FC2ブログ
2013年08月13日 (火) | Edit |
iPodTouchはネットラジオ用に購入したので8GBの容量しかなく、128kbpsに圧縮してもコレクションの一部しか収まりません。

僕は通常、ストレッチ(我流ヨガ)を座禅のポーズから始めるので、ジムのフロアでヨッコラショと蓮華座を組んでから、その時々の気分に合わせて選曲します。なので、何を聴くか(聴きたいか)は、自分でもその瞬間までマッタクわかりません。静かなクラシックを聴く事もあれば、テイラーさんや山下さんのフリージャズでぶっ飛ぶ事もあります。なので、全コレクションをAppleロスレスで収めたiPod Classicをジムでも愛用していました(上腕に巻き付けるポーチを使用)。

また、例のCover Flow機能を使ってアートワークをパラパラしながら直感的に選曲するわけですが、画面に直接タッチするiPodTouchよりもiPod Classicのクルクル パッドの方が断然選曲しやすく感じます。このへんは単機能機の良いトコロですね。iPod Classicは今後も継続して販売して欲しいものです。ゼヒ。

そこでiPod ClassicをBluetooth化しよう!というのが今回のオハナシ。

iPodのコネクタに直指しするトランスミッタがSONY(逆輸入)を含む数社から販売されている(いた)模様です。しかし、いざ購入しようと検索すると「現在は扱っておりません」ばかりが目立ちます。今時、みんなBluetoothを搭載したスマホを使うので、ディスコンに近い状態なのかもしれません。

そんな中、やっと見付けたのがコレ。
BT Kokkia
KOKKIA i10s Apple公認iPod/iPhone/iPad用小型Bluetooth iPodトランスミッタ
NANOの下に付いている白くてチッチャイヤツですよ。
青色LED以外にはボタンも何もアリマセン。

amazonで約6.5Kエンで購入しました。ちょっと高価ですが背に腹はかえられません。Bluetooth v2+EDRで、標準コーデック(SBC)にのみ対応しています。僕のロジテック製イヤフォンと同じ仕様です。ペアリングも簡単にできました。これでジムに全曲持ち込めるのでメデタシメデタシ。ただしiPod Classicのバッテリの消耗がちょっと気になります。

次回はオウチのPCと愛用ヘッドフォン(MDR-F1)をBluetooth化します。オッタノシミニ!

追記
ワイヤレス ヘッドフォン・イヤフォンの快適さを一度体験するとデンセン付きにはもう戻れません。ちょっとくらいの音質の劣化がドナイヤッチューネンという感じです。オーディオ機器において「音質」が唯一無二の重要因子ではアリマセン。心身を快適な状態に置ける事や、選曲のしやすさ(ユーザ インターフェイス)、そしてデザインも同様に重要だと思います。やっぱり音楽を取り巻く環境はクールでないとアキマセン。クールでないと。。。音楽やアートってのは当世当代最高にカッコイー存在なんですからね。

お役に立てたらクリックしてください。ランキングに参加してます にほんブログ村ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用