲージツカってやつはさ。説明を求めるのは愚の骨頂ってヤツ)。。ゲージツはワカラナイとかいうけど、わからなくてアタリマエ。。作った本人ですら確たる事はワカラナイのだから。。「ジブンナリ」に素直に感じ取るしかないのよ。。。。。君たちは君たちのスタイルで、ゴキゲンにクラシックも古典も楽しんで欲しいなぁ。。。。。。。ソーユー子達のためにマジメに作られた(十分な低周波数までフラットに位相遅れなく再生できるコンパクトでリーズナブルな価格の)音楽再生装置が最優先で必要でしょう。

過去のオーディオ技術者は、当然ですが、高音から低音までキッチリと再生する事を基本課題として(コレアタリマエ)心血を注いできたわけですが、当時の技術レベルでは、あのように巨大/複雑/高価に成らざるを得なかった、あるいは様々な技術的制約のために不本意ながら一部の特性を妥協しなければならなかった、例えばPA用のスピーカーであれば当時の非力なアンプで大音量を出すために、あるいは家庭用のスピーカーであればサイズ/価格的に妥協を強いられたという事です。あのようなカタチやオオキサあるいは独特な音は、当時の技術レベルの足枷の中で、技術者が苦闘の末にやむを得ず採用した苦肉の結果であるとも言えます。オーディオに限らず工業製品とは、常にその時代の技術的制約の中から産まれる妥協の産物です。果たして現代のオーディオ装置はどうでしょうか?

とはいえビンテージ物を愛でる事を否定するつもりは全くありません。過去の人類の叡智に敬意を表する事もモチロン大切だし、素敵な行為だと思います。とりわけ日本人は「物作り」を尊ぶ精神に溢れています。僕だって、開けたらサハラの砂が出てきそうなボコボコのライカM2(完動だよ)を防湿庫で大切に保管しています。また、250LM以前のフェラーリが大好きでミニカーも集めています。しかし、その一方でカメラのデジタル化や、自動車のハイブリッド化/電動化は極めて真っ当な技術進化であると思います。果たして現代のオーディオ技術はどうでしょうか?

現代のいわゆるマニアックなオーディオとは、もはやオーディオ全体のピラミッドの頂点に位置するものではありません。過去の黎明期において、それはある意味ヒエラルキーの頂点であったかもしれません。何故ならば、必要以上にコマケーコトにアーダコーダ拘る以前に、「音楽」を「再生」する上での「基本的技術課題」が山積みであり、それなりに「音楽」をマトモに聴こうとすると、それなりに高級な装置が必要であったためです。しかし、基本技術が十分に成熟した現代において、それは特異でニッチな「趣味」の領域、例えれば鉄道分野における鉄道マニア、自動車分野におけるスーパーカー マニアやクラシックカー マニア、とりわけ時計分野における高級腕時計マニアに相当すると認識すべきでしょう。果たして現代のオーディオ業界はどう認識しているのでしょうか?

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用