FC2ブログ
2013年08月26日 (月) | Edit |
今回はアナログ入力式のBluetoothトランスミッタを試してみました。。というオッハナシ。

その前に。。。

実は、大分以前にサウンドブラスタの5.1ch DACをお手軽品のX-Fi Surround 5.1 ProからハイエンドのSound Blaster ZxRに交換しています。これはPCにボードとして内蔵するタイプです。

BT ZXRbanner1
定価は19,800YEN。詳細はコチラ

サブウーハ用チャンデバの位相回転が改善されるかも?と期待しての購入でしたが、X-Fi Surround 5.1 Proと同じでした。ザンネン。。。また、ボリュームが大きくて使いやすそうに見えたのも購入の動機でしたが、このボリュームはヘッドフォン出力専用であって、DACアナログ出力のマスタ音量の調整はできませんでした。これまた、ザンネン。。。

オンシツは、例によってトッカエヒッカエして聞き比べていないのでヨックワッカリマセンが、良いはずです。キットね。オンシツにウルサイ人用にオペアンプを交換できるようになっているそうです。

複数の設定(スピカ構成、DSP設定、イコライザ等)を「プロファイル」として保存できるので、例えば、iTune用、FrieveAudio用、ヘッドフォン用の設定を作成して名前を付けて保存しておき、簡単に切り換えられるようになった点は便利です。以前のX-Fi Surround 5.1 Proだと、スピカ再生からヘッドフォン再生に切り換えるには、個々の設定を1つずつ変更する必要がありました。

また、ヘッドフォン再生には相当注力しており、ヘッドフォン専用の大きなボリュームと、最高600Ωインピーダンスも駆動可能な独立したヘッドホン出力を備えています。

下はヘッドフォン出力を選んだ時のDSPエフェクト設定画面です。
BT ZXR DSP
交響曲をヘッドフォンで聴く際、このサラウンド機能が僕には非常に具合良く聞こえます。サラウンドといっても僕には別に囲まれたようには聞こえません。しかし、ステレオソースでは左右いっぱいに拡がっていた楽器が中央に適度に寄せられ、反響音は少し拡がって聞こえるような感じでしょうか。

また、Bassブースト機能を使うと、イコライザを使わずに低音を増強できます。MDR-F1で聴く時は、上図のように少しブーストを効かせてイコライザをOFFにします。MDR-Z1000を使う場合はブーストせず、逆にグライコで60Hzを6dB弱落とします。設定プロファイルをそれぞれのヘッドフォン用に作成してあるので、設定の切り換えは容易です。

さて、これからが本題。
この優れた機能をBluetoothで飛ばした時にも使えるようにしよう!というのが今回の狙いです。

それには、サウンドブラスタのヘッドフォン出力に接続できるアナログ入力式のトランスミッタが必要です。

この場合、DSP後のデジタル信号をアナログ信号に変換し、ヘッドフォンアンプで増幅した信号をトランスミッタに入力します。トランスミッタでは、このアナログ信号を再度デジタルに変換してから無線で飛ばす事になり、デジタル信号のまま飛ばしてしまうUSB直指し型に比べると、信号クオリティ的には当然不利になります。

つまり、信号クオリティの劣化とDSP効果のトレードオフになるという事です。

で、下記の条件を満たすアナログ入力式Bluetoothトランスミッタを物色しました。
1) 据え置きで使うので、充電しながら送信できる事
2) 高音質コーデック(AACまたはapt-X)に対応している事

この両方の要件を満たす製品は1つだけ見つかりました。
それがコチラ
BT 61+TgNBuDLL__AA1500_
Avantalk BTTC-200X(apt-X)
Amazonで4KYEN弱で購入
詳細はコチラ

BluetoothバージョンはV2.1+EDR、コーデックはapt-Xに対応しています。クラス2なので、通信距離は最大10m。スイッチの切り換えで受信機としても使えます。ネットでの評判も良いようなので購入してみました。

で、使ってみたのですが、ロジテック製レシーバとの相性が悪いのか、残念な結果となりました。

問題としては、
1) PCのボリュームを40%以下にしないと、入力が飽和して音が歪む
このため、ヘッドフォン側で十分な音量を得るには、レシーバの音量をほぼ最大にする必要があり、レシーバ側のS/Nが不利になる。ただし、実用上許容できるレベル。

2) 時々グリッチが発生する
時々プツ、プツと音が途切れる(グリッチが発生する)現象が生じた。特に、PCのUSBポートから電源を取ると現象は酷くなる。電源を別のアダプタから取り、トランスミッタをレシーバから見通しの良い位置に置く事で改善されたようだが、クラス1のUSB直指し型に比べると通信状態は脆弱。

3) 微小音量で音が途切れる
上記1)と2)を対策した後でも、交響曲の最弱音パートで音が細かく途切れる。上記のグリッチとは異なり、もっと細かい間隔で途切れるように聞こえる。PC側のボリュームを上げると改善されるが、上げ過ぎると大音量の信号で音が歪む。この点でも脆弱。

結局3)が致命傷となって使用を断念しました。ネットでは評判が良いみたいなので、ロジテック製レシーバとの相性の問題かもしれません。オーディオ用としてはまだ発展途上の感があるBluetoothですので、トランスミッタとレシーバは同じメーカのものを使った方が当面は安心かも知れませんね。

という事で、Bluetoothで聴く場合は、例の抵抗入りアダプタでセパレーションを弱めて聴く事にしました。交響曲を真剣に聴きたい時はモニタヘッドフォンを有線で接続すれば良いでしょう。そのうち最新型のアナログ入力式トランスミッタが発売されたら、また試してみたいと思います。しかし、据え置き用のアナログ入力式高性能Bluetoohトランスミッタの需要なんか殆どないでしょうから、あまり期待できません。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2012年12月29日 (土) | Edit |
ブースト方式の再生限界音量について考察を加える前に、各種のイコライザを使ってブーストした際の実際のスピーカ音圧波形を確認してみました。

今回テストしたのはFrieve Audio、iTune、Sound Blasterのグライコ(以上デジタル式)とアナログ式のBehringer製9バンドグライコです。

テスト信号には125Hz/0dBFS(デジタル フルスケール)の正弦波信号を使いました。スピーカとアンプは完成したばかりのGAMA君です。

FrieveAudio
Frieve 0 Frieve 3
左がブーストなし、右が+3dBブーストです。AVC(自動ボリューム調整機能)はOFF、マスターボリュームはMAX(0dB)です。Frieve Audioの場合、信号レベルがフルスケールを少しでも超えると波形はテキメンに変形します。このため通常はAVCをONにするか、ブースト係数がゼロを超えないようにマイナス側にシフトしておく(つまり低域をブーストするのではなく高域を減衰させる)必要があります。なお、以前の記事で述べたように、音圧波形は振動板変位の微分波形である事に注意してください。

iTune
iTune 0 iTune 6
iTune 9 iTune 12
左上から、0、+6、+9、+12dB、iTuneのボリュームは最大です。iTuneの場合、ブースト量が+6dB以下であれば、信号が飽和してもFrieveAudioとは違って波形は直ぐには崩れません(振幅は全く増えない)。つまり、0dBより振幅が小さな信号は0dBレベルまでブーストされますが、それ以上には絶対にブーストされないという事です。通常の楽曲では、信号がフルスケール近くに達するのはホンの一瞬ですので、ブースト効果はこれでも得られます。+6dBまで波形は綺麗に保たれますが、それ以上ブーストすると処理しきれずに波形が崩れます。iTuneの場合、ブースト量はできれば+3dB、最大でも+6dB以下に制限する事をお薦めします。それ以上ブーストしたい場合は一番左の「プリアンプ」スライダを下げると良いでしょう(例: +9dBブーストしたいのであれば、プリアンプ スライダを-3~6dBにする)。僕の経験では、実用的にこれでまず問題を感じないと思いますが、心配な方は、例えば最大+9dBブーストするのであれば、プリアンプ スライダを-9dBにすると安心です。なお、プリアンプ スライダを下げると全体の音量が下がるので、アンプのボリュームを上げる必要があります。

Sound Blaster
Sound 0 Sound 6
Sound 12 Sound 24
左上から、0、+6、+12、+24dBです。このイコライザでは、フルスケール信号でも約+4dBまではブーストされるようです。内部処理(24bit)で4dB程度のヘッドルームを持たせているのではないかと考えられます。最大ボリュームでの再生音量が以前のDACよりも小さめなのはこのためかもしれません。また、+24dBまでブーストしても振幅は+4dB以上には増加せず、iTuneとは違って波形も殆ど崩れません。ブースト量はiTuneよりも+4dBの余裕があり、できれば+7dB以下、最大で+12dB程度まで実用的に問題をほとんど感じずに使えるでしょう。実際、Sound Blasterのグライコ画面では+12dB以上のレンジにシェードをかけています。スケールオーバーしても波形が殆ど崩れないため、一種のリミッタとしての機能も果たしてくれます(例えばフルスケールに近い「春の祭典」のドラムスのピークは+4dBまでしかブーストされず、レベルが低い他のパートの信号は最大で12dBまでブーストされる)。しかし、心配な方は、iTuneと同様に一番右の「レベル」スライダを適宜落とした方が安心でしょう。約4dBのヘッドルームがあるので、例えば+9dBブーストしたいのであればレベルスライダを5dB下げると安心です。
なお、上のテストではマスタボリュームが75%でした。しまったと思って100%でも計測してみましたが結果は変わらず、フルスケール信号で約+4dBのブーストが可能でした。FrieveAudioとは異なり、こいつのマスタボリュームはこのへんのデジタル処理に直接関連しない模様です(マスタボリュームで音量を絞ってもビット落ちしない?)。

さて、以上はデジタルイコライザでのオハナシでした。デジタルイコライザでは処理後の信号レベルがデジタル上のフルスケールによって完全に制限されるため、基本的に低音をブーストするとはすなわち高音を相対的に減衰させる事だと考える必要があります。従って16bitのソースを16bitのまま処理すると微小信号レベルの情報が失われてしまうため、24bit以上で内部処理する事が望ましいと思われます。

しかし、アナログイコライザの場合これは足枷になりません。下はベリンガのグライコによる結果です。
bering 0 beri 12
左が0dB、右が+12dBです。FFTの読みでほぼ額面通り(+11.5dB)のブースト効果が得られていました。グライコには入力/出力のレベルメータが付いていますが、Sound Blasterをフルボリュームしてフルスケール信号を入力しても出力CLIPの赤LEDは点灯しません(+6dBの黄LEDが点灯)。Sound Blasterのイコライザで少しブーストすると赤CLIPが点灯する事から、ほぼギリギリの状態にあると思われます。また、チビICアンプの入力レンジも十分にあるようです。このように、アナログイコライザを使用する場合、デジタルフルスケールの制限を受けないという利点が得られます。なお、デジタルの場合でも、DACの出力電圧レンジとアンプの入力電圧レンジをシステムトータルで最適化すれば、この問題を克服できるはずです。

次回は、ZAPとGAMAでブースト方式の実用最大音量レベルについて検討します。明日アップできるかどうか??
GAMA君の製作ですっかり年末の予定が狂い、昨日やっとベランダとトイレと自分の仕事部屋を掃除できました。ほっと一息です。結局大晦日に大阪に帰省する事になりました。今年も忙しかったなぁ。。。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2012年12月04日 (火) | Edit |
Sound Blasterを暫く使ってみましたが、やはりデジタルで帯域分割した今の状態は以前よりも改善されているように感じられます。以前は仕事中にふと気に障る所があると(例えばオルガンジャズとか)時々サブウーハをOFFにして馬鹿ブーモードで聴いてみたりしたのですが、現在はそのような行動が全くなくなり完全にサブウーハを常用するようになりました。心理的な面もあるかもしれませんが、いずれにせよ、最後まで気になっていたアナログフィルタによる位相の乱れが無くなったというのは気持ちがヨロシイ。

アナログフィルタで分割するとクロスオーバー周波数付近で位相が急激に変化します。オシロで波形をモニタしながら、サブとメインどちらかのボリュームを上げたり下げたりすると、特定の周波数で波形が明らかに変形したり、別の周波数では片方のボリュームを下げた方が合成波の振幅が増えたりするのですが、デジタル分割ではそういうヘンテコリンな現象は殆ど見られません。バスレフ型でもそうでしたが、位相の遅れ自体が気に障るというよりは、狭い周波数範囲で位相が大きく変化する現象に違和感を覚えるのかもしれません。

とにかく帯域分割のデジタル化によって「音楽再生クオリティ」が向上している事は確かです。

この方式の本採用決定という事で、サブウーハ用のアンプを購入しました。
1_004001000014.jpg
Dayton Audio DAT-100a
Tripath社製のTK2050を搭載しています。
出力は50W/8Ω/ch
お値段は横浜ベイサイドさんで13,200YENなり(コチラ)
見た目もナカナカヨロシイ
オンシツ? ワザワザ聴き比べていないので分かりませんがOKだと思います。

IconAMPもコイツも両方ともボリュームをFULLにするとサブとメインの音量バランスが丁度良くなります。タマタマですがとても便利。

お馴染みリスニング位置でのF特です。
Ftoku-2.jpg
青がL、赤がR。FrieveAudioの補正はOFFですが、Sound Blasterのグライコを適用しています。

下がSaund Blasterのイコライザ設定です。
equ.jpg
この設定により、FrieveAudioなしでも(つまりラジオでもiTuneでもCDでも)、30Hz/-6dBの全く十分な低域レスポンスが得られます。もちろんA10サブはどんな曲でも全く危なげなく再生してくれます。

Ftoku1.jpg
グレーがサブウーハーOFFです。クロスオーバーは100Hzに設定。サブウーハ側のローパスだけでなく、メイン側にはハイパスフィルタが適用されます。赤がサブウーハーON。緑がFrieveAudio自動音場補正ONです。20Hz~8kHzに補正を適用し、30Hzから20Hzにかけて非常に急峻なローカットフィルタを適用しています。

と、こんな具合に落ち着きました。
もう馬鹿ブーの出番は無いかもしれません。
また一歩、再生クオリティが向上したという確かな手応えを感じます。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2012年12月01日 (土) | Edit |
覚えてます? 能率手帳のCM (竹村健一さん)。あの台詞が思い浮かびました。ダイタイヤネーで始まるやつです。

_1000241.jpg
Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Proはマスターボリュームとヘッドフォン出力に加えてマイク入力(とライン入力)まで備えています。そしてリモコンも。小っこくて安っすいのに凄っごく多機能です。能率手帳ならぬ能率オーディオですね。21世紀ですから。他の分野の状況から考えれば、この価格でこの機能と性能はアッタリマエだと思います。どう考えても。。

サブとメインのボリュームを連動させたり計測時に入力を切り換えたりするために使っていたパッシブプリはもはや不要となりました(今までのDACにはマイク入力がなかったため、計測時にPCのサウンド機能に切り換える必要があった)。ヘッドフォンアンプも不要(音質は僕には十分)。10バンドのグライコをソフトで内蔵しているのでベリンガの9バンドグライコも不要。せっかく買ったのにね。。。不要品はまとめて読者プレゼントする事になるかもしれません。次は100万ヒットですね。

そして、このチッコイICアンプでもA10ウーハーを十分に駆動できます。でも、このアンプはクリスマスに姪に黒悪ケロ(早く作らないと!)と一緒にプレゼントする予定なので、同じTripath社製でパワーのあるTK2050を採用したデジタルアンプが良いのではないかなぁ、と物色中です。超小っこくて超安っすいやつを。NuForce IA7Eを試した経験では、ハイエンドのゴーヂヤス感(オンガクセー)のある「音」を演出した装置よりも、安っすいヤツとか業務用の方が余計な事をしていないので「音楽」を聞きやすいのではないかと思います。ダイタイヤネー、今時たかが音楽帯域信号を低ノイズ/低歪みで素直に電気的に増幅するだけでソンナニ高額になるとは考えられません。高額製品では、回路の物理特性を良くする(素直に増幅する)以外の余計な事(オンガクセー?)にコストがかかっているという事でしょうか。

_1000244.jpg
A10ウーハーの横に固定していたDaytonのプレートアンプ改も取り外しました。これもまたスッキリ。フィルタ部をバイパスできればソノママ使っても良かったのですが、回路の何処をバイパスすれば良いのやら、僕にはさっぱりわかりませんでした。基本的に機械屋さんなので。。。

さらに、FrieveAudioでも聴けるようになりました。ASIOの設定にちょっとしたコツが必要です。FrieveAudioは単なる2chソースとして認識してくれるので、馬鹿ブーストと同じ簡単な計測でF特も位相も30Hzまで完全にフラットにして聴けます。最近はズボラしてラジオとiTuneしか聴いていなかったのですが、久しぶりにFrieveAudioでフラット再生すると、やはり癖無く(地味で自然で)聴きやすく、良さを改めて実感しました。

「音」自体は癖がなくて地味な方が(ツマラナイ?方が)「音楽」は絶対に聴きやすくなります(ツマル音楽のツマルトコロがよりツマル)。「地味」というのは決して悪い事ではありません。ソースに元々含まれていない「音」の要素をソーチで好き勝手に付加したりチャンチャラ響かせたりすると、絶対に「音楽」(音楽家の行為の結果)は聞きにくくなります(実質的にS/Nが低下するのでアタリマエ)。このような行為は敢えて「再生クオリティ」を下げているわけであり、主観的コノミの問題なので、「ヨイ?オト」とか「ヂブンの?オト」とやらをツイキューとやらすればするほど永遠のグルグル地獄の深みから抜け出せなくなるでしょう。この業界の技術動向とオヂオマニア達のやっている事を見ると実際そうですよね?何十年たってもグルグルして根本的な進歩があったのやら無いのやら定かではありません。基本的に「音」の決定権は表現者側にあります。「オーディオ」ではなく「音楽」を楽しむ事を目的とするならば、そのようなツイキューとやらは程ほどにしておいた方が身のためでしょう。そもそも「音楽」は気持ちの良い音や綺麗な音や野菜の育つ音や癒される音や「自分の」好きな音だけで構成されているワケでは決してありません。

Sound Blasterのソフトウェアに音場補正機能が実装されれば、どんなソースでも完全フラットで聴けるようになります。そうすればFrieveAudioも要らなくなるし、僕が考えるほぼ完全なデジタルシステムになります。せっかくマイク入力があるのにモッタイナイですね。バージョンアップを切望します。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2012年11月27日 (火) | Edit |
Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Proをお仕事PC用の2ch DACとして使っていたのですが、やっと2.1chで使えるようになりました。これで念願であったサブウーハ用ローパスフィルタのデジタル化が実現します。

814_20121127085445.jpg
Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro
6980YENなり。安い!
DACは24bit/96kHzと必要にして十分。アナログ出力は6chを備えます(5.1ch用)。
サブウーハ用の帯域分割フィルタだけでなくグラフィックイコライザも使えます。デスクトップ用に追加したベリンガーのグライコが不要になってしまうかも。。。
本体にはマスターボリュームが付いているので音量調整も手元で楽ちんにできます。もちろんサブウーハとメインのボリュームは連動して調整できるので、パッシブプリも不要になってしまうかも。。。。
さらにヘッドフォンアンプも内蔵しているので、Audio Technicaのヘッドフォンアンプも不要になってしまうかも。。

このようにコイツ1つで簡単にデジタル デスクトップ2.1chシステムを構築できます。以前から欲しい欲しいと言っていた、小さくて安価なチャンデバ内蔵DACがとうとう手に入りましたよ。

どうして今までできなかったのか?
ソフトウェアの使い方がよく分からず、面倒臭かったからです。サウンドブラスター製品のソフトウェアは使い難いとネットでも評判が芳しくありません。設定方法については後で説明します。

どうして今になって再チャレンジしたのか?
最近AccuRadioのジャズオルガンのチャンネルをよく聞くのですが、オルガンの低音で少しオヤ?と違和感を覚える事が時々あるため、それを解消できればと思ったからです。ジャズオルガンにはゴキゲンにグルーブする曲が多く、特にオルガン低音部のグリングリンのグルーブ感が魅力的です。オルガンはかなり低音が出るため、A6Mのグライコブーストでは物足りなく、+A10の2.1chだとたまに気に障る事がある。。と必要に迫られたというのが理由です。

下はいつもの40Hz正弦波信号の再生波形です。
SoundB.jpg
グレーがソース信号、緑がAlpair 6M 一発、青と赤がA6+A10です。
さて、青がプレートアンプ内蔵アナログフィルタ、赤がサウンドブラスタ内蔵デジタルフィルタでの結果です。デジタルフィルタで帯域分割した場合、Alpair 6M一発と位相はピッタリ一致している事がわかります。さすがですね。なお、A6Mの立ち上がり波形が大きく崩れていますが、これはF特がフラットではない事に起因します。F特をフラットに補正すると大幅に改善されます(高周波数の変動成分が相対的に低下するため)。例のチッコイICアンプ(15W/ch)を使ってA10を駆動しましたが、全く十分な駆動力を持っているように思えます。そのうち最強Icon AMPと詳しく比較してみましょう。

肝心のオルガン曲での効果の程は、なんか良いような気もしないでもないような気がすると言えば気がするし。。。暫く聞いてみないとなんとも言えませんが、とりあえずZAPシステムで最後まで気になっていたサブウーハの位相遅れが無くなったというのは、精神衛生上非常にヨロシイかと思います。

とても安価で高機能なDACですが、音質については特に問題を感じません。ONKYOの音楽専用PCに内蔵されているDAC(24bit/96kHz)と聴き比べてみても、僕にはチガイがよくわかりませんでした。まぁ、音楽を楽しむにおいて、そのへんの微小な差を敢えてキキワケル事の必要性を全然感じぬため、シューチューしたりショージンしたりしてキキワケヨーという執念が足りないのでしょう。。とりあえず必要十分なクオリティは確保できていると思います。内蔵ヘッドフォンアンプでもちょっと聞いてみましたが、これも別にエーンチャウ?という感じで、ワザワザ別体のヘッドフォンアンプを使わなくても良いかもしれません。。机の上もスッキリするしね。

以下、備忘録も兼ねて設定方法を掲載しておきます。

メイン画面
main_20121127102545.jpg

メイン画面の1のボタンを押すと下の画面が開きます。
スピーカ選択
ここで「5.1スピーカー」を選択しないと、サブウーハが作動してくれません。「2.1スピーカー」を選ぶと駄目ですよ。この画面の「アドバンスト」ボタンを押すと、下の画面が開いて各チャンネルの出力レベルを調整できます。
ボリューム
僕はアンプのボリュームで音量バランスを調整するので、この画面は使いません。

メイン画面の2のボタンを押すと下の画面が開きます。
サラウンド
右下の電源ボタンアイコンをクリックしてサラウンド機能をOFFにします。
左のメニューから「Speaker」ボタンをクリックすると下の画面が開きます。
スピーカ
ここでは、右下の電源ボタンアイコンをONにする必要があります。これがOFFだとサブウーハは作動しません。スライダの機能はよく分かりません。動かしても何も変わらない。。。左上の「設定」をクリックすると下の画面が開きます。
クロスオーバ
下のスライダでサブウーハのクロスオーバー周波数を設定します。サブウーハのローパスだけでなくメインスピーカのハイパスも適用されます。

メイン画面の3のボタンを押すとグライコ画面が開きます。
イコライザ
僕のベリンガ製グライコに31Hzバンドを加えた10バンドイコライザです。

メイン画面の4のボタンを押すと下の画面が開きます。
パフォーマンス
サンプリングレートは48kHzと96kHzを選択できます。

以上の設定により、ラジオでもiTuneでもCDでも音源を選ばずに2.1chとグライコを適用できます。

以上です。

追記
とりあえず暫く常用してみない事には何とも言えませんが、このDACといい、チッコイICアンプといい、僕にとっては必要十分なクオリティを備えているように思えます。マニア用ではない真に実用的な音楽愛聴者用装置ではスピーカ以外の電気/電子回路のコストとサイズ/消費電力を相当下げられるはずです。

オヂオマニアはナニに対して強く拘るのか?その理由はナニか?僕はナニに対して強く拘るのか?その理由はナニか?についてそのうち考察を加えてみようかなぁ。。と考えています。大元の根っこの部分についてね。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用
2011年02月01日 (火) | Edit |
PC用のオーディオボード「サウンドブラスター」シリーズや、PC用のパワードSPを精力的に展開しているCREATIVE社(メーカーサイト)から、注目の製品をご紹介。。

667.jpg
Zii Sound T6 (詳細はコチラ)
PC用Bluetoothアダプタ付き(USBダイレクト接続も可)で
お値段はナント
37,800円
(サンマンナナセンハッピャクエン)!

やりゃ出来るじゃん

メインスピーカーは5cm?クラスをダブルで使用し、上側のは首振り可能
サブウーハーは16cmくらいかな
2つのドロンコーンを側面に設置した密閉型のように見える?位相補正もしてるらしい
668.jpg

もちろん純粋な音楽再生用というよりはゲームやDVDの鑑賞も想定したモデルだが、注目すべきは
この構成をこの価格で実現できる
ということ。

例えば、信号伝達系とアンプはそのままで、スピーカーをAlpair5とまで言わずともAuraやTangbandのしっかりとした5cm~2.5cmドライバー1本に(当然コンパクトでシンプルな密閉箱)、サブも13cm~10cmクラスのしっかりとしたオーディオ用ウーハー1本(当然コンパクトでシンプルな密閉箱)にするだけで、十分に音楽鑑賞に耐えるデスクトップ オーディオが組めます(一体型のミニマムがケロ級)。これにFrieveAudioクラスのDSPソフトウェアをバンドルすれば完璧でしょう。こと「音楽再生能力」に関しては、そんじょそこらのご立派なオーヂにも負けませんよ。ゴマンエンでどうよ?ゴマンエンで。bluetoothはオプションで良いから。できるっしょ。

ドライバとアンプやDACを多少グレードアップしても10マンエン出せば、こと「音楽を鑑賞する」には十分以上の品位が得られるはずです。

どうよ。老舗のオーヂオメーカーさん。「安価」で「ちっちゃく」ても「低音まで正確に聴き取れる」真っ当な「音楽再生装置」が必要だと思うんだけど。。。やたらコマケー事は普通の人は気にしないからさ。。。肝心のところをシッカリと押さえたの作ってよ。「音楽を聴くために」肝心のトコロをさ。。。

追記1
メインドライバに多少お金をかければ、ソフトウェアによる低音ブースト(馬鹿ブーストのこと)ができるので、そちらの方が2.1ch型より低コストにできる可能性もある。ただし信号振幅制限アルゴリズム(過大な低音信号を抑制するロジック)を組み込む必要があるが、そんなもん簡単でしょう。

追記2
おそらく「コスト」対「音質」で最もせめぎ合いになるのが、スピーカーボックスだと思う(特にサブの)。しかし、ここをケチると音質はテキメンに低下する(音楽が聴きにくくなる)。材料と構造の工夫が開発屋の腕の見せどころでしょう。ガッシリと重く作って欲しい。ローエンドクラスでは、アンプはオーディオ用として最低限のクオリティを確保できていれば良しとしたい。実際、Icon AMP以上のクオリティが必要だとは全く感じない。

追記3
あとは外観のデザインかな。女の子向けは当然として(ビーズをイッパイ貼り付けたやつ、外装をぬいぐるみみたいに着せ替えできるやつナンテネ)、小中学生向け(運動靴の駿足みたいなのはドウヨ?ちょっとメカっぽいのとか、ポケモン仕様とか)、とにかく誰もが何も気にせずに当たり前にキチントした音楽再生を楽しめるようになって欲しいぞ。ベト7もちゃんと低音まで楽しんでね!

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してますにほんブログ村
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用