FC2ブログ
2014年01月04日 (土) | Edit |
帰省の際に新幹線の車中でサウンドブラスターEVO ZxRのアクティブ ノイズ キャンセラー(ANC)の効果を確認しました。

オウチではANCの効果は全く感じられず、ホンマニ効くんかいな?と半信半疑だったのですが、新幹線の車中では確かに効果を実感できました。特にゴーーーという低い唸り音はかなり効果的に消音してくれます。しかし、ヒトの話し声等はよく聞こえるため、総合的な効果は期待した程ではないナァ。。というのが実感です。ANCなしのEVO Zxを買った方が良かったかな?というのが正直なトコロ。。。。おそらく安全のために人声や車のクラクション等は消音しないように設計しているのだと思います。

カナル型イヤフォンに遮音性の高い低反発イヤピースを使った方が音楽を聞きやすいかもしれません(ただし人声や警笛等も聞こえ難くなるので、歩行中等の使用では安全性に問題アリ)。喫茶店や車中の座席等、安全性に問題の無い使用条件では、これにANCを組み合わせるのがベストではないでしょうか。今使っているBluetoothイヤフォンが駄目になったら、今度はANC付きのイヤフォンを試してみようかな。

SONYのMDR-EX31BNというのが良さそうですね。周囲の騒音の種類に応じてANCのモード(3種類)を選択できるようです。
y_MDR-EX31BN_008.jpg


屋外で使う場合、コマケー音質がドータラコータラなんかよりも暗騒音の低減の方が遙かに決定的で効果的ですからね。ソラモーアンタホンマニ。また、何度か書いたように、暗騒音が下がれば快適音量も下がるため、ANCはお耳の健康のためにもヨロシイはず。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2013年08月26日 (月) | Edit |
今回はアナログ入力式のBluetoothトランスミッタを試してみました。。というオッハナシ。

その前に。。。

実は、大分以前にサウンドブラスタの5.1ch DACをお手軽品のX-Fi Surround 5.1 ProからハイエンドのSound Blaster ZxRに交換しています。これはPCにボードとして内蔵するタイプです。

BT ZXRbanner1
定価は19,800YEN。詳細はコチラ

サブウーハ用チャンデバの位相回転が改善されるかも?と期待しての購入でしたが、X-Fi Surround 5.1 Proと同じでした。ザンネン。。。また、ボリュームが大きくて使いやすそうに見えたのも購入の動機でしたが、このボリュームはヘッドフォン出力専用であって、DACアナログ出力のマスタ音量の調整はできませんでした。これまた、ザンネン。。。

オンシツは、例によってトッカエヒッカエして聞き比べていないのでヨックワッカリマセンが、良いはずです。キットね。オンシツにウルサイ人用にオペアンプを交換できるようになっているそうです。

複数の設定(スピカ構成、DSP設定、イコライザ等)を「プロファイル」として保存できるので、例えば、iTune用、FrieveAudio用、ヘッドフォン用の設定を作成して名前を付けて保存しておき、簡単に切り換えられるようになった点は便利です。以前のX-Fi Surround 5.1 Proだと、スピカ再生からヘッドフォン再生に切り換えるには、個々の設定を1つずつ変更する必要がありました。

また、ヘッドフォン再生には相当注力しており、ヘッドフォン専用の大きなボリュームと、最高600Ωインピーダンスも駆動可能な独立したヘッドホン出力を備えています。

下はヘッドフォン出力を選んだ時のDSPエフェクト設定画面です。
BT ZXR DSP
交響曲をヘッドフォンで聴く際、このサラウンド機能が僕には非常に具合良く聞こえます。サラウンドといっても僕には別に囲まれたようには聞こえません。しかし、ステレオソースでは左右いっぱいに拡がっていた楽器が中央に適度に寄せられ、反響音は少し拡がって聞こえるような感じでしょうか。

また、Bassブースト機能を使うと、イコライザを使わずに低音を増強できます。MDR-F1で聴く時は、上図のように少しブーストを効かせてイコライザをOFFにします。MDR-Z1000を使う場合はブーストせず、逆にグライコで60Hzを6dB弱落とします。設定プロファイルをそれぞれのヘッドフォン用に作成してあるので、設定の切り換えは容易です。

さて、これからが本題。
この優れた機能をBluetoothで飛ばした時にも使えるようにしよう!というのが今回の狙いです。

それには、サウンドブラスタのヘッドフォン出力に接続できるアナログ入力式のトランスミッタが必要です。

この場合、DSP後のデジタル信号をアナログ信号に変換し、ヘッドフォンアンプで増幅した信号をトランスミッタに入力します。トランスミッタでは、このアナログ信号を再度デジタルに変換してから無線で飛ばす事になり、デジタル信号のまま飛ばしてしまうUSB直指し型に比べると、信号クオリティ的には当然不利になります。

つまり、信号クオリティの劣化とDSP効果のトレードオフになるという事です。

で、下記の条件を満たすアナログ入力式Bluetoothトランスミッタを物色しました。
1) 据え置きで使うので、充電しながら送信できる事
2) 高音質コーデック(AACまたはapt-X)に対応している事

この両方の要件を満たす製品は1つだけ見つかりました。
それがコチラ
BT 61+TgNBuDLL__AA1500_
Avantalk BTTC-200X(apt-X)
Amazonで4KYEN弱で購入
詳細はコチラ

BluetoothバージョンはV2.1+EDR、コーデックはapt-Xに対応しています。クラス2なので、通信距離は最大10m。スイッチの切り換えで受信機としても使えます。ネットでの評判も良いようなので購入してみました。

で、使ってみたのですが、ロジテック製レシーバとの相性が悪いのか、残念な結果となりました。

問題としては、
1) PCのボリュームを40%以下にしないと、入力が飽和して音が歪む
このため、ヘッドフォン側で十分な音量を得るには、レシーバの音量をほぼ最大にする必要があり、レシーバ側のS/Nが不利になる。ただし、実用上許容できるレベル。

2) 時々グリッチが発生する
時々プツ、プツと音が途切れる(グリッチが発生する)現象が生じた。特に、PCのUSBポートから電源を取ると現象は酷くなる。電源を別のアダプタから取り、トランスミッタをレシーバから見通しの良い位置に置く事で改善されたようだが、クラス1のUSB直指し型に比べると通信状態は脆弱。

3) 微小音量で音が途切れる
上記1)と2)を対策した後でも、交響曲の最弱音パートで音が細かく途切れる。上記のグリッチとは異なり、もっと細かい間隔で途切れるように聞こえる。PC側のボリュームを上げると改善されるが、上げ過ぎると大音量の信号で音が歪む。この点でも脆弱。

結局3)が致命傷となって使用を断念しました。ネットでは評判が良いみたいなので、ロジテック製レシーバとの相性の問題かもしれません。オーディオ用としてはまだ発展途上の感があるBluetoothですので、トランスミッタとレシーバは同じメーカのものを使った方が当面は安心かも知れませんね。

という事で、Bluetoothで聴く場合は、例の抵抗入りアダプタでセパレーションを弱めて聴く事にしました。交響曲を真剣に聴きたい時はモニタヘッドフォンを有線で接続すれば良いでしょう。そのうち最新型のアナログ入力式トランスミッタが発売されたら、また試してみたいと思います。しかし、据え置き用のアナログ入力式高性能Bluetoohトランスミッタの需要なんか殆どないでしょうから、あまり期待できません。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用