FC2ブログ
2014年02月11日 (火) | Edit |
このBCLラジオはラインOUT端子(ステレオ)を備えているため、FM放送を聞くときにIcon AMPに接続してZAP君のAlpair6Mで音を出そうとしたのですが、ラインを接続せずにIconの電源をONにするだけでもラジオに盛大にノイズが乗るため全く駄目でした。やはりスイッチング電源は相当電磁ノイズを放射するようですね。そこで、暫く使っていなかったTU-870を復活させました(FMであればノイズはOK)。。。というオッハナシ。。

_1000360.jpg

で、普段通りiTuneでコレクションを聴く時もTU-870を使っています(もちろんA10サブウーハ+Daytonアンプを併用)。今度はIconがお蔵入りですね。

一時期、真空管アンプの音を気に入ってTU-870を愛用していたのですが、ZAP2.1が完成してオヂオ開発が終結するとコマケー事はどんどん気にならなくり(イヤホンマニ)、夏は暑いし電気代ももったいないので、長い事お蔵入りにしていました。まぁ、そんな感じなので、今さら真空管アンプに戻したからと言って別段オトがドーノコーノって事はなく (なんか全然変われへんやんという感じ)、以前は何故あのようにシンクーカンを気に入ったのか、今ではフシギに思えます。一通りイロイロやってみて、ZAP2.1が実用的に「音楽」を楽しむ上で全く十分に満足できる状態に達したため、「オンシツ」というヤツにワザワザ意識を消耗するレベルが、LEANAUDIOに着手する以前のレベルに(つまり正常なレベルに)戻ったという事でしょう。

とはいっても、A10サブウーハの必要性は今でも強く感じます。これも久しぶりに馬鹿ブー方式(60Hzまでフラット)で暫く聞いてみたのですが、以前よりもなんだか物足りなく感じました。40Hzフラットを常態として聴き慣れてしまったという事でしょう。

結局、耳元で、必要十分な帯域(40Hz~10kHz)をしっかりとカバーし、周波数/時間ドメイン的に正確に再生し、ノイズと高調波歪みが十分に低ければ(つまり、リスニング位置のマイク1本で全て簡単に計測できてしまう物理特性が十分に良好であれば)、あとのコマケー事は全く個人的オコノミの問題ヤネ。。。というのが正直な実感です。僕の中でオヂオ開発は全く完結したようです。あとは今まで通りに音楽聴くダケ。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2011年09月04日 (日) | Edit |
ネットラジオを聴いていると、128kbpsの局でも、特にクラシック曲で、時どき高音に違和感を覚える事があります。例えばピアノの高音のアタックがビビッタ感じに聞こえるとか(得にベトベン専門局を聴いている時)。逆に低ビットレート(64kbps)の局でも、同様のアタック音が気にならない場合もあります。局側のデータ処理方法によって音質が異なる可能性もあります。

そこでケロに使っていたTU-870をガマに使用したところ、なかなか具合良さそうです。低ビットレートでささくれだったところを適当に丸めてくれるという事でしょうか?しばらくこの組み合わせで聴いてみたいと思います。ケロ君にはKA-S10で我慢してもらいましょう。TU-870、も一個買うかな?

847.jpg
ほこりだらけのTU-870。トランスが大きいので、横いっぱいにはり出しています。

僕のTU-870はプチ改造しています。回路自体は3結等を試した後オリジナル状態に戻しましたが、出力トランスを大きめの物に交換しています。また、カプリングコンデンサを定番の「ビタミンQ」に交換しています。このビタミンQですが、最初は「なんじゃこりゃ」という感じの音でした(ダルい音)。エージングに時間がかかるとは聞いていたので、とりあえず音質にあまり影響しない部分(NFB回路)に取り付けて約半年間使用した後に、再びカプリング用に使用したところ今度はGOOD。標準のコンデンサより確かに素敵な音がするような気がするようなそんなような気がしました。少なくとも新品の音は標準コンデンサに比べて明らかにダルかったので、エージングによって音が変わったというのは確かなようです。コンデンサにしろコイルにしろ機械的構造を持ち、交流が流れると微小に振動するため、エージング効果というのは確かにあるようです。ですからアンプ等電気回路のエージングというのには納得です。スピーカーは全くの電気/機械部品ですのでエージングが重要なのは自明です。デンセンはよくわかりません。

ちなみに、オーディオ用として珍重されるコンデンサの多くは、コンデンサとしての純粋な電気的特性という観点では落第品だそうです。人間って、音に適度な雑味が加わった方が気持ち良く感じるという事でしょう。真空管アンプが好まれるのも、同じ理由だと思います。やり過ぎると音楽が聴きにくくなりますが、基本的音楽再生性能(可聴帯域の下限近くまでフラットに位相遅れなく)をしっかりと確保し(これは音楽再生装置として最優先されるべき大前提)、付帯音を徹底的に除去した上で、ほんのりと好みの雑味を効かせるのは乙なものかもしれません。そういう意味で、LEANAUDIO(デジタル ニアフィールド)+真空管アンプは相性が良いと思います。部屋で響かせーの、箱で響かせーの、アンプで響かせーのというのは制御不能(富士の樹海)なような気がします。今時はソースまでDSPで響かせーのですからエライこってす。ホンマニ。。。

片方の真空管が駄目になりかけていた(時々ブチバチ音がする)ので、片方だけ新品に交換しました。同じEH製なので、ペアリングは気にしない事にしています。人間の耳って、左右で結構特性が異なります。イヤフォンの片方を右耳と左耳で聴き比べて見るとよく分かりますよ。。だもんで、細かい事は気にしない事に。 ちなみに体調(たぶん血圧)や鼓膜前後の圧力差の状態等によっても、耳の特性は結構変化するように思います。ダイビングの時にやる「耳抜き」をすると、高音の聞こえ方が明らかに変化する場合があります。音質をチェックする時は、必ず耳抜きをして鼓膜の前後圧を均等にしましょう? てか。

装置の微小な変化に対して人体および環境側の物理的/心理的変動幅が非常に大きいような気がします。つまり、その時の肉体的/精神的状態(上記の耳の状態、気分、直前の出来事)、環境(周囲の騒音、明るさ、気温、湿度)による物理的および心理的影響、とどめは例のプラシボ(だっけ?)も主観的「音質?」に影響します。なので、「音質?」を気にせずに長時間「音楽」を聴いてみないと(つまり本来の目的で長時間使用してみないと)、装置の音質評価はできない。。。というのが、LEANAUDIOでイロイロやった上でのハチマルの結論でもあります。例えば、吸音材ぎゅう詰めは今やLEANAUDIOの標準仕様となりましたが、ポチ2型の吸音材が箱イッパイになるまでに半年以上もしかしたら丸1年はかかっています(年がら年中、仕事しながら目の前のSPで様々なジャンルの音楽聴いた上での結果です)。

そのようにして最終的に生き残ったのがAlpar6M馬鹿ブー(この瞬間「ZAP(ザップ)」君と命名!)とケロ君です。さてさて、今回のガマ君は生き残れるのでしょうか?

追記1
出典: 英辞朗
zap
【間投】
バシッ、ビュッ、ビュン
【名】
〈米話〉攻撃
〈米話〉活力、元気、情熱、活気
〈米俗〉《コ》消去
【自動】
サッと動く、素早く動く
【他動】
強打{きょうだ}する、打ち負かす、攻撃{こうげき}する、感動{かんどう}させる、撃つ、口でやっつける、砕く、殺す、負かす、素早く動く、驚かす
電子レンジでチンする

追記2
そんなオーディオで楽しいのか?と思われる方も居られるでしょう。言っておきますが、ハチマルは別にいわゆる「オーディオ趣味」を「楽しむ」つもりは毛頭ありません。「音楽」をより楽しみたいだけです。そして、LEANAUDIOのおかげで、未だかつてなく「音楽」をより楽しめるようになりました。学生時代にケロが欲しかったとつくづく思います。クソ。。。逆に、マニアックなオーディオを見ていて、やたら微細な音の違いを聞き分ける事がそんなに「楽しい」のかなぁ?もっと他に重要なファクタがいっぱいあるのになぁ。。と僕には不思議に感じられます。ハチマルは「自分の部屋」で「音楽」をより快適により深くより自然により明瞭に聴き取れる装置が欲しいので自分で作っているだけです。面倒臭いけど。。。「音楽」に対する確固たる嗜好というのはしっかりと持っているつもりですが、「確固たる自分の音」とやらには執着しません。再生音には「正確/自然/明瞭」であって欲しいと願います。。だって、基本的に「確固たる自分の音」を持つべきは表現者の側であって、「音に対する確固たる嗜好あるいは表現意図」を持つ「音楽家」が鍛え抜かれた感性でもって選びぬいて決めて世に問うた音をできるだけ素直に聞きたいわけですから。それがその音楽家および音楽作品の表現/個性であるわけで。。。。そのへんが真逆というか。。。そもそも「音」は音楽を構成/伝達するための素材/媒体であり、その「音」でもって記録されている「音楽」の全体と細部を正確/明確に再生/伝達してくれる事を第一に望みます。そんなもの(計測で評価できる音質の改善)は簡単にできる、計測には表れないビミョーな「音質?」の追究こそが難しくて重要なんだてな事を言われますが、その「簡単な事」をきちんと現実的な実用環境で提供してくれる装置が果たしてあるでしょうか?バスレフポート、アナログフィルタ、一般ユーザの住環境に対して馬鹿デカ過ぎるサイズ、アホみたいな価格。。。僕の部屋で僕のデスクトップで僕のベッドサイドでの実用状態で僕の満足できるレベルの音楽再生クオリティを提供してくれる現実的なサイズ/価格の実用装置は、僕の知る限り市場に存在しません(これに対し携帯プレーヤー、イヤフォン/ヘッドフォン関係は性能/価格/デザイン的によく頑張っていると思う)。ヒャクマンエンする大層な装置をぶち込んでも駄目な事は明白です。売ってりゃ買ってますがな。面倒くさい。。どうもこのへんは永遠に平行線をたどると思います。因って立つトコロが180度異なるわけですから。以前に書いたオーディオ装置を「音楽」を聴くための道具とするリスナーズ オーディオと、オーディオそのものあるいは「音」そのものを趣味とするエンスージアスティック オーディオという事でしょう。雑誌等のメディアは後者ばかりを取り上げ、オーヂオとはそう言うものと固定観念を持たされている可能性もあります。それこそメディアや周囲にまどわされず、「自分」は音楽をどう聴きたいのかという「確固たる自分のスタンス」を持つ事が大切だと思います。よ。。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年05月28日 (金) | Edit |
新システムのコンセプトについてまとめてみます。

基本コンセプト
1. 音色を支配する100Hz以上を好みのフルレンジ1発で持たせる
2.音色を支配する100Hz以上を好みのアンプで駆動する
3.音楽を下支えする100Hz以下は別の高出力/高DFアンプを使用してウーハーをバキバキ駆動する(バイアンプ)
4.両帯域間のレベル差は両アンプのボリュームで揃える
5.全体の音量はプリのボリュームで調整する
6. 全体をFrieveAudioのイコライザで調整して部屋の影響を修正する

このようなシステムでは、土台の低音システムを変えずにメイン システムだけ好みに合わせて変更できるので経済的なソリューションだと言えます。特に、低域の駆動力(DF)が弱い小型真空管アンプの弱点を補う事ができる点でも魅力的ではないでしょうか。100Hzという低い周波数でクロスするため、一般的な周波数でクロスするよりもつながりは自然だと思います。我ながら良くできたコンセプトだと自画自賛であります。
しかーーし

それでもやっぱりIcon AMPとAlpair5だけで馬鹿ブーストした方が、差は僅かですが低音がビシッとタイトで明瞭かつ自然に聞こえます。ロンさんのスピーディーなベースがGOOD。スピーカーが近い事もあり、この自然さを超えるのはかなり難しいようですね。。。と、ちょっとがっかり。

ところで、僕のジャズ コレクションの大部分はLPでリリースされた時代の(だいたい1985年以前)の楽曲です。これらの録音では、レコードプレーヤの針飛びを考慮してか低域信号レベルが高くなく、馬鹿ブーストでもほとんど問題無く聞く事ができます。従って新システムでも、ウーハーが常時ズンドコ動くわけではありません。ちなみにウーハー用のアンプをONにするのを忘れても、暫く気付かない程度です(苦労した割にはそんなもんなんです)。30Hzフラットと言うとさぞかしズンドコだと思われるかもしれませんが、基本的にジャズもクラシックもLP時代の録音では低域信号はあまり高くありません。特に50Hz以下なんてほどしかありません(ところが交響曲ではこの屁が重要なようか気がしてます。楽器の音というよりはホールの響きですかね?)。
228b_20100528154432.jpg
(参考記事はコチラ)

ところが、完全にCDだけの時代になってからの録音では、ちょっと事情が異なるのではないかという気がします。
僕のシステムは60年代のマイルス クインテットのロンカーターのベースの聞こえ方を重視してチューニングしていますが、彼の比較的最近のアルバムではベース音で馬鹿ブーストしたAlpair5が完全に破綻してしまいます(ブリブリとかビチビチとはしたない音が出る)。何もそこまでベース音を上げて録音せんでも良さそうなものですが、マイルス時代にひたすら伴奏に徹した反動ですかねぇ。ロンさん?

で、最近は全ジャズコレクションをランダム選曲で常時流しっぱなしにする事が多いため、馬鹿ブーストだとたまにズッコケルのが鬱陶しくて、これをなんとかするために今回の新システムに着手したというのが事の次第です。あ。それと、なんとか真空管アンプを使いたかったのよね。

ちょっと気が早いですが、新システムの改良案として、ウーハーにMarkAudioのCHR-70を片チャンネル2発使って見ようかなぁ。。なんて考えています。ちなみに10cmドライバー2発の振動板面積はほぼ13cmドライバーと同等になります。これにより、次の効果が期待できます(かな?)。

1) よりスピード感のある低音(振動板1個の質量が低い、剛性が高い)
2) より自然なつながり(ダイアフラムの材質、設計思想が同じ)
3) 音の発生中心が移動しない(Alpair5の上下にCHR-70を配置)

でもねぇ。。。考えてみたらAlpair7 一発で馬鹿ブーストした方が良いような気もするのね(低域がもう少し伸びるのと、Xmaxがでかいのでブースト耐性が高い)。あ、でも馬鹿ブーストだとまたシンクーカンがブチバチと。まぁ、新システムができたばかりだし、ボチボチ行きましょう。

追記
新システムとか偉そうに言ってますが、実はこれフルレンジ スピーカーにステレオ式サブウーハーを付けただけの事なんですよね。次回は「サブウーハーは2本必要か?」について書いてみるかな?

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年05月27日 (木) | Edit |
今回はリスニング位置での測定値です(スピーカーからマイクロフォンまでの距離は約75cm)。

526.jpg
前回紹介した20cmでの測定値との比較です(L側、Icon AMPを使用)。スピーカーの位置は同じで、マイクロフォンの位置だけが異なります。このようにスピーカーから少し離れただけで特性が随分凸凹になりますが、1m以上離れると低域がさらに激しく歪みます。

128_20100527142932.jpg
これは以前に測定した参考データです。この時はF80AMGをデスクトップの前端に置いて、スピーカー軸上で測定しています。135cm離れただけで500Hz以下が凄まじい事になります。

528.jpg
再び今回のデータです。リスニング位置で測定したR/Lスピーカーのデータを比較しています。500Hz以下の低域では、R/Lが一緒に上下する周波数領域と、R/Lで明らかに異なる変化を示す周波数領域が存在します。単純に考えれば、前者は前後壁または上下壁(天井/デスク)の反射の影響、後者は左右壁の反射の影響によるものと推察できます。500Hz以上の凸凹はデスクトップの影響と思われます(スピーカーをデスク前端に置いて測定した場合、500Hz以上の凸凹はほとんど発生しない - 1つ前の参考グラフ参照)。

近いうちに新聞紙か何かで巨大な戸澤式レゾネータを作って部屋の特性を改善できるかどうか試してみる予定です。市販されている音響調整用ボードは随分高価ですが、新聞紙でこれに挑戦してみたいと思います。

なお、TU-870のデータは割愛します。アンプによる違いはほとんどありません。

529.jpg
新システムのイコライザ係数とおなじみAlpair馬鹿ブーストのイコライザ係数を示します。新システムでは全域で±6dB程度の補正だけで、30Hzまで完璧にフラットな特性が得られます(というか補正しなくても十分な特性が得られます)。補正後の測定データはお見せするまでもないと思いますので割愛します。

次回は、このようなコンセプトの利点について考えてみたいと思います。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年05月26日 (水) | Edit |
新システムの測定データをご紹介します。

今回はスピーカー前方20cmのデータだけを取り上げます(部屋の影響が少ないため、こちらの方が見やすいので)。

1. ウーハーの特性
523.jpg
「3.0mH」のデータはチャンネルデバイダを使用せずに3.0mHのコイルだけを通した場合の特性です(コイルも外すと5kHzまでほぼフラットな特性になります)。グラフには、チャンネルデバイダのカットオフ周波数を200Hz、120Hz、60Hzに設定した場合の測定値をプロットしています。フィルタの減衰特性はほぼカタログ通り24dB/Octになっています(縦軸の1目盛りは3dBです)。

2. メインスピーカー(Alpair5)の駆動にIcon AMPを使用する場合521.jpg
メインスピーカーへの信号はチャンネルデバイダを通さずに直接Icon AMPで増幅します(つまり、ドライバーの自然なロールオフ特性をそのまま利用します)。チャンデバを経由しないため、信号クオリティ的にはこちらの方が若干有利になるはずです。

最終的に下図の特性が得られました。30Hz/-3dBまでほぼフラットなので、基本的にブーストの必要はありません。音場補正で部屋の影響だけ修正すれば、完璧にフラットな特性が得られます。
524_20100526162755.jpg
チャンデバのクロスオーバー周波数を60Hzに設定し、ウーハー用アンプ(A-905FX、60W/4Ω)のボリュームを1/2(12時)の位置に固定した状態で、メインスピーカー用アンプ(Nuforce Icon Amp、24W/4Ω)のボリュームでf特がフラットになるようにレベル調整しました。上図は約1時のボリューム位置で得られた結果です。チャンデバの設定クロスfは60Hzですが、実質的なクロスfは約100Hzとなります。この状態では、プリコントローラのボリュームを12時~3時の位置にするとちょうど良い音量が得られます。アンプ側のボリュームを上げすぎると、プリ側で信号レベルを絞り過ぎる事になり、バックグラウンドのノイズレベルが増加します。チャンデバでのS/Nをある程度高く維持するために、アンプのボリュームは上げすぎ無い事が重要です。

3.メインスピーカーの駆動にTU-870を使用する場合
522.jpg
この場合は、メインスピーカー用信号もチャンデバに通して低域をカットしています。過去の経験から、低域ブーストによって真空管の寿命が極端に縮まる(ブチバチ ノイズが発生する)傾向があるため、真空管保護の目的でこのような構成としました。ちなみにチャンデバによる音質劣化は聴感上全く感じません(ハチマルのボケ耳ではね)。

525.jpg
ウーハー用アンプとチャンデバの設定はIconの時と同じまま(ボリューム12時、クロス60Hz)、TU-870のボリュームでレベル調整した結果、約3時の位置で上図の結果が得られました。Iconの場合に比べてクロス前後のレスポンスが若干落ち気味ですが、最終的に自動音場補正で完璧にフラットにしてしまうので、気にする必要はありません。

この設定で3週間ほど毎日12時間連続使用していますが、今のところブチバチ ノイズは発生していません。少なくとも半年はもって欲しいものです。

次回はリスニング位置での測定結果をご紹介します。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年05月20日 (木) | Edit |
本日は新LEANAUDIOシステムの写真をご紹介。

写真があまり綺麗に撮れてませんがご容赦を。。(僕はストリートフォト専門なので、物撮りは嫌になるくらい下手です。これでも一昨年は銀座のニコンサロンで個展やったり、写真新世紀やエプソンのカラーイメージングでも入選してるんですけど。。。)

514_20100521143351.jpg
デスクトップはこんな感じです。装置類はデスク左横のラックに置いたので、デスクトップはすっきりしました。手元でボリューム調整できるようにL側スピーカーの横にパッシブプリだけを置いています。
ウーハー用のボックスは4Lの密閉型。メインのAlpair5は以前のまま2.5Lの密閉型。Alpair5の上側に付いているのはチープなスーパーツイーターBATPUREです。効果が良く分からないので暫く使ってなかったのですが、もったいないので復活させました。相変わらず効果の程は良く分かりませんが、外観上のアクセントにもなりますし。。。

512_20100521143430.jpg
メインスピーカーの位置が低いとデスクトップの反射の影響が強く出るので、耳位置よりも高めに設置しています。このためメインスピーカーは少し下向きになるようにインシュレータでお尻を持ち上げました。

513_20100521143550.jpg
デスクの左側に置いたラックの様子です。本来のLean & Compactポリシーに反するたいそうなシステムになってしまいました。チャンネルデバイダーはホームオーディオ用ではなく19"ラックマウントを前提に設計されているため、置き場所に苦労したあげく壁面に上向きに取り付けてみました。

チャンデバに取り付けた配電盤みたいなのは、メインスピーカー用の2台のアンプ(TU-870とNuforce Icon AMP)を簡単に切り換えられるように作ってみました。使用しない方のアンプには安全のために8Ωの負荷抵抗を差し込むようにしています。その下のコイルはウーハーの高域ノイズ除去用です。

ウーハーにはかなりパワーをかけるため、無信号状態で微かに「サー」ノイズが聞こえます。スピーカーの距離が遠ければ問題無いレベルだと思いますが、僕のシステムではウーハーが目の前にあるので少し気になりました。そこで以前実験用に購入した3mHのコイルをアンプとウーハーの間に挿入してみたところ、ノイズはほとんど聞こえなくなりました。効果絶大です。計算上のカットオフは約500Hzになります。

せっかくIcon AMPを購入したのですが、ほとんど使用していません。100Hz以下をデジタルアンプでアシストしたTU-870とAlpair5の組み合わせが僕の好みにドンピシャにはまったという感じです。今のところ唯一の例外はピンクフロイド。ロックは最近これしか聴かないのですが、この時だけはIconの方が明らかにGood。その他はクラシックもジャズ(アコ/エレキ含む)も真空管の方が圧倒的に好みに合っています。ジミヘンは僕的にはジャズの範疇にあり、これも絶対シンクーカンで聴きたいですね(特にLittle Wing、惚れ直しました)。ジャコのエレキベースももちろんTU-870の方が宜しい。あとは真空管の寿命がどこまで延びるか?ですね。1日12時間使用で少なくとも半年はもってもらわないと、本格的に真空管アンプ導入には踏み切れないです。

音質的にはこのシステム予想以上に大当たりでした。バイノーラル録音してブログで公開できないものか、ちょっと検討してみようかな。。と。

次回から測定データを紹介しながら、デジタルオーディオの利点について考えてみたいと思います。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2010年05月15日 (土) | Edit |
ということで、下図のようなシステムが完成しました。

システムチャート copy
クリックすると拡大します

我ながら非常に良い出来です。正直言って予想以上の結果が得られました。

基本的なコンセプトは、
約100Hz以下だけを13cmウーハー+ハイパワー デジタルアンプで駆動し、100Hz以上は8cmフルレンジ1本を低パワー真空管アンプで駆動するというものです。特に(トランスの)小さな真空管アンプでは低域の駆動力がどうしても不足しますが、このハイブリッド コンセプトではウーハーを高DF/高出力のデジタルアンプでゴリゴリ駆動するので、そのような欠点が補えます。

このちっこい真空管アンプの音色で、春の祭典だろうがマドンナだろうが、楽勝で30Hzフラットのタイトな低音がガンガン聴けます。Alpair5だけの馬鹿ブーストのように、低域の大入力で時々ずっこける事も一切ありません。基本的に100Hz以下の音はボーボーとかゴーゴーとか鳴っているだけなので、音色自体にはほとんど影響しないと言われています(デジタルフィルタでローパスかけて聴いてみると確かにそんな感じです)。ですからウーハー+デジタルアンプとのつながりにも不自然さを感じる事は全くなく、フルレンジ一発馬鹿ブーストと比べても違和感はありません。真空管アンプには100Hz以下の低域信号は入力されないので、例のブチバチ ノイズ問題も完全に回避できるのではないかと期待しています。やっと真空管アンプ(TU-870R)を使いこなす事ができたかな。。という感じですね。TU-870R + Alpair5はホントにご機嫌です。何よりも音楽を聴くのが楽しい。

このハイブリッド コンセプト、かなりイケテルと思います。真空管アンプをお持ちの方、是非お試しあれ!

詳しい測定データ等は今後の記事でご紹介します。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます
にほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用